人に話しかけられないのは因果応報かも知れない、首尾よく転換する術



人生を過ごしていると、人に話しかけられないと思い悩むこともあるもの。相手がどう思うかが不安だからといった理由で、自分から人に話しかけられない人は案外多くいます。

無論のこともちろん話しかけたくなる人がいればならない人がいたりと、人間は個々にその考えや価値観が違っています。

但し、人に話しかけられない人の多くは、繊細でネガティブな思考パターンが見られることに疑いはありません。

意外に言いたいことは沢山持っていても上手く言葉が見つからないこともあり、人に話しかける人と違って自分から話しかけられない、そういったことにもなりかねません。

こうした秘めた思いが外に出ていかない人は改善も必要になってきます。

ここでは、人に話しかけられないのは因果応報かも知れない、首尾よく転換する術を紹介しています。

 

 

 


人に話しかけられないのは因果応報かも知れない、首尾よく転換する術


 

| 1.緊張してしまうことになり、更に話しかけ難い状況になる

意識を会話から遠ざけるということ。会話に捉われすぎてしまったケースでは、緊張してしまうことになり、更に話しかけ難い状況になるというもの。

言葉が口から出てこないのも緊張している証拠で、先ずは意識を物に集中させるなど、会話以外のところに持っていくようにします。

己自身の意識を分散させることにより、会話に捉われ過ぎることを防ぎ、リラックスして会話できる、首尾よく転換する術の一つ。

 

| 2.どこが違うのかなど、考えたことも一回や二回はあると

上手な人の真似をするということ。人に話しかけるのが上手な人は、自分自身とどこが違うのかなど、考えたことも一回や二回はあるというもの。

話しかける際のタイミングを参考にするほか、話しているテーマやリアクションを模倣するなど、上手いところを真似していくようにします。

真似することで上手に話す秘訣も段々と分かり、己自身の会話にも役立っていく、首尾よく転換する術の一つ。

 

| 3.先ず行動に移していきたいのが、聞き手に専念してみる

聞き手に専念するということ。人に話しかけられない人が、先ず行動に移していきたいのが、聞き手に専念してみるというもの。

相槌を打つのをはじめ共感したり質問をするなど、そういった行動を意識してみれば、良好な関係を築きやすくなります。

聞き上手というのは相手に好感を持たれ、結果として己自身も話しかけやすくなる、首尾よく転換する術の一つ。

 

| 4.分からないケースでは、相手の関心がある話題を振ると

相手に似合う話題を選ぶということ。人に話しかけられない人で何を話せば良いのか分からないケースでは、相手の関心がある話題を振るというもの。

相手が現在している趣味だったり、好きな食べ物や身に付けている品の話をしてみるなど、反応しやすいようなテーマを探すよう心掛けます。

己自身が関心や興味を持つ話題を振られると、楽しくなって自然と話も盛り上がる、首尾よく転換する術の一つ。

 

| 5.先ずはLINEをから仲良くなるというのも方法という

LINEで先ず仲良くなるということ。どうしても対面で会話をするのが難しいと思うケースでは、先ずはLINEをから仲良くなるというのも方法というもの。

LINEは距離を縮めていく切っ掛けになることも多く、現実に会った時話しかけやすくなる、首尾よく転換する術の一つ。

他愛もない内容でも良いので連絡を取り合うようにすれば、段々と自然体の己自身が出せるようになり良好な関係が構築できます。

 

 

 


話しかけられたい人もいるもの、覚えておきたい話しかけられない原因


 

| 1.どうしても己自身から話しかけることは難しくなるという

どう思われるかが不安ということ。ネガティブ思考なパターンをしている人は、どうしても己自身から話しかけることは難しくなるというもの。

話しかけて迷惑になればどうしようなど、些細なところまで気に懸かってしまい、躊躇してしまうことになりかねません。

話しかけた際に己自身が人からどう思われるかが不安で堪らなくなり、人に話しかけられないことになってしまいかねません。

 

| 2.変なことを口にしてしまい、嫌われないかというものです

嫌われたくはないということ。人に話しかけられない人に見られるのが、変なことを口にしてしまい、嫌われないかというもの。

相手がどういう反応してくるのかが気になり、深く考え過ぎてしまうような繊細なところがあります。

結果として、苦手意識が芽生えることになり、意見を言ったり己から話し掛ける、そうした行為ができなくなくなることになりかねません。

 

| 3.しまう人は、周囲の空気を読み過ぎてしまうところがある

敏感に周囲の空気を察知するということ。常に神経を張り巡らせて会話してしまう人は、周囲の空気を読み過ぎてしまうところがあるもの。

相手の顔色を伺うのはもちろんのこと、視線だったり態度など、会話以外の部分が気に懸かってしまうことになりかねません。

己自身から人に話しかけられない人は、そういった経験が多くあり、空気を読み過ぎてしまうことになりかねません。

 

| 4.話しをすること自体に苦手意識を持つこともあるという

言語化をするのが苦手ということ。言いたいことは沢山あっても、上手に言葉にできなければ、話しをすること自体に苦手意識を持つこともあるというもの。

言葉を組み立てるのが苦手だったり、実際に言語化して話せないなど、考えすぎて会話が詰まってしまうことになりかねません。

頭の中で理解していても、上手く言葉が整理ができないので、人に話しかけられないということになりかねません。

 

 

 


話しかけまくる人もいる、注意しておきたい話しかけられない人の特徴


 

| 1.タイプの人は、人に話しかけられない心理的な側面がある

引っ込み思案であるということ。人前に出るのも苦手な内気なタイプの人は、人に話しかけられない心理的な側面があるというもの。

己自身の意見を発することができなかったり、話し掛けること自体をネガティブに捉えるなど、コミュニケーションが不得意です。

会話のキャッチボールといった行為が上手にできず、話すことに苦手意識を持っていることになりかねません。

 

| 2.様々なことが気になって、話すことに不安があるという

相手の顔色を伺うということ。人に気を遣いすぎるところがあり、様々なことが気になって、話すことに不安があるというもの。

忙しい様子とか嫌な思いしていないかなど、考えが頭の中を駆け巡りって、人に話しかけることが苦手です。

デリケートな部分があるので、必要以上に相手のことが気に懸ってしまって、人に話しかけられないということになりかねません。

 

| 3.幼少期の家庭の環境に問題があることも珍しくないという

家庭の環境に問題があったということ。人間関係が極端に苦手で人に話しかけられない人は、幼少期の家庭の環境に問題があることも珍しくないというもの。

一人で過ごす時間も多かったり、親に叱られるのが恐くて己自身の意見を言えなかったことが現在に影響しています。

ほかにも家族内の会話不足といった過去もあり、人と接すること自体が億劫に感じてしまうことになりかねません。

また、過去において嫌なトラウマがあり、その体験を思い出す時、己自身から話しかける行為に、ネガティブなイメージを思い出すことになりかねません。

 

 

 

まとめ

個々に考え方や価値観が違っています。ここでは、人に話しかけられないのは因果応報かも知れない、首尾よく転換する術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。