くよくよ悩まない方法で前進したいもの、振り切って実践していく術



日々の暮らしの中で、くよくよ悩まない方法を探すことがあるもの。気に病む性格の人は何かあった時。ありもしないことを思い描いてクヨクヨすることにもなりかねません。

気に病む人は簡単に言えば、自分がしていることやこの先やろうとすることが、間違っているのではと不安になるのでくよくよ悩んでしまいます。

くよくよ悩まない人と違い、気に病む人は考えが堂々巡りになることも多く疲れてしまい、また上手く切り換えることができないので、自己嫌悪に陥いることにもなりかねません。

そんな気にしいを治したいのは人情というもので、くよくよ悩まない方法を探し回ることにもなりかねません。

ここでは、くよくよ悩まない方法で前進したいもの、振り切って実践していく術を紹介しています。

 

 

 


くよくよ悩まない方法で前進したいもの、振り切って実践していく術


 

| 1.己自身に向き合うことがとても重大なポイントになると

始めには自己分析するということ。そもそも何をくよくよ悩むのかを知るために、己自身に向き合うことがとても重大なポイントになるというもの。

人間関係であれば、特に関わりが深い友人や将来を決める上司など、その評価が気に掛かる人もいれば、全く知らないような近所の人にどう映るのか気になる人もいます。

ほかにも仕事関係やプライベート面など、気になることだったり無頓着なこと、その違った部分は何かを自己分析をするようにします。

それらを正直な言葉でリスト化してみると、己自身のことが客観的に見えて具体的な改善点にも気が付く、振り切って実践していく術の一つ。

 

| 2.環境を根本的に変えてみることで、くよくよ悩まなくなる

環境を変えてみるということ。日々のマインドや行動を段々と修正することも大事ですが、環境を根本的に変えてみることで、くよくよ悩まなくなるというもの。

己自身に合っていない環境で、無理にくよくよ悩むのをやめたいと思っても上手くいかず、住む場所を移ったり人付き合いを変えるよう心掛けます。

こうして環境を変えてみれば、これまでの常識が覆されて己自身で決定する練習にもなる、振り切って実践していく術の一つ。

 

| 3.インパクトが大きくなるのが、働き方だったり仕事関連

働き方や仕事を変えてみるということ。環境を変えていく上で最大にインパクトが大きくなるのが、働き方だったり仕事関連というもの。

リモートワークを始めてみれば、他の誰かと面と向かって過ごす時間もなくなり、くよくよ悩むことも一気に減って気持ちが非常に楽になります。

日本においても現代社会では、フリーランスやリモートワークは当たり前のようにあり、関心がある人にはチャンスも多い、振り切って実践していく術の一つ。

 

| 4.日常生活上の癖になっていることもあるというものです

他人と比べないということ。くよくよ悩むのをやめたい人ほど、SNSなどで他者の動向を追うことがあり、日常生活上の癖になっていることもあるというもの。

現在の一般的なSNSの一つにはインスタグラムがありますが、これは基本的にポジティブな投稿が主なものなので、隣の芝生は青く見えるの言葉通り良く見えるものばかりです。

他の人の経験とか充実した振る舞いは良く映るもので、SNSなどで他人と比べないのも、振り切って実践していく術の一つ。

 

| 5.全然見えていなかったという体験は誰しもあるというもの

何かに熱中してみるということ。己自身の世界に入り込んで気が付けば時間が経っている、そんな周りのことが全然見えていなかったという体験は誰しもあるというもの。

仕事に没頭していたり集中して勉強している時など、そうした瞬間には雑念も消えて、現在取り組み中のこと以外を気にすることはできません。

そんな今現在に熱中できる時間が作れれば、くよくよ悩む時間を減らせることに繋がる、振り切って実践していく術の一つ。

 

 

 


気に病むのを治したいのは当然のことかも、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.相手の期待を超えたい気持ちが非常に強い完璧主義者と

完璧主義者ということ。くよくよ悩むのをやめたい人に見られるのが、相手の期待を超えたい気持ちが非常に強い完璧主義者というもの

完璧でない状態では見せたくない、そんなことで進捗の確認を拒んだり、納得できなければ納期が伸びたりすることになりかねません。

そこまで求めていないといった場合も、そうした状況まで進行してしまう完璧思考が異常に強い人も多々います。

 

| 2.認められたいなどの承認欲求が非常に強いというものです

人の評価を気にするということ。完璧主義者に繋がるところですが、なぜそれを追求するかと言えば、褒められたいとか認められたいなどの承認欲求が非常に強いというもの。

当然ですが否定されることが嫌いなので、見た目で目立ってしまうことはせず、無理を押して流行を追うなど、変った自己表現をすることは少ない傾向です。

 

| 3.心配性なところがあり行動に踏み出せないというものです

行動力を持たないということ。したいことだったり関心や興味があることが目の前にあっても、心配性なところがあり行動に踏み出せないというもの。

SNSでアカウントを設けたのに、己からは発信しないで鍵アカウント状態のまま見る専となっている人が、行動力を持たない人の典型的なパターンです。

 

| 4.小さな失敗を気にして引き摺ってしまう傾向にあるという

失敗を引き摺るということ。あの時こうすればとかこうした言い方をしておけば良かったなど、小さな失敗を気にして引き摺ってしまう傾向にあるというもの。

明らかに落ち込んで元気を失った表情になってしまい、どんより曇った雰囲気の時間がしばらくの間続いてしまう人も珍しくはありません。

 

 

 


気にしいをやめたいのは当たり前かも、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.職場などでも承認欲求が異常に強いところがあるという

家庭環境に原因があるという心理状態。くよくよ悩むのをやめたい人に見られるのが、職場などでも承認欲求が異常に強いところがあるというもの。

元は幼少期にあり、目立つことをしたり悪ふざけをするなど、注目を集めるような行動を親から叱られることがあったということです。

褒められるためには何をすべきか、周りの大人たちの顔色を伺うようになって、くよくよ悩む人間へと成長しています。

 

| 2.仕事で大問題となった失敗を犯しトラウマになったという

忘れられないトラウマといった心理状態。受験や就活などが思い通りにいかなかったり、仕事で大問題となった失敗を犯しトラウマになったというもの。

ミスしたことで誰かに大きな迷惑を掛けたり、他者の期待に応えられなかった体験が、失敗を過多に怖れることに繋がるのは珍しくはありません。

失敗をしないような確実性のあることのみを選択しよう、そういった意識が、くよくよ悩む人間になってしまう原因の一つです。

 

| 3.機嫌が悪そうとか忙しそうなど、質問するのをやめておく

尋ねることができないという心理状態。何度も尋ねるのは悪いとか、機嫌が悪そうとか忙しそうなど、質問するのをやめておこうというもの。

色々なパターンがありますが、躊躇ってしまい質問ができければ、仕事が進行しなかったりするほか、ミスが大きくなることにもなりかねません。

それによって叱責される機会も増え、人間関係や評価が悪化して余計尋ねづらくなるのが、くよくよ悩んでしまう原因になっていることもあるかも知れません。

 

 

 

まとめ

自己嫌悪に陥いることになりかねません。ここでは、くよくよ悩まない方法で前進したいもの、振り切って実践していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。