仕事やる気出す方法で逆転したいもの、具体的に向き合っていく方策



人生を過ごしていると、仕事やる気出す方法が知りたくなる時もあるもの。日本では約90%以上の人が、仕事にやる気を見い出すことなく働いています。

世界全体でみても、労働者の約85%の人たちが仕事に熱意を持てていないという報告もあります。

仕事をするのはやる気がなくてもできますが、せっかくであれば情熱を持ってしたいということにもなりかねません。

仕事にやる気を出すのは難しく、続けていて何のためになるのかなど、人生における仕事の意味も明確に分からない状態では意欲も湧き起こりません。

なので、必然的に仕事に対してやる気を出す方法ややる気を出すコツ、やる気を出す言葉などを探し求めることになります。

ここでは、仕事やる気出す方法で逆転したいもの、具体的に向き合っていく方策を紹介しています。

 

 

 


仕事やる気出す方法で逆転したいもの、具体的に向き合っていく方策


 

| 1.肉体的にも疲弊して、仕事へのやる気が下がっていること

睡眠時間や休息を充分に確保するということ。慌ただしい毎日に精神的にも肉体的にも疲弊して、仕事へのやる気が下がっていることもあるもの。

体調が万全ではなかったり、ストレスや悩みで頭が一杯の状態では、自然に仕事より己自身のことに意識が向いてしまいます。

休息をすることに何となく罪悪感を感じてしまう人もいますが、明確にオンとオフを切り替えることが具体的に向き合っていく方策の一つ。

睡眠時間や休息を確保することが、後々の仕事のパフォーマンスに良い影響を与えると信じて、仕事から離れ十二分に休息をとるよう心掛けます。

 

| 2.感じるのが、毎日同じことの繰り返しで詰まらないという

1年前の己自身と比較してみるということ。仕事のやる気が下がっている時に感じるのが、毎日同じことの繰り返しで詰まらないというもの。

そんな風に成長が感じられない時は、1年前などの長い目で見るようにして、過去と現在の己自身を比較するのも具体的に向き合っていく方策の一つ。

その間に初めて体験したことや、新しく得たスキルや知識なのど積み重ねは必ずあり、今現在の着実に変化している己自身があることに気付ます。

 

| 3.最近はマンネリ化してやる気が出ないということもある

己なりに工夫するということ。新人の頃は何でも新鮮で面白く感じても、最近はマンネリ化してやる気が出ないということもあるもの。

そうした時は、ゲーム感覚で己なりのテーマや目標を設けて、仕事に取り組むのも具体的に向き合っていく方策の一つ。

この作業を何分以内に終わらせるとか、今日はここまでを成し遂げるなど、ゲームのように決めておけば、漫然と仕事に取り組むよりも達成感を得られます。

 

| 4.何のためにこれをしているなど、そんなことを考えること

目的意識を明確に持つということ。やる気が出ないときに仕事をしていても、何のためにこれをしているなど、そんなことを考えることがあるもの。

仕事への目的意識は意欲に大きく影響するので、目の前にある業務を単にこなすだけでは、やる気はなかなか維持できません。

スキルを身に付けて独立するとか、成果を残して昇進するとか昇給したら趣味にお金を使うなど、己なりの目的意識を明確にし取り組むのも具体的に向き合っていく方策の一つ。

こうして目的から逆算することで、現在の仕事に対する意味を見い出すこともでき、自然とやる気を出すことができます。

 

| 5.ケースでは、なかなかやる気が湧き起こらないというもの

すべきことを明確にするということ。人間は具体的にすべきことが決まっていないケースでは、なかなかやる気が湧き起こらないというもの。

仕事のモチベーションが上がらないときは、すべきことが明確でなく、やるのも非常に難しそうな感じを受けることが多くあります。

すべきことを思い描ける程度に具体的にするほか、はっきりとした到達地点を設定するなど、意識することが具体的に向き合っていく方策の一つ。

 

 

 


仕事のやる気を出す方法は様々にある、注意したい上がらない原因面


 

| 1.出したい時に身体だったり気持ちがついていかないもの

生活リズムが不規則ということ。生活リズムが不規則なケースでは、やる気を出したい時に身体だったり気持ちがついていかないもの。

朝食をきちんと摂るほか、決まった時間に就寝や起床をするなど、己自身の生活パターンを調整するよう心掛けます。

仕事を始める時はメールチェックから始めるなど、己自身の行動をルーティーン化しておけばやる気も出やすくなります。

 

| 2.ケースでは、重圧を感じてやる気が湧き起こらないことも

仕事にプレッシャーを感じているということ。責任のある役割や大きな仕事を任されたケースでは、重圧を感じてやる気が湧き起こらないこともあるもの。

己に完遂できるかとか荷が重いと感じてしまうなど、そんな風に考えていると、ネガティブな気持ちばかりになりやる気は出ません。

己自身の頭の中ばかりで考え込まず、荷が重いと感じる場合、上司や同僚にサポートを頼むのも一つのやり方です。

| 3.見受けられるのが、働き過ぎで休息や睡眠が不足している

休息や睡眠が不足しているということ。最近の社会人に見受けられるのが、働き過ぎで休息や睡眠が不足しているというもの。

人間の脳をみると平均7時間の睡眠が最適という研究報告もあり、十分な睡眠時間や休息は、やる気を出して仕事に向かう上で必要不可欠です。

睡眠の質が低いと感じるケースでは、アイマスクや耳栓を活用するなどの工夫を取り入れてみることも考えます。

 

| 4.会社員をしながら個人で副業をする人も増えてきている

仕事より副業が気に掛かるということ。近年は働き方が柔軟になり、会社員をしながら個人で副業をする人も増えてきているもの。

副業が気に掛かって本業の仕事もやる気が出ない、そんな風な人も中にはいるかも知れません。

そういった時は、本業と副業で相互リンクするところを見つけられると、やる気も出やすくなります。

 

 

 


やる気を出させる方法が欲しい、覚えておきたい上がらない職場環境


 

| 1.報酬であり、やる気にストレートに直結しているという

給料が安すぎるということ。給料は仕事に対して支払われる報酬であり、やる気にストレートに直結しているというもの。

転職理由のランキングでも最上位にくるなど、 己がしている仕事に対しての給料が安すぎると、やり甲斐なども感じられません。

現在従事している仕事の給料を大きくあがるのは非常に難しいので、転職や副業なども視野に入れてみる方が良いかも知れません。

 

| 2.長時間に渡って仕事に拘束されやる気を失うことがある

時間外労働が長すぎるということ。職場によっては残業時間や休日出勤等の時間外労働が非常に多く、長時間に渡って仕事に拘束されやる気を失うことがあるもの。

規定の時間内で完了するだけの仕事量だけを引き受けたり、周囲に合わせた残業や休日出勤をしないなど、時間外労働を減らすよう心掛けます。

時間外労働が常態化してしまっている職場では、定時に帰ると周りの人たちに良く思われなかったりするので、その時は時間外労働が少ない職場への転職も視野に入れます。

 

| 3.ケースでは、それだけのことでやる気が削がれることが

通勤距離が遠いということ。職場までの通勤の距離が遠いケースでは、それだけのことでやる気が削がれることがあるもの。

毎日の通勤がストレスになってしまったケースでは、その負担が段々と積み重なって大きくなることにもなりかねません。

通勤時間が短い所に引っ越すとか、キャリアチェンジの機会に自宅から近い職場への配属を希望するなどし、ストレス軽減を図ります。

 

 

 

まとめ

やる気を見い出すことなく働いています。ここでは、仕事やる気出す方法で逆転したいもの、具体的に向き合っていく方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。