しぶちんは自業自得かも知れない、何事も支障なく相対していく具体策



身近なところにも、しぶちんと呼ばれる人がいるもの。物だったりお金を出し惜しみするところがあり、出し渋るので大阪弁でケチを意味するのが渋ちんです。

しぶちんという言葉自体にはネガティブなイメージがあり、周囲の人たちに何となく嫌われ者と受け取られることにもなりかねません。

倹約だったり節約と違ってしぶちんと一緒にいる時は、気が滅入ってしまうことも多く、楽しく過ごせないということにもなりかねません。

必要以上に金銭的なものを出し渋り、日常生活の楽しみなども犠牲にして、お金が貯まるのに喜びを感じているところがあります。

シブチンは自らがいかに損せずに済むかばかりを気にしていて、目先の少額のお金を渋ることで、人間関係も希薄になることに気が付きません。

ここでは、しぶちんは自業自得かも知れない、何事も支障なく相対していく具体策を紹介しています。

 

 

 


しぶちんは自業自得かも知れない、何事も支障なく相対していく具体策


 

| 1.どうしてもしぶちんの度合いも目立ってしまうというもの

できる限り金銭が掛からない付き合い方を心掛けるということ。金銭が絡んでしまう場面では、どうしてもしぶちんの度合いも目立ってしまうというもの。

良い付き合いを考えるのであれば、しぶちんとは金銭面がかからない所でのみ会うのも、何事も支障なく相対していく具体策の一つ。

誰かの家に集合という話が出てきても、呼ぶ側は見返りなど求めずに手土産禁止令を出すなどすれば、イライラ度合いを下げることもできます。

 

| 2.しぶちんですが、これ以上というラインも掴めず困惑する

飲み会などで誘う時は理想の予算を尋ねておくということ。金銭的な面が絡むことには、とにもかくにも細かいのがしぶちんですが、これ以上というラインも掴めず困惑するというもの。

もししぶちんを飲み会や食事に誘うケースでは、事前にどの程度の金額なら参加できそうか尋ねておくのが重要なポイントです。

当日になって、席で文句が出ることがなく沢山食べられる、食べ放題や飲み放題に誘うのが、何事も支障なく相対していく具体策の一つ。

 

| 3.出さなくても良いか、躊躇することが多々あるというもの

ルールは折半と決めしておくということ。しぶちんは相手を見ていて、お金を出さなくても良いか、躊躇することが多々あるというもの。

今後も付き合いを長くしなければいけない相手のケースでは、己自身の気持ちを明確に伝えて、外食の時は折半がルールと決めておくのも、何事も支障なく相対していく具体策の一つ。

甘やかして誰かが奢ってしまえば、それが通常にもなりかねず、嫌で来ない時はそれはそれで問題などありません。

 

| 4.ケースでは、精神的に疲弊して苦しむのは相手をする側と

しぶちんと割り切るということ。余りに倹約する人と接しているケースでは、精神的に疲弊して苦しむのは相手をする側というもの。

普通の人間が思いもつかないようなところで渋ることがあり、感情的になってしまう人も少なくはありません。

予めこの人はしぶちんと自覚しておくことで、実際の局面になっても割り切れる、何事も支障なく相対していく具体策の一つ。

 

| 5.ケースでは、身近にいても理解し合うことは難しいという

節約術を教授して貰うということ。人間は共通するような考え方などがないケースでは、身近にいても理解し合うことは難しいというもの。

相手の得意な部分を褒めたりすることにより、心が通い合うのであれば、シブチンが得意なお金の貯め方や節約術を教えて貰うように心掛けます。

同じ物事に興味を持っている人には、徐々に信頼を寄せ心の内も見せてくれる、何事も支障なく相対していく具体策の一つ。

 

 

 


しぶちんとは何かも時折り大切になるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.お金は使いませんが、無料であれば手を出すというもの

無料やサービスに異常に弱いということ。しぶちんはお金が掛からないものが大好きで、普段は必要な物にしかお金は使いませんが、無料であれば手を出すというもの。

しぶちんは無料だったりサービスなどの言葉に異常に弱いところがありますが、相手の意図に乗ってしまうようなことはありません。

無料の品には宣伝をはじめ販促や未完成の代償など、裏側に渡す側の作為があるということを良く知っています。

 

| 2.区別が明確で、その上で貯蓄をしっかりとするというもの

使うことよりの貯める方が趣味ということ。本当にお金を貯めるのが上手な人は、いるものと要らないものの区別が明確で、その上で貯蓄をしっかりとするというもの。

一般的にお金を貯めようとするケースでは、何らかの目的の達成のために貯蓄をしますが、余りにシブチンは支出と貯蓄の境目を失うということにもなりかねません。

こうしたしぶちんは、特別に貯蓄の目的がなくても、ただ増えていくのを心からの楽しみにしているところがあります。

 

| 3.及ぼすことも多く、素敵な印象を作ることもできるという

損得勘定で何事も判断するということ。金銭的に精神的な安定が図れている人は、周囲の人たちに良い影響を及ぼすことも多く、素敵な印象を作ることもできるというもの。

但し、余りにしぶちんは、普段から受け身な傾向で与えることもなくゆとりもないので、周囲の人たちのイメージは良くありません。

周りの人たちにどう映るか気にしない人は、損得勘定だけで判断している人ということも多く、友達も少ない傾向にあります。

 

| 4.貯蓄に関して大きな影響を与えると信じ込んでいるという

極力クーポンや割引券を利用するということ。しぶちんは収入より支出の方が、貯蓄に関して大きな影響を与えると信じ込んでいるというもの。

そのため数百円単位で安くお得に手に入れる、そういった行為に喜びを感じているところがあります。

特に男性というのは節約意識が高く、デートでもクーポンや割引券を利用することに躊躇などはありません。

 

 

 


しぶちんとはも気になるところがある、注意しておきたいその原因面


 

| 1.子供の頃から己自身の家庭環境で教育を受けているという

お金を使わないような環境で育ったということ。お金の扱い方は、子供の頃から己自身の家庭環境で教育を受けているというもの。

しぶちんは幼少期から親の節約する姿を見て成長してきた可能性も高く、それが当然といった意識として心の中に植え付けられています。

またしぶちんの中には過去に厳しい貧困を経験している人もいて、お金を使うことに関して罪悪感を抱いているということになりかねません。

 

| 2.本当に価値のあるもの以外にはお金を使わないというもの

合理的な傾向ということ。人間の性格というのは様々で、しぶちんは徹底的に無駄を省いて、本当に価値のあるもの以外にはお金を使わないというもの。

何でも面倒臭いと思ってしまうような人は、最短で最良になるべく効率よく工夫しようといつも試みます。

こういった経験が習慣化されたケースでは、普段から物事を何でも合理的に考えるようになって、しぶちんへとなりかねません。

 

| 3.感謝を忘れないで毎日を過ごしてきたことがあるという

借金のトラウマを抱え持っているということ。しぶちんも余力を持って他者と接し、感謝を忘れないで毎日を過ごしてきたことがあるというもの。

但し、見栄を張ったりすることなどが要因となって、自己破産等の債務整理を体験したようなことも中にはあります。

過去にそうしたトラウマがあって、甘い金銭的な考え方だったと、己を叱咤激励するべくいつも節約を心掛けています。

 

 

 

まとめ

渋ちんは大阪弁でケチを意味するもの。ここでは、しぶちんは自業自得かも知れない、何事も支障なく相対していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。