焦燥感に苛まれるのは因果応報かも知れない、心を鎮めて前進する術



人生を過ごしていると、焦燥感に苛まれることがあるもの。そんな焦燥感に駆られると、判断力も低下してミスしたり、精神的に不安定になるなど様ざまな弊害が生じかねません。

焦燥感に苛まれるとは何かの意味を見れば、狙い通りいかず焦ったり苛立つなど、感情の整理がつかず不安な状態を表しています。

落ち着きを失い慌てているという焦りの状態より、思う通りにならないイライラ感や不安感に繋がるような状況です。

焦燥感に苛まれることによって不安な状況が続けば、行動と思考に隔たりが生じ悪循環を招くこともがあり、ストレスが蓄積して自律神経が乱れることにもなりかねません。

ここでは、焦燥感に苛まれるのは因果応報かも知れない、心を鎮めて前進する術を紹介しています。

 

 

 


焦燥感に苛まれるのは因果応報かも知れない、心を鎮めて前進する術


 

| 1.という場合、先ずは他の人と比べることをやめるという

他人と比較しないで現在の自らを認めるということ。他人と比較してしまうことで焦燥感に苛まれるという場合、先ずは他の人と比べることをやめるというもの。

他の人と比較することは終わりがなく、そうしたことが癖になってしまうと、常にネガティブな感情に襲われて苦しむことにもなりかねません。

自分自身を見つめ直すことが重要なポイントで、他の人との比較ではなく、過去の自らと比べていくのが、心を鎮めて前進する術の一つ。

どれほど小さな物事でも、これまで頑張ってきたことを認めて、自分を褒めてあげることで、徐々に失った自信も取り戻すことができます。

 

| 2.本来の目的だったり優先すべき物事を見失いがちという

成すべきことや不安をリストアップして整理するということ。焦燥感に苛まれてパニックになった場合、本来の目的だったり優先すべき物事を見失いがちというもの。

なので、一旦深呼吸をして気を静めてから、成すべきことや何に不安を感じているのかをリストアップして、情報を整理するようにします。

視覚的に今現在の状況を把握することにより、心の落ち着きも取り戻すことができて、次への具体的な行動計画を冷静に考えることができます。

成すべきことや不安を整理整頓することで、焦燥感に苛まれた状況を抜け出していける、心を鎮めて前進する術の一つ。

 

| 3.漠然とした不安が、実体以上に膨らんで大きくなるという

考え過ぎないで目の前の課題に取り組むということ。焦燥感に苛まれるのは、あれこれと考え過ぎてしまい漠然とした不安が、実体以上に膨らんで大きくなるというもの。

ネガティブな感情が湧き上がってきた場合、何も考えないで目の前の作業に淡々と集中してみれば、焦った気持ちを落ち着かせていくことができます。

デスクの周りを片付けるなど、取り組むことはどういった小さな事柄でも構わない、心を鎮めて前進する術の一つ。

ほかにも書類を整理したり荷物の仕分けをするなど、できる限り頭を使わないで、手軽に取り組めるような作業を心掛けます。

 

| 4.いる場合、意志に反して様ざまな情報に曝されるという

不安の元凶になる情報を見ないようにするということ。何となくTVだったりネットを見ている場合、意志に反して様ざまな情報に曝されるというもの。

その中にある自分自身には必要がない、そういった不安を煽るような情報も自然に目に入ってしまうことにもなりかねません。

現代社会は様々な情報に溢れているので、目的もない状態で情報に触れている場合、ネガティブな情報に捉われてしまうことにもなりかねません。

焦燥感に苛まれる時は、できる限り必要な情報だけを選別して、それ以外は見ないようにするといった工夫も大切な、心を鎮めて前進する術の一つ。

 

 

 


焦燥感に苛まれるを言い換えるとジリジリする、注意したいその原因


 

| 1.終わっていない場合、追われると焦燥感に苛まれるという

成すべきことに追われているということ。目の前にすべきことがあるのに終わっていない場合、追われると焦燥感に苛まれるというもの。

ほかにもやる気が湧き上がらないで仕事が進まない状況だったり、時間もないのにあれこれしなくてはならない状況もあります。

成すべきことが分かっていても行動ができない自分だったり、周囲からのプレッシャーで動けないといったことで焦燥感に苛まれるということにもなりかねません。

 

| 2.目標に手が届かない場合、焦りを感じることがあるという

目標に手が届かないということ。焦燥感に苛まれる時に見られるのが、自分が掲げた目標に手が届かない場合、焦りを感じることがあるというもの。

目標に対しての執着をなくせば、精神的な安定感を取り戻せますが、目標に固執してしまう人もも非常に多くいます。

前向きに取り組める事柄であれば問題はありませんが、目標達成が不可能なのではなど、不安な気持ちが芽生えれば焦燥感も大きくなります。

 

| 3.思い描いた理想通りに行かないこともあるというものです

理想と現実の間にギャップがあるということ。仕事もプライベートも充実した日々をを送るなど、思い描いた理想通りに行かないこともあるというもの。

そんな時はは上手くいかない現実との間に、ギャップを感じて焦燥感に苛まれるということにもなりかねません。

30歳までに独立するなど理想が大きければ大きいほど、ギャップも生まれやすくなるので、焦りや不安も強くなりかねません。

 

| 4.プレッシャーによって精神的負担を抱えるというものです

周りの人たちからのプレッシャーを感じるということ。周りの人たちの期待に応えたい気持ちが強過ぎた場合、プレッシャーによって精神的負担を抱えるというもの。

つまり、周りの人たちの期待を裏切ることになる、そういった不安から、焦燥感に囚われることにもなりかねません。

更に、自らに対する期待が高すぎているような状況では、期待通りではない自分自身に憤りを感じ、イライラすることにもなりかねません。

 

 

 


焦燥感に苛まれるのは様ざまな場面で、知っておきたいその心理状況


 

| 1.将来的な金銭面の不安を煽ったり、健康についての内容も

不安を煽られているという心理状況。TVやネットで流れている情報には、将来的な金銭面の不安を煽ったり、健康についての内容も見られるもの。

こうした世の中の不安を煽る情報に捉われてしまえば、将来的な不快感を避けたいがために、焦燥感に駆られることにもなりかねません。

まだ起こってもいない未来のことに関して、自分自身が空想を膨らませることで不安や焦りが増幅されます。

 

| 2.イライラから、焦燥感が湧き上がる可能性があるという

すべきことが多すぎるという心理状況。すべきことが多過ぎると、それを完遂させられないイライラから、焦燥感が湧き上がる可能性があるというもの。

例を挙げると、仕事のノルマ達成をするためのタスクだったり、成績向上を目的にした学習などは、焦りを生みやすい要因と考えられます。

 

| 3.相手の方が優れていると判断した時に焦りを感じるという

周囲の人と自分を比べてしまうという心理状況。周りと自分を比べた場合、相手の方が優れていると判断した時に焦りを感じるというもの。

またこの先の差がさらに開くことになるのではと言ったことで、将来への不安を抱えることにもなりかねません。

職場の同僚などに対して劣等感を感じた際は、取り残されたような感情が芽生えることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

イライラ感や不安感に繋がるような状況。ここでは、焦燥感に苛まれるのは因果応報かも知れない、心を鎮めて前進する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。