楽しいと感じないのは危険信号かも知れない、乗り切って前進する術



人生を過ごしていると、楽しいと感じないときがあるもの。そんな何も楽しいと感じない時は、振り返って不安が募ることにもなりかねません。

もちろん毎日同じような人に会って、同じ仕事をしているのがルーティンワークになっている場合も多々あります。

自宅と職場を往復するだけで、休日等も部屋から一歩も出ない。そうしたな変化のない生活では楽しさを感じないのも無理はありません。

また極度の心配性の人は、悪い結果ばかりを想像してしまうことが多く、不安な考えに捉われ何をしても純粋に楽しむことができないことがあります。

但し、自分は普通と思っている人は、ゲームをしても楽しいと感じなくなった時は注意も必要

ここでは、楽しいと感じないのは危険信号かも知れない、乗り切って前進する術を紹介しています。

 

 

 


楽しいと感じないのは危険信号かも知れない、乗り切って前進する術


 

| 1.続いている場合、生活パターンを変え改善してみるという

生活パターンを変えてみるということ。楽しいと感じない日々が続いている場合、生活パターンを変え改善してみるというもの。

そうすれば一日の行動時間が把握でき、自由に使える時間も増えるので、予定も立てやすくなる乗り切って前進する術の一つ。

自分自身の生活習慣に疑問を感じている人は、変えていくことによって様ざまなことに挑戦する、そうしたチャンスも徐々に増えていきます。

 

| 2.整理できるので、落ち着いて自分自身が見つめ直せると

一人旅をしてみるということ。楽しいと感じない時に一人旅をすれば、新しい発見もでき気持ちを整理できるので、落ち着いて自分自身が見つめ直せるというもの。

自分の好物を食べに行ったり、訪れたいと思っていた場所を旅行したりすれば、気持ちが晴れ気分転換にもなる乗り切って前進する術の一つ。

一人旅をする際は、2泊3日以上を計画立案することで、心身ともに充分に休息を取ることができます。

 

| 3.新しい趣味を探してみるのも一つの方法というものです

新しい趣味を探してみるということ。楽しいと感じない時には、これまで挑戦したことがないような、新しい趣味を探してみるのも一つの方法というもの。

子供の頃に挑戦してみたかった物事などがあればチャレンジするのが良く、新しい趣味に向かうことで、楽しいと感じる気持ちを再発見できる能性があります。

これまで休日を自宅で過ごすばかりに人は、クラブ活動や社会人サークルなど、外に出ていくのも乗り切って前進する術の一つ。

 

| 4.久しぶりに長らく合っていない友人と会う機会を設ける

長らく合っていない友人に会ってみるということ。楽しいと感じない毎日が続いている場合、久しぶりに長らく合っていない友人と会う機会を設けるというもの。

そうすることにより、新しい発見を友人から見つけられるかも知れず、最近どんなことを楽しいと感じるのか聞いてみれば参考になります。

また、友人と話すことにより孤独感が解消できるので、日頃の疲れやストレスも緩和する、乗り切って前進する術の一つ。

 

| 5.送っている場合、前向きに転職活動を検討していくという

転職を考えるということ。現在の仕事が原因で楽しいと感じない日々を送っている場合、前向きに転職活動を検討していくというもの。

仕事が原因となっているときは、労働環境が変わらない限り、何をしても楽しいと感じないと悩み続けてしまうことにもなりかねません。

仕事のやり甲斐がないと感じていたり、任せられている仕事量が余りに多いと思うときは、転職を考えるのも乗り切って前進する術の一つ。

 

 

 


何も楽しく感じないには様々な面が見られる、知っておきたい原因面


 

| 1.いる場合、刺激がなく面白味をまったく感じないという

生活に刺激がないということ。仕事にしてもプライベートにしても、同じことを日々繰り返している場合、刺激がなく面白味をまったく感じないというもの。

通勤の経路の順序を少し変えてみるだけで、全く未知のような景色に出会え、それが好奇心を刺激することもあります。

また、ジムなどでも普段のトレーニングルーティンではなく、トレーナーに聞くことで、新しいやり方を取り入れてみるなどします。

 

| 2.せっかくの休日にも出かける気など起きないというもの

仕事で疲れ果てているということ。日々の仕事で疲労がピークに達している場合、せっかくの休日にも出かける気など起きないというもの。

結果的として、何をしても楽しと感じないことになり、それはただ寝転んでいても同じということにもなりかねません。

実際は何しても楽く感じないのではなくて、疲れ過ぎていて何もできていないということが一方の事実です。

 

| 3.心残りがあり、心の底から楽しむことができないという

気がかりなことがあるということ。気がかりなことがあれば、何をしてもどこかで何かの心残りがあり、心の底から楽しむことができないというもの。

自分でも気付かない間にストレスを溜め込んでいる場合もあり、焦燥感や緊張感などは、不眠の原因に発展することにもなりかねません。

できる限り早く原因を取り除くようにして、いつもフラットな状態を維持することが大切です。

 

| 4.人間がいない場合、張り合いがなく喜びを感じないという

共有する人がいないということ。友人をはじめ恋人や家族など、楽しみを共有する人間がいない場合、張り合いがなく喜びを感じないというもの。

楽しい感情だったり嬉しい感情は、他の人間と共有することにより、喜びがさらに増幅します。

共有する人が側にいないことが、何をしても楽しくないと感じる一因かも知れません。

 

 

 


ゲームも楽しいと感じないことがある、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.楽しんでいるのを見て、自分自身と比較して落ち込むと

他の人と比較してしまうということ。SNSで他の人が毎日を輝いた姿で楽しんでいるのを見て、自分自身と比較して落ち込むというもの。

SNSは飾られた世界ということを先ず理解して、実際の生活とは別と切り離して考える、そうしたことが必要になります。

また人の目が気になり堂々と楽しめないタイプは、時には迷惑がかからないよう注意して、羽目を外し思いっきり楽しむことも大切です。

 

| 2.感じないという場合、身体的な注意が必要になるという

病気が隠れているということ。疲れやすく何をしても楽しく感じないという場合、身体的な注意が必要になるというもの。

肝機能低下があったり甲状腺に異常がある時は疲れやすくなり、特に女性はバセドウ病や橋本病など、甲状腺の病気に罹ることも多々あります。

こういった具合に疲れやすいという症状は、深刻な病気が隠れていることもあり、定期検査で隠れた病気などを見逃さないよう心掛けます。

 

| 3.気持ちになり、無気力になって何をしても楽しくないと

失恋直後ということ。失恋直後は世界の終わりのような気持ちになり、無気力になって何をしても楽しくないというもの。

回復するまでの期間は人それぞれですが、いつかは前向きにもなれるので、余り心配し過ぎることはありません。

但し、いつまでも失恋のことに関わっていては回復は遅れるので、新しい趣味を見つけたり新しい恋を探していくことも、将来のためになる重要なポイントです。

 

 

 

まとめ

また不安が募ることにもなりかねません。ここでは、楽しいと感じないのは危険信号かも知れない、乗り切って前進する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。