好きな人ができない男の末路も厳しいもの、上手に作っていく具体策



身の回りを見渡すと、好きな人ができない男性もいるもの。恋愛がしたい気持ちはあるのに、なかなか好きな相手が見つからないという人。

稀には人を好きになれないという男性や、人を好きにならない男性も世間にはいますが、一般的にはどこかに要因とも言えるところがあります。

自分を取り巻く環境だったり生活のパターンなど、恋愛を遠ざける要素といったものがないかを考えてみることが大切。

ほかにも口では恋人が欲しいと言っていても、無意識の間に異性との関わり合いを避けていたり、付き合うハードルを上げていることもあります。

なので、好きな人がいないという男性は、先々を見据えて対処することも必要。

ここでは、好きな人ができない男の末路も厳しいもの、上手に作っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


好きな人ができない男の末路も厳しいもの、上手に作っていく具体策


 

| 1.パターン化して、普段会う人やいつもの場所が心地良く

生活パターンを変えてみるということ。社会人になれば生活がパターン化して、普段会う人やいつもの場所が心地良く感じるもの。

それは悪くはありませんが、生活パターンを変えてみることで、自分自身の世界を広げていくのも上手に作っていく具体策の一つ。

環境や行動が変われば出会う人も変化するので、ひょっとすればこれから会う人の中に、将来のパートナーになる女性が紛れ込んでいるかも知れません。

 

| 2.どのような女性が現れても、恋愛したい気分にはならない

恋愛へのスイッチを入れるということ。心が恋愛モードになっていない場合、目の前にどのような女性が現れても、恋愛したい気分にはならないもの。

好きな相手が欲しいと漫然と思うばかりではなく、恋愛に対する意欲が高まるような行動や習慣を身に付けるのが、上手に作っていく具体策の一つ。

普段はあまり見ない恋愛映画を観たり、カップルが多いデートスポットに足を運んで、自分に恋人ができたときをイメージするのも良いやり方。

 

| 3.見る目が厳しくなって、駄目な部分を減点方式で採点して

相手を見る際は加点方式にするということ。理想が高い男性は女性を見る目が厳しくなって、駄目な部分を減点方式で採点してしまうもの。

一つ欠点を見つければ、次から次へと悪いところが目について、相手に対する興味も失せてしまいかねません。

異性に会う時は加点方式を意識するのがポイントで、見方を変えるだけで短所がプラスポイントへと変わる、上手に作っていく具体策の一つ。

 

| 4.顔が出せない場合、マッチングアプリを活用するという

出会いを求めるならマッチングアプリということ。仕事が忙しく出会いの場へと顔が出せない場合、マッチングアプリを活用するというもの。

合コンだったり街コンは、出会った後で相手の価値観などを知ることになりますが、アプリであれば予め理想の相手を絞り込めます。

メリットは隙間時間を利用して自らのペースで恋人探しを行える点で、普段の生活では出会えない人など、選択肢の幅も広がる上手に作っていく具体策の一つ。

 

| 5.ワンランク上の自分自身を自分磨きで目指していくという

外見の自分磨きをするということ。まったく自信を抱けないという男性は、ワンランク上の自分自身を自分磨きで目指していくというもの。

外見が磨かれると自信が付くというだけでなく、本来備えている魅力が周囲の人たちにも伝わるようになり、焦って恋人を探すより出会いのチャンスが多くなります。

生活習慣を見直していくとともに、身体を鍛えて健康的なボディラインにする、そんなことに配慮するのも上手に作っていく具体策の一つ。

 

 

 


好きな人ができたらという男も多いもの、知っておきたいできない理由


 

| 1.太すぎず細すぎず、性格が良いなど理想のタイプがある

理想のタイプにこだわり過ぎということ。顔が可愛いかったり、スタイルは太すぎず細すぎず、性格が良いなど理想のタイプがあるもの。

好きな人ができない男性に見られるのが、理想が高く女性のタイプにこだわり過ぎるような傾向があります。

妥協しない姿勢は素晴らしいものですが、選択肢が狭くなるほど恋愛のチャンスを逃すことになるので注意します。

 

| 2.好きな人ができない人は極端にそんな機会が少ないという

異性に出会う機会が少ないということ。出会いの機会が多いほど恋人ができるチャンスも増えますが、好きな人ができない人は極端にそんな機会が少ないというもの。

一日の大半を過ごす職場もある意味では出会いの場といえますが、男ばかりとか既婚者ばかりといった場合、なかなか恋愛のチャンスには恵まれません。

合コンや街コンに参加する手もありますが、仕事が多忙だったりスケジュールが合わない人は、その機会さえもしてしまいます。

 

| 3.思っても、フラれるのが怖くアクションできないという

フラれるのを怖れアクションできないということ。好きな人ができない男性に見られるのが、可愛いとか一緒にいたいとか思っても、フラれるのが怖くアクションできないというもの。

LINEの返信が少しでも来なくなったり、既読スルーになったというだけで、その女性を諦めてしまいかねません。

勇気を持ち女好きのレッテルを貼られるほど、欲求に忠実に女性にアプローチすることが重要なポイント。

 

| 4.忘れられないなど、恋愛にトラウマを抱えているという

過去の恋愛を引き摺っているということ。過去に好きな相手に振られたことがあり、今でも忘れられないなど、恋愛にトラウマを抱えているというもの。

過去に起こった出来事は、いくら考え込んでも何ら変わりませんが、未来であればいくらでも自分次第で変えられます。

魅力の一つでもある一途な姿勢は、これから先で出会う素敵な女性たちと仲良くするために活かします。

 

 

 


好きになってくれた人を好きになる男性も、注意しておきたい心理状況


 

| 1.物事がある場合、恋人がいる必要性を感じなくなるという

恋愛以外に夢中なものがあるという心理状況。恋愛以外に夢中になっている物事がある場合、恋人がいる必要性を感じなくなるというもの。

平日は仕事に打ち込んで休日は趣味を満喫する、そういった生活が長く続けば、恋人を作ること自体が面倒臭く感じるかもしれません。

以前は若者の最優先の関心事は恋愛、そう見なされる時代もありましたが、現在は趣味も多種多様で交際相手がいなくても満足感を覚える男性も増えています。

 

| 2.そういった理想像を掲げることは非常に大事というもの

女性への理想が高いという心理状況。こういった女性と付き合いたい、そういった理想像を掲げることは非常に大事というもの。

但し、余りに理想が高すぎる場合、現実との隔たりが大き過ぎ、好きな女性がなかなか見つからないという状態に陥りかねません。

最初から好みのタイプ以外は恋愛対象から外してしまう傾向もあり、2人切りで会うチャンスがあっても、相手の良い部分を見つけようとしません。

 

| 3.恋愛の優先度も低く自身から女性を求めないというもの

恋愛に消極的という心理状況。好きな人ができない男性に見られるのが草食系男子で、恋愛の優先度も低く自身から女性を求めないというもの。

好きな相手と恋人になるまでには、連絡先の交換やアプローチに告白などの段階も必要ですが、恋愛に受け身な男性はハードルが高く感じかねません。

連絡先の交換ができても、嫌われるのが怖いという恐怖心が先立って、なかなか自分自身の気持ちを伝えられません。

 

 

 

まとめ

中々好きな相手が見つからないという人。ここでは、好きな人ができない男の末路も厳しいもの、上手に作っていく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。