気分が晴れないときは穏やかに過ごしたいもの、取って置きの具体策



人生を過ごしていると、気分が晴れないときがあるもの。気分がモヤモヤして、自分自身でもなぜこうなるのかが良く分からない時です。

そんな気分が晴れない時に、仕事を無理にしてもそれほど捗らなかったり、何よりも楽しくないということにもなりかねません。

何でこんなに気分が乗らないとか気分が晴れないと自問自答して考え込んでも、自分自身を見失うことに繋がりかねません。

急に気分が晴れることもありますが、気分が晴れないのは個々に重い軽いはあるもものの、毎月やってくるとなかなか厳しいものがあります。

なので、気分がずっと晴れないときなどは、その原因も含めて注意が必要です。

ここでは、気分が晴れないときは穏やかに過ごしたいもの、取って置きの具体策を紹介しています。

 

 

 


気分が晴れないときは穏やかに過ごしたいもの、取って置きの具体策


 

| 1.晴れないときは、意識を反らしていくのも必要というもの

日を浴び適度な運動をするということ。今すぐ解決しないような悩みがあり気分が晴れないときは、意識を反らしていくのも必要というもの。

心と身体は繋がっているので、軽く運動をするだけでリフレッシュ効果はあり、日光を浴びれば活動に必要な交感神経も優位になり元気がでます。

適度な運動を習慣にするのは非常に良く、軽いウォーキングだったり筋トレなど、手軽にできて負荷が掛からない運動は、自律神経を整えてくれる取って置きの具体策の一つ。

 

| 2.疲れている場合、自然がある場所に出掛ければ癒される

自然に触れるということ。身体的にも精神的にもストレスが蓄積して疲れている場合、自然がある場所に出掛ければ癒されるというもの。

海や山へと出かけたりするほか、近場の芝生のある公園などへ散歩に行くだけでも充分に効果的な、取って置きの具体策の一つ。

自然の音にはリラックス効果があると言われていて、植物の緑も目を休めてくれるので、五感をフルに使って自然を感じ心身ともにリフレッシュします。

 

| 3.理由をリストアップしてみるのも良いやり方というもの

気分が晴れない理由をリストアップするということ。曖昧模糊としたものが渦巻いて気分が晴れないときは、理由をリストアップしてみるのも良いやり方というもの。

リスト化することで頭の中が整理され、解決方法だったり打開策が見つかることは珍しくない、取って置きの具体策の一つ。

何も考えないで、思いついたこと順番に上げていけば良く、SNSに書き込み公開するのは、余計なトラブルが生じることも多いく避けるようにします。

 

| 4.誰かに話すことで心の中が整理できることもあるものです

信頼できる人に相談するということ。精神的なストレスがあったり理由も分からず気分が晴れない場合、誰かに話すことで心の中が整理できることもあるもの。

家族や友人に先輩など信頼できる人物に相談するのが良く、身近に適任者がいない時は専門家のカウンセラーに話すのも、取って置きの具体策の一つ。

自分自身の気持ちを言葉で表現することに癒し効果があり、客観的な視点から反応を貰えることで理もわかり、心が軽くなることに結び付きます。

 

| 5.溜まっていて、気力も湧かず動く気になれないというもの

敢えて何もしないということ。気分が晴れないときは、心や身体に疲れが溜まっていて、気力も湧かず動く気になれないというもの。

疲れていることが要因となって気分が晴れないのなら、無理して気持ちを上げる必要はなく、大事なのは何よりも休息です。

睡眠時間を充分に取って規則正しい日常生活を送ることを最優先にし、充電期間だと割り切ってのんびり過ごすのも、取って置きの具体策の一つ。

 

 

 


気分が晴れないときには様々な絡みがあるもの、知っておきたい原因面


 

| 1.いかなければ、嫌な感情をずっと引き摺ってしまうことに

仕事でミスしたということ。仕事でミスを犯した場合、状況が解決していかなければ、嫌な感情をずっと引き摺ってしまうことになるもの。

自分に自信がまったく持てなくなったり、周りの人たちから責められているみたいな視線を感じることにもなりかねません。

当事者の被害妄想ということも多いですが、気分が晴れない大きな切っ掛けになりかねない出来事です。

 

| 2.言われていて、思い悩む人はとても多いというものです

人間関係ということ。ストレスだったり悩みの大半は人間関係から生まれるとも言われていて、思い悩む人はとても多いというもの。

生きる上で対人関係は避けられないものですが、人間関係で問題が起きれば、他者と関わること自体が嫌になることにもなりかねません。

そうした状態が続けば、全ての人間関係を断ち切りたい、そんなことを思うことにもなりかねません。

 

| 3.状態が続けば、心や身体に過剰なストレス掛かるという

生活リズムの乱れということ。日々多忙で真面に食事が摂れていなかったり、充分な休息を取れていない状態が続けば、心や身体に過剰なストレス掛かるというもの。

特に食事と睡眠は自分への影響が大きいもので、偏った食事だったり昼夜逆転が続けば、病気に繋がることにもなりかねません。

 

| 4.恋愛や人間関係など、悩み事があれば気分が晴れないもの

解決しない悩みがあるということ。漠然と将来に対する不安を抱えていたり、仕事をはじめ恋愛や人間関係など、悩み事があれば気分が晴れないもの。

今すぐ解決しない悩み事を、頭の中で堂々巡りに考え続ける状態になると、ストレスから精神的な疲労の頂点に達し気力が失われかねません。

一人切り長時間考えを巡らせていれば、発想自体がネガティブに偏りやすくなることにもなりかねません。

 

 

 


気分が晴れない時にはやはり運動も、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.繰り返している場合、刺激がないので飽きて来るという

毎日に変化がないという心理状況。毎日が仕事と自宅の往復ばかりで、同じパターンを繰り返している場合、刺激がないので飽きて来るというもの。

やることも一緒で日々会う人も一緒というような時は、感情も動かないので詰まらなく感じて気分が晴れないということにもなりかねません。

 

| 2.パターンが恋愛で、その大きな例ともなるのが失恋という

恋愛で嫌なことがあったという心理状況。気分が晴れない時にあるパターンが恋愛で、その大きな例ともなるのが失恋というもの。

大好きな人に振られてしまったり、恋人と別れてしまった状況では、誰もが気分が晴れないことになりかねません。

それだけではなく、気になる相手に連絡をしたのに、既読スルーだったり未読スルーをされている、そんな時も気分が晴れないということにもなりかねません。

 

| 3.普段の姿を目にして羨ましく思ったりすることもあるもの

自信がないという心理状況。職場の同僚だったり友人など、普段の姿を目にして羨ましく思ったりすることもあるもの。

特に、自分自身に自信がない状態の場合、他者が良く見えてしまいがちで、それが強い嫉妬心に変わることもあり注意したいところです。

 

| 4.症状はうつなど心身の病気の予兆である可能性もあるもの

病気の可能性という心理状況。眠れなかったり食欲がないとか、人と会うのが億劫など、そんな症状はうつなど心身の病気の予兆である可能性もあるもの。

気分が晴れずおかしいと感じた際は、早めに医療機関を受診して、医師のアドバイスを貰うようにします。

 

 

 

まとめ

その原因も含めて注意が必要になります。ここでは、気分が晴れないときは穏やかに過ごしたいもの、取って置きの具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。