失望した時からの大逆転に繋げたいもの、気合で乗り越えていく対処術



人生を過ごしていると、失望した時もあるもの。自分自身が思い描いているようにできなかった、そんなことから自分に失望した時があります。

ケアレスミスが原因で仕事で大失敗をしたり、就職や受験等で思うようにいかないなど、落胆して失望することにもなりかねません。

ほかにも上司に失望した時や旦那に失望した時など、自分以外の他人に残念な思いをすることも良くあります。

そんな望んだ結果が得られないことが度々続けば、どうでもいいなどと投げやりになることも多々あり、後先考えず自暴自棄ということにもなりかねません。

なので、そんな時の対応を掴んでおくと先々に役立つことになります。

ここでは、失望した時からの大逆転に繋げたいもの、気合で乗り越えていく対処術を紹介しています。

 

 

 


失望した時からの大逆転に繋げたいもの、気合で乗り越えていく対処術


 

| 1.致し方ないところがあり、淡々と受け入れるしかないと

現実を受け入れるということ。現実は事実なので拒否しても致し方ないところがあり、淡々と受け入れるしかないというもの。

失敗などをした直後というのは、感情的になっていて自責の念しか湧きませんが、時間を置くとある程度は冷静になることもできます。

これからのためにも現実は現実として、否応なく淡々と受け入れるのが、気合で乗り越えていく対処術の一つ。

 

| 2.失敗に繋がったのかを自分で考えることが必要というもの

失望した原因を考えるということ。失敗したのであれば、どうして失敗に繋がったのかを自分で考えることが必要というもの。

大事な会議の席で発言すべきところできなかったのは、意見を口にする勇気が足りなかったのかも知れません。

更に、発言を無視されることの恐怖心や、内容に自信がなく詳しい説明を求められることが嫌だったのかも知れません。

他にも理由や切っ掛けがあるかもしれず、とにかく失望の原因を自分で考えることが気合で乗り越えていく対処術の一つ。

 

| 3.ああすればとかこうしておけばなど、後悔が湧き起こって

自分自身を責めないということ。自分に失望した場合、自らを責めたくなり、ああすればとかこうしておけばなど、後悔が湧き起こってくるもの。

そうした自責の念があれば今後のために役立てればよく、認識に間違いがあったのであれば、今後はそうならないよう心掛けます。

自分に失望したという状況は、心に傷を受けている状態なので、先ずは癒す行動をするのが気合で乗り越えていく対処術の一つ。

 

| 4.現在成すべきことに向かって集中していくというものです

現在すべきことをするということ。ひと通り自分に失望した後は、現在成すべきことに向かって集中していくというもの。

投げやりになって、その思考パターンを引き摺って何かをするということではなく、最も大事なことは何かについて考えます。

その後は踏ん切りを付けることで、将来の利益に向かって現在成すべきことをするのが気合で乗り越えていく対処術の一つ。

 

| 5.狭くなるので、現状に活かしていくよう努力するという

現状に活かすということ。失敗をした場合、その分選択肢も狭くなるので、現状に活かしていくよう努力するというもの。

選択肢が狭くなるということは、ポジティブに考えると選択に悩まなくても良い、そんな風にもとれる気合で乗り越えていく対処術の一つ。

選択肢が多ければ選ぶのも大変で、最善の選択をしたのかと後々も後悔しやすくなるので、良い意味で受取り腹をくくって取り組むようにします。

 

 

 


人に失望した時もある、覚えておきたい絶望に変えないためのポイント


 

| 1.すべての物事に希望がないように感じてしまうというもの

失望の対象を広げないということ。がっかりして失望した時には、すべての物事に希望がないように感じてしまうというもの。

例を挙げると、転職活動で手応えのあった企業に落ちた場合、その業界に適性がないように感じ、将来的に面接に突破できないと思いかねません。

但し、一つの試験に落ちたからと次も落ちるとは限らず、同じ業界の全部に無関係ということではありません。

冷静に考えると当たり前の話ですが、失望している時は対象を広げがちで、そうした思考は排除するよう心掛けます。

 

| 2.頓挫したから、新しい商機が見い出せたという話は多々

現状が悪いと決めつけないということ。期待外れの状況が最悪だとは限らず、ビジネスで頓挫したから、新しい商機が見い出せたという話は多々あるもの。

ほかにも普段の電車に乗り遅れたので、大きな事故が避けられた、そんな話はいくらでも耳にすることがあります。

そもそも期待通りになることが最善なのかは、月日を経ないと分からないので、望んではいなくても先を見ようと思うことが大切。

なので、失望してがっかりの結果でも、プラスに繋がることがあるかもと、現状を見直してみるのも絶望に変えないためのポイント。

 

| 3.生まれるので、立ち止まらず失望を学びに変えるという

失望から学ぶということ。ほとんどの成功事例は失敗と改善の繰り返しから生まれるので、立ち止まらず失望を学びに変えるというもの。

どうしていけば自分自身の期待通りの結果を残せるかを考えることで、また違った側面が見えてくるかも知れません。

もちろん自らの譲れないところがあったり、そうしたことを理解する人がいない、そんな状況もあるかも知れません。

期待通りの結果が生まれなかった理由を考え、ときに第三者からアドバイスを貰いながら、状況を明確に再検討します。

 

 

 


失望された時ということもあるもの、注意しておきたい原因や心理状況


 

| 1.受けるもので、希望を失って未来が見えなくなってしまう

人間関係で失望したということ。信じていた人物からの裏切りは、多大なダメージを受けるもので、希望を失って未来が見えなくなってしまうもの。

人間関係で失望する場面には、職場でのトラブルや失恋、裏切りに詐欺にあったりなど様ざまなケースがあります。

悲しみが深すぎれば、時と場合により自暴自棄だけではなく人間不信に陥ることもあり、人間関係の失望は精神的にも大ダメージということにもなりかねません。

 

| 2.立ち直れないほどの大きな衝撃を受けることもあるもの

希望が見えないということ。環境の変化や出来事により、立ち直れないほどの大きな衝撃を受けることもあるもの。

大失恋をした際に、これ以上に好きになる人はいないと希望を見失い絶望してしまうと、立ち直れないときは自暴自棄に陥ることにもなりかねません。

悲しみは時間が経てば解決してくれることもありますが、衝撃を受けた出来事の直後では、なかなか早々には立ち直ることはできません。

 

| 3.限界がきた場合、現実逃避がしたくなることもあるもの

現実逃避がしたいということ。突発的な辛い出来事やストレスの積み重なりにより、身体的にも精神的にも限界がきた場合、現実逃避がしたくなることもあるもの。

本人にとって出来事が精神的に大打撃を食らったように感じたり、余りにも気持ちが沈んだときは、自暴自棄に陥ることにもなりかねません。

もうどうでもいいような全ての希望が失われた感じがしてきた時は、自暴自棄になってしまうような可能性も高いので警戒が必要です。

また人によっては、旅行をしたり美味しいスイーツを食べたりするなど、気分転換をすることでリフレッシュしてストレス解消ができることもあります。

 

 

 

まとめ

残念な思いをすることも良くあります。ここでは、失望した時からの大逆転に繋げたいもの、気合で乗り越えていく対処術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。