答えが出ない末路も厳しいもの、首尾よく切り抜けて前に進む対処策



日々の暮らしの中で、答えが出ないことがあるもの。不確定な物事に対して、いくら考えても答えが出ないという時があります。

仕事であれば、成果が明確に出るほか周囲からの評価もあるので、ある意味で答えの出ない問題は少ないかも知れません。

一方でプライベート面では、自分の力でどうにもならない物事には答えが出せず、堂々巡りをして思い悩むことにもなりかねません。

もちろん答えが出ないことには、時間が経たなければ形にならないものもあれば、自分一人だけでは問題解決の糸口が見つからないのもあります。

そんな答えが出ないときは、スピリチュアル的な面から考えても一旦頭から切り離すことも必要。

ここでは、答えが出ない末路も厳しいもの、首尾よく切り抜けて前に進む対処策を紹介しています。

 

 

 


答えが出ない末路も厳しいもの、首尾よく切り抜けて前に進む対処策


 

| 1.到達点は待っていても見えてくることはないというもの

考えるのを一旦やめるということ。答えが出ない問題を考え続けているケースでは、到達点は待っていても見えてくることはないというもの。

ブラックホールの内部がどうなっているのか、そうしたことを考え続けても、答えが見つかることなどありません。

人間には限界というものがあり、考えすぎるとストレスや疲労に繋がるので、己を守るために答えはないと割り切り、考えるのを中止するのが首尾よく切り抜けて前に進む対処策の一つ。

 

| 2.スタートしてみて、手を付けることが重要なポイントと

とりあえず手を付けるということ。計画は大体で良いので、とりあえずスタートしてみて、手を付けることが重要なポイントというもの。

やってみなければ事実が理解できず、例を挙げれば自転車に乗るにしても、乗り方の解説書を読んでも乗れるようにはなりません。

それよりも、自転車に乗り何度も転ぶことで、どうすれば転ぶのかを理解した方が、最終的には上手く乗れるようになります。

結果的に、やってみることで事実が明確になって、答えにも一歩近づける、首尾よく切り抜けて前に進む対処策の一つ。

 

| 3.追求しすぎるところがあり、現実を見ようとはしないもの

予測した回答は外れるのを理解するということ。答えが出ないと行動を起こさない人は、理想を追求しすぎるところがあり、現実を見ようとはしないもの。

考えても分からない時は、予測した回答の理想と現実との間に、非常に大きなギャップがあるからです。

完全ではない人間が集まり形作っている現代社会は、曖昧なことも多く悩み続けてもなかなか前進はできません。

行動することで現実を理解し、どうやれば理想に近づけるかの考え方が重要になる、首尾よく切り抜けて前に進む対処策の一つ。

 

| 4.現実的には行動になど移していない可能性が非常に高い

他人の意見は信憑性がないのを心に刻むということ。答えが出ないという人は、現実的には行動になど移していない可能性が非常に高いというもの。

また、現実に行動したことがある人でも、それは過去の体験なので、情報が古い場合も大半ということになりかねません。

例を挙げれば、小学生が野球をしている最中に、近所のおじさんがアドバイスをしても、変に感じて耳を貸したくはありません。

結果的に、他者の意見は参考程度に考え、己自身が行動することにより得られた事実から答えを導き出すのも、首尾よく切り抜けて前に進む対処策の一つ。

 

 

 


答えが出ない時は誰しもあるもの、注意したい思考停止の人の特徴面


 

| 1.見受けられるのが、不安を感じても行動に移せないという

不安を感じても行動しないということ。思考停止状態となっている人に見受けられるのが、不安を感じても行動に移せないというもの。

不安を感じやすい傾向の人は警戒した方が良く、感じるのはノルアドレナリンと呼ばれる脳内物質が分泌されるからです。

脳内にノルアドレナリンが分泌することで、決断を迫られている状況下であるにも関わらず、どうしようかと思考停止になっていると不安は更に増幅します。

 

| 2.何をどう改善したら良いかを、己自身で考えないという

己自身で解決方法を考えないということ。思考停止状態に陥っている人に見られるのが、何をどう改善したら良いかを、己自身で考えないというもの。

こうした悩みを毎日頭のなかで堂々巡りさせることで、答えを出せないでいる状況は、思考も止まっているということにもなりかねません。

情報が飽和状態にもなっている現代社会では、己自身の頭で考える力を持つことへの重要性が非常に高まっています。

 

| 3.見られるのが、日常生活から無意識で行動してばかりと

自動思考に身を委ねているということ。思考停止状態となっている人に良く見られるのが、日常生活から無意識で行動してばかりというもの。

無意識に行動しているケースでは、脳は歯磨きをしたり通勤などのように、オートパイロットと呼ばれている自動思考に切り換わっています。

オートパイロットというのは脳のエネルギーの節約機能ですが、何も考えず身を委ねていると、目標に向かっての成長速度を下げてしまうかも知れません。

 

| 4.人間関係が悪化していた状態を放置してしまうというもの

人間関係が悪化していても放置ということ。思考停止状態となっている人に見られるのが、人間関係が悪化していた状態を放置してしまうというもの。

人間関係の悩みに耐えて辛抱するしかないと思っているケースでは、それも実際的に思考が停止している危険な兆候です。

人間関係が悪くなっている要因を明確に突き止めて、じっくり考えるような機会を設けることが大事です。

 

 

 


答えが出ないことには様ざまな面が見られるもの、注意したい原因面


 

| 1.予測通りに当てられる、そんな人間はいないというもの

未来は誰にもわからないということ。考えれば答えは出ると言われても、未来のことを予測通りに当てられる、そんな人間はいないというもの。

例を挙げれば、転職して転職先が己自身に似合っているかを予測しても、狙った通りに正確に的中できる人間など存在しません。

未来のことは考えても誰にもわからないので、答えが出ない時もあるのが、ある意味で当然というものです。

 

| 2.世の中の環境だったり品物などを作っているというもの

曖昧なことが世の中には多いということ。完全ではない人間が寄り集まることで、世の中の環境だったり品物などを作っているというもの。

例を挙げれば、果物にしても野菜にしても、どこの産地で育てた品物が一番健康的であるかなどは決まっていません。

完全ではない人間が形成している世の中で、全ての物事に白黒などつけることはできず、答えがでないことがあるのも至極当然です。

 

| 3.考え続けたところで、残念ながら答えなど出ないという

己一人だけで解決できるものかということ。気になる答えは早く知りたいものですが、問題によっては悩み考え続けたところで、残念ながら答えなど出ないというもの。

己の中で知りたい欲求が大きくて思い悩んでしまうケースでは、まずはその疑問が己単独で解決できるものかを考えます。

但し、仮説を立て理由を結論付けたとしても、結果的にはそれは憶測と呼べるものでしかありません。

自力の解決が困難な問題に悩むことは、無駄な時間を過ごすことになり、自分以外に答えがある時は、どれほど考えようと一向に答えは出ません。

 

 

 

まとめ

いくら考えても答えが出ないという時がある。ここでは、答えが出ない末路も厳しいもの、首尾よく切り抜けて前に進む対処策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。