寂しい時の過ごし方を知り逆転に繋げたいもの、リラックスに向けた術



人生を過ごしていると、寂しい時の過ごし方が知りたいこともあるもの。夜一人ぼっちで部屋にいる時や、イベントなどで盛り上がった後の帰り道など、寂しい感じを覚えるることがあります。

もちろんそんな寂しい時は女性に限らず男性にもあり、特に夏場と比較して気温も下がってくる冬の季節は、人間の暖かさに触れたいという思いが募り寂しさを感じることにもなりかねません。

またお酒を飲んだりすると、どうしてもセンチメンタルになってしまい涙もろくなったりと、寂しい思いが胸を打つことになります。

なので、寂しいときの過ごし方を予め掴んでおくと、日々の日常生活のみならず、将来的にも非常に役立つこと請け合い。

ここでは、寂しい時の過ごし方を知り逆転に繋げたいもの、リラックスに向けた術を紹介しています。

 

 

 


寂しい時の過ごし方を知り逆転に繋げたいもの、リラックスに向けた術


 

| 1.なった時は、自分自身の心境を吐き出すことが重要という

心境を可視化するということ。一人で寂しく曖昧模糊とした気持ちになった時は、自分自身の心境を吐き出すことが重要というもの。

人に話すことも良いことですが、自身が感じている不安なことや曖昧に思っていることなど、日記やブログを書くことがリラックスに向けた術の一つ。

文字に書き起こすことで心境が可視化されて、自分自身がやるべきことが見えてくる上、心のデトックス効果もあり一石二鳥。

 

| 2.家族や恋人など、自らの気持ちを正直に打ち明けるという

寂しい感じを他の人に打ち明けるということ。どうしようもなく寂しいと感じてしまっている場合、彼氏や友人をはじめ家族や恋人など、自らの気持ちを正直に打ち明けるというもの。

もちろん電話するのも良くLINEを送るのでも大丈夫で、自らの現在の気持ちや寂しさを相手に向かって怖がらず話すことが、リラックスに向けた術の一つ。

悩みだったり不安というのは、誰かに話すことにより大きな安心感が得られるので、覚えておきたい寂しいときの過ごし方。

 

| 3.適度な運動をして気分をリフレッシュさせるというもの

適度な運動をするということ。部屋に独りきりでいると気が滅入ってしまうという場合、適度な運動をして気分をリフレッシュさせるというもの。

筋トレなどの有酸素運動をすることにより、無心になれ運動だけに意識が向けられるので、無駄なことを考えずにすむリラックスに向けた術の一つ。

摩訶不思議なもので運動をすると、心が落ち着き寂しさも薄れる上、ダイエットやスタイル維持にも効果的です。

 

| 4.自らの身に考えてしまう時間が沢山あるからというもの

趣味に没頭するということ。どうしても寂しいと感じてしまうような時は、自らの身に考えてしまう時間が沢山あるからというもの。

少しでも寂しさを薄れさせていくためには、仕事だけではなくて趣味に没頭することがリラックスに向けた術の一つ。

自分自身の好きな物事にとことん没頭することで、寂しいと感じる時間も少なくなるので、寂しい時は一心不乱に打ち込んでみます。

 

| 5.元気でなければ、寂しくなってしまいがちで注意が必要

体調不良時は、身体を治すことに専念するということ。病は気からとも言われ身体が元気でなければ、寂しくなってしまいがちで注意が必要というもの。

特に女性を見ると生理の影響等もあり、ホルモンバランスが乱れて体調不良に陥りやすく、落ち込んでしまったりのほか動けなくもなりかねません。

但し、ある程度のことは充分な休息を取ることで治せるので、少しでも体調が悪く感じた際は、率先して休息を取るよう心掛けます。

 

 

 


寂しい時には様ざまな思いが渦巻くもの、知っておきたいそんな原因面


 

| 1.意識しない間に一人で過ごす時間が長くなっていることが

単独で過ごす時間が多いということ。寂しいと感じてしまうケースでは、意識しない間に一人で過ごす時間が長くなっていることがあるもの。

特に一人暮らしなどでは、どうしても物理的に一人で過ごす時間が長くなるので、一層寂しさを感じやすくなりがち。

また、SNSなどで周囲が盛り上がって楽しんでいる様子を目にすると、余計に寂しいという思いが募ることにもなりかねません。

 

| 2.瞬間をたくさん体験した後も、実際に寂しさを感じやすい

幸せだった物事が終わったということ。楽しいとか幸せといった瞬間をたくさん体験した後も、実際に寂しさを感じやすいもの。

例を挙げると、大好きな人と楽しかったデートの後、帰ってきて自らの部屋に一人っ切りになった時などです。

充実した時間を過ごすほど、あの時にもう一度戻りたいといった心境に苛まれかねません。

 

| 3.感情がネガティブになり、どうしても寂しくなりやすい

体調不良ということ。風邪をひいたりして体調が悪いと感じる時も、感情がネガティブになり、どうしても寂しくなりやすいもの。

特に一人暮らしをしていて誰も看病をしてくれないような場合、精神的に落ち込むことにもなりかねません。

体調の良し悪しは思考パターンにもかなり影響するので、できる限り日々を万全に過ごすよう心掛けます。

 

| 4.大きな成果を残すのを目にした時も寂しさが募るものです

自らにないものを持っている人物に出会ったということ。身近な人が凄いスキルを持っていたり、大きな成果を残すのを目にした時も寂しさが募るもの。

このようなあの人にあって自分にないなど、悔しさや劣等感を感じた際も、寂しさを感じることになります。

こうした他人と比較して寂しさを感じてしまう人は、自らにないものを数え過ぎている可能性があります。

 

 

 


一人で寂しい時過ごし方も気になるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.大きな失敗をして、自信を失い寂しいと感じるというもの

失敗して自信を失い寂しいと感じるという心理状況。頼りにされていた仕事で大きな失敗をして、自信を失い寂しいと感じるというもの。

大きな失敗をしてしまった場合、何て駄目な人間とか頼りにならないなど、自己嫌悪に陥りかねず不安な気持ちになりかねません。

存在価値を大切にしている人ほど、自らの存在価値を見い出せなくなり、空虚感に近い寂しいと感じる思いが募ることにもなりかねません。

 

| 2.周囲の人たちと自分自身を比較してしまっているという

周囲と比較して寂しいと感じるという心理状況。寂しさを感じる人に見受けられるのが、周囲の人たちと自分自身を比較してしまっているというもの。

周りと比べることで、他の人と全然違うとか自分はなぜできないなど、不甲斐なさを感じて落ち込むことにもなりかねません。

こういった比較する癖がある人は、できる限り他人は他人という意識を持って、自分の長所だったり得意分野などを把握しておくことが大切なポイント。

 

| 3.高く持っていて、頼りにされたいところがあるというもの

誰にも必要とされず寂しいと感じるという心理状況。男性というのは女性よりもプライドを高く持っていて、頼りにされたいところがあるというもの。

なので、誰からも必要とされていないと感じる場合、強烈に寂しいと感じてしまう心境に嵌まり込むことにもなりかねません。

自分自身が必要ではない、そんな爪弾きにされたような雰囲気を感じてしまうと、一層ネガティブになり寂しさが募ることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

寂しい思いが胸を打つことになります。ここでは、寂しい時の過ごし方を知り逆転に繋げたいもの、リラックスに向けた術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。