生きるのが嫌になったときから逆転したいもの、乗り切っていく具体策



人生を過ごしていると、生きるのが嫌になったと思うことがあるもの。ストレスが多い日々を過ごしていると、何もかもが唐突に嫌になったと感じることもあります。

生きるのが嫌になった時は、現在抱え込んでいる全ての問題を投げ出して、逃走したくなるということにもなりかねません。

但し、現実社会では生きてるのが嫌だからと、全てをリセットして再出発するような真似はそう簡単にはできません。

なので、何らかの方法でストレスを解消していかなければ、自らの精神的限界を迎えてしまいそうな状態へと陥りかねません。

ストレスを抱えた状況で、同じような日常生活の繰り返しにならないよう警戒していくことも必要です。

ここでは、生きるのが嫌になったときから逆転したいもの、乗り切っていく具体策を紹介しています。

 

 

 


生きるのが嫌になったときから逆転したいもの、乗り切っていく具体策


 

| 1.先ずは身体を癒して休養することが非常に大切というもの

身体を癒して休養するということ。ストレスで心が限界に近付いたと感じた場合、先ずは身体を癒して休養することが非常に大切というもの。

心と身体は密接にリンクしているので、どれほど心を強く保っているつもりでも、身体が疲弊していては精神的に引き摺られネガティブな心境になりやすいものです。

栄養バランスの良い食事と充分な睡眠を取って、内側から爽快になることでストレスも軽減される、乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 2.できる限りストレスの原因から距離を置くというものです

ストレスの原因から距離を置くということ。生きるのが嫌になった時に良い方法というのは、できる限りストレスの原因から距離を置くというもの。

例を挙げると、コミュニティ内の人間関係がストレスの原因となっている場合、一旦そこを離れることで、新しい人間関係を築くのも乗り切っていく具体策の一つ。

精神的な距離というだけではなく、物理的に距離を置くことでストレスとの関りも遠くなり、気持ちを入れ替える切っ掛けにもなります。

 

| 3.自分自身がしたいことをする1日を設けるというものです

したいことをする1日を用意するということ。生きるのが嫌になり全てを放り出してしまう前に、自分自身がしたいことをする1日を設けるというもの。

行きたい場所に行ったり食べたい物を食べたりのほか、会いたい人に会ったりなど、やりたいことをします。

自分自身の生き甲斐だったり楽しいと思える感情を思い起こすめにも、好きなことに熱中する時間も必要な、乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 4.心境を言葉にして、他の人に伝えることが重要というもの

他の人に言葉にして気持ちを伝えるということ。心が苦しくなり生きるのが嫌になった時は、できる限り今の心境を言葉にして、他の人に伝えることが重要というもの。

直接的な問題解決に結び付かなくても、辛い気持ちを理解してくれている人がいる、そういった事実だけで心の支えになります。

身近に話せる人がいない場合、匿名のSNSだったりブログ等でも良く、見える形で誰か向けて気持ちを表していくのが、乗り切っていく具体策の一つ。

 

| 5.視野を広げるには、良い意味で現実逃避も効果的という

我を忘れストレス発散できる場所へ行くということ。生きるのが嫌になったときにストレス発散をして視野を広げるには、良い意味で現実逃避も効果的というもの。

例を挙げると、絶叫マシンのある遊園地だったり非現実的空間を楽しめるライブなどのもか、汗を存分に流せるようなスポーツ施設などが当て嵌まります。

悩みや不安が頭の中になくなるほどの我を忘れられる空間は、ストレスとの間を遠いものにしてくれる、乗り切っていく具体策の一つ。

 

 

 


生きているのが嫌になることもあるもの、知っておきたいその原因面


 

| 1.嫌になるほどの、ショッキングな出来事というものです

信頼していた人に裏切られたということ。信頼していた人物からの裏切りは、生きているのが嫌になるほどの、ショッキングな出来事というもの。

特に家族をはじめ親友や恋人など、近しい関係の相手からの裏切りは、目の前も真っ暗になり現実感を失うことにもなりかねません。

これまで築いてきた信頼の厚さの分だけ、ショックも大きくて、相手を信じていた自分自身の価値観すら揺らぎかねません。

 

| 2.差別的扱いを受けたり、理不尽な仕打ちをされることも

理不尽な仕打ちを受けたということ。現代社会で生きている場合、明らかに差別的扱いを受けたり、理不尽な仕打ちをされることもあるもの。

一生懸命に努力した成果を他者に奪われてしまったり、自分に落ち度がないにも関わらず、責任を押し付けられることもあります。

社会には理不尽な物事も多いものですが、心が現実を受け止められず、生きるのが嫌になったということにもなりかねません。

 

| 3.超えてしまって、もうどうでもいいと思ってしまうという

複数の悩み事が重なったということ。複数の悩み事が重なったという場合、心の疲労がキャパシティーを超えてしまって、もうどうでもいいと思ってしまうというもの。

人生を過ごす間には、なぜか嫌な出来事が重なってしまうことも多く。一つ一つの対処に追われていると心身が疲れ果ててしまいかねません。

悩み事の解決となれば、時間だけではなく金銭面も掛かることになり、根本的な解決を迎えるまでストレスも収まりません。

 

| 4.仕事に忙殺されプライベートな時間が得られないという

仕事に忙殺されている状態ということ。生きるのが嫌になった時に見られるのが、仕事に忙殺されプライベートな時間が得られないというもの。

本来労働というのは、報酬といった対価を得るための行為で、基本的に労働自体が目的ということではありません。

対価として獲得した報酬を使う時間的のない状態では、何のために働いているのかと生きるのが嫌になりかねません。

 

 

 


生きるのが嫌になったには様ざまな面が、注意しておきたい心理状況


 

| 1.人間関係でも、何らかの切っ掛けがあり変化することが

人間関係でトラブルが続いたという心理状況。これまで問題がなかった良好な人間関係でも、何らかの切っ掛けがあり変化することがあるもの。

仕事のミスで職場の人たちとぎこちなくなったり、喧嘩をして恋人と何日間も連絡を取っていないなど、トラブルが続けば疲れ果てることにもなりかねません。

人生で良い事など何もない、そんなネガティブ感情に支配され、生きるのが嫌になることにもなりかねません。

 

| 2.会えなかったとしても、自分の中で思う気持ちは変わりは

恋人に裏切られたという心理状況。本気で好きな相手は大切な存在で、忙しく余り会えなかったとしても、自分の中で思う気持ちは変わりはないもの。

それなのに恋人が自分に隠れ浮気をしていた、そんなことを知った場合、あまりの衝撃に落ち込んでしまいかねません。

それまで築いた愛情や信頼関係が全て崩れ、絶望へと変わってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.責任ある立場に昇進したりした場合、頑張ろうと気合いが

努力が報われなかったという心理状況。仕事で新しいプロジェクトを任されたり、責任ある立場に昇進したりした場合、頑張ろうと気合いが入るもの。

自分なりに真剣に努力を積み重ね、時間をかけてリサーチするほか資料作成にも励みます。

そうした努力をしたにも関わらず残念な結果に終わってしまった時は、疲労感も増し生きるのが嫌になることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

警戒していくことも将来的に必要です。ここでは、生きるのが嫌になったときから逆転したいもの、乗り切っていく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。