生きる価値がないとの思いから大逆転したいもの、上手く立ち直る方策



人生を過ごしていると、生きる価値がないと思うこともあるもの。生きてる価値というのは、誰もが一度くらいは考えたことのある問題。

生きる意味と同様に生きてる価値というのは、昔から多くの人に語られてきたことで、人間が問われてきたものです。

生きる価値がない自分を感じる人は、幼少期に話を親に聞いて貰えなかったり、押さえ付けられた体験が根底にあります。

そんな中で成長すると、自信を持つということがなく、自己肯定感も低くなり漠然とした不安感が強くなることにもなりかねません。

それは自らを認められないことに繋がるので、人生を過ごしているだけで苦しくなり、生きていく価値がないということになります。

ここでは、生きる価値がないとの思いから大逆転したいもの、上手く立ち直る方策を紹介しています。

 

 

 


生きる価値がないとの思いから大逆転したいもの、上手く立ち直る方策


 

| 1.意識して肯定的な言葉を増やすよう心掛けるというもの

肯定的な言葉を心掛けるということ。否定的な言葉はネガティブな気持ちを呼び起こしやすいので、意識して肯定的な言葉を増やすよう心掛けるというもの。

簡単にできるのが、嫌いという言葉を極力減らし、代わりに好きではないという言葉を増やしていくのが、大逆転に繋がる上手く立ち直る方策の一つ。

自ら発する言葉はコントロールもでき、意味は同じだとしても受け取る感覚が大きく変わり、生きる価値がないとの思いが薄れることに結び付きます。

 

| 2.逃れやすいのは、嫌な人から距離を取っていくというもの

環境を変換していくということ。生きる価値がないとの思いから手っ取り早く逃れやすいのは、嫌な人から距離を取っていくというもの。

職場に嫌な上司や同僚がいる場合、必要最小限の関わり合いで充分で、嫌な友人とも無理矢理に付き合う必要はありません。

DVの加害者からは逃げるのが最善の対策ですが、暴力を振るわれてもなかなか離れられない人もいます。

嫌な人とコミュニケーションを図る必要は一切なく、環境を変換して離れていくのが大逆転に繋がる上手く立ち直る方策の一つ。

 

| 3.無意識に役に立たなければ相手にされないと思う人がいる

人の思いより自らの思いを優先するということ。生きる価値がないと感じている人の中には、無意識に役に立たなければ相手にされないと思う人がいるもの。

この思いがある場合、自分自身がどうしたいかというより、他人はどうかが優先されることにもなりかねません。

この考えを突破するのは案外簡単で、日常生活の中で自分はどうしたいかを意識し優先するのが、大逆転に繋がる上手く立ち直る方策の一つ。

 

| 4.できないこともあり、難易度が高ければ一度では難しい

上手くできない自分を受け入れるということ。何かに挑戦した場合、上手くいくこともあればできないこともあり、難易度が高ければ一度では難しいもの。

上手くいかなければショックを受けますが、ある意味できない物事にチャレンジしているからで、それはポジティブな行動です。

なので、上手くできない自分を受け入れ、同時にチャレンジ自体を尊重して取り組んでいくと、目標に届きやすくなる大逆転に繋がる上手く立ち直る方策の一つ。

 

| 5.何をどうすれば求める理想像に近づけるのか分かるもの

心理学を学び自己理解を深めるということ。自己理解が深まった場合、具体的に何をどうすれば求める理想像に近づけるのか分かるもの。

そのため世界中で使用されている心理学がTAエゴグラムで、自らの行動パターンを可視化できる形で表せ、企業の採用面接などでも良く用いられています。

具体的に自分自身のどんな箇所が好きになれないか、その改善のためにすることが明確になる、大逆転に繋がる上手く立ち直る方策の一つ。

 

 

 


生きる価値とは何かを掴むことが大事、知っておきたいそんな原因面


 

| 1.辛いことがあっても冷たくあしらわれてきたというもの

否定されて成長したということ。明らかに兄弟姉妹と差別されていたり、辛いことがあっても冷たくあしらわれてきたというもの。

新しいことにチャレンジしようとしても、絶対無理と言われ続けたりなど、否定されることが多ければ自信が持てなくなります。

こういう風に存在を否定されると、生きる価値がないという考えに辿り着きかねません。

 

| 2.する機会が少ない場合、自己肯定感が育ち難いというもの

認められる機会が少なかったということ。人間は成長の過程で褒められたり認められたりする機会が少ない場合、自己肯定感が育ち難いというもの。

いつまで経っても恋人がができない自分は駄目だと思ったり、他の人のことを褒めることができません。

否定されなくても他者に認められないことが多ければ、どうしても生きる価値がないということにもなりかねません。

 

| 3.しようとした場合、親が怪我をさせないように止めてきた

過保護に育てられたということ。少しでも危険なことをしようとした場合、親が怪我をさせないように止めてきたというもの。

こんなチャレンジができないような環境で成長すると、自分にはこれが可能といった自信が湧きません。

過保護に接するのはある意味で、できないことへの反対のメッセージになり、生きる価値がないという風に思いかねません。

 

| 4.多い場合、必然的に自らが尊重されている感覚が育つもの

選択の機会が少なかったということ。自分自身で決める機会が多い場合、必然的に自らが尊重されている感覚が育つもの。

何を食べたり飲みたいかに始まり、進路はどうするのかなど、成長するにつれ様ざまな選択の機会があります。

こういう風に自分自身で選択する機会が少ないと、自己肯定感が低くなり生きる価値がないということにもなりかねません。

 

 

 


生きる価値がない私と感じることもある、注意したいそんな人の特徴面


 

| 1.失敗した経験、強く心の中のイメージとして残ってしまう

過去の失敗へのトラウマがあるということ。過去に犯してしまった失敗した経験は、強く心の中のイメージとして残ってしまうもの。

その印象があまりにも強い場合、同じ失敗は繰り返したくないという意識が高まって、自己肯定感を低くする切っ掛けにもなります。

過去の失敗を変えることはできないにも関わらず、トラウマとして引き摺り何時までも思い悩んで、生きる価値がないということにもなりかねません。

 

| 2.仕事や勉強で成果を残していくために効果的というもの

他人と比較するということ。身近にいる人をライバル視して、競い合って力を伸ばすのは、仕事や勉強で成果を残していくために効果的というもの。

但し、それが正しく機能していくためには、自己肯定感が高まっているような状態が必要になります。

他人と比較する癖がついていた場合、嫉妬心やコンプレックスから感情をすり減らし、生きる価値がないということにもなりかねません。

 

| 3.実行することが減った場合、周囲に対する依存度が増して

周囲に対する依存度が高いということ。自分自身が主体的に物事を決定し実行することが減った場合、周囲に対する依存度が増していくもの。

取引先の意向や上司や先輩の意見を優先するようになり、人に決めて貰ったことを実践することにもなりかねません。

こうした依存的な立場が定着してしまうと、何かを決断しなくてはならない場面に向き合った時に、足踏みを続けることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

誰もが一度くらいは考えたことがある。ここでは、生きる価値がないとの思いから大逆転したいもの、上手く立ち直る方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。