気分が落ち込んだ時から逆転したいもの、そのときに効果的な具体策



人生を過ごしていると、気分が落ち込んだ時もあるもの。仕事で大きな失敗を犯したりと、ストレスを非常に受けるような出来事があった時などです。

人間はそんな時に、しまったとかまずいことになったなど、ネガティブな認識が生じて、憂鬱になるなどの感情が生まれます。

また気分が落ち込む時は、考え込んでしまったりと行動を起こしますが、それがネガティブな認識と感情をより一層強めることにもなりかねません。

挙句の果てには、もう終わりとか駄目人間とエスカレートしたり、胃痛や動悸などの身体症状も生じかねません。

気分が落ち込む時の対処法と言えば、好きな曲を聞くなどどうするかは個々に違いもありますが、予め知っておけば役に立ちます。

ここでは、気分が落ち込んだ時から逆転したいもの、そのときに効果的な具体策を紹介しています。

 

 

 


気分が落ち込んだ時から逆転したいもの、そのときに効果的な具体策


 

| 1.行なうことで、副交感神経を活性化させていくというもの

深呼吸するということ。気分が落ち込んだ時には、大きくて深い腹式呼吸を行なうことで、副交感神経を活性化させていくというもの。

副交感神経は心拍数だったり血圧を低下させていく休息の自律神経で、1サイクルを行なうだけでも効果的です。

先ずは、最初に空気を吐き出し7つまで数えて吸い込んだ後、7つ数える間息を止め、それからゆっくりと目を閉じた状態で約14秒間ほどで吐き出していく呼吸を繰り返します。

副交感神経を活性化させて気持ちを落ち着かせる深呼吸のエクササイズは、自分の考え方や感じ方を変える切っ掛けにもなる、そのときに効果的な具体策の一つ。

 

| 2.どう受け止めて、どう感じているのかを自己分析をする

言語化して認識を変えるということ。気分が落ち込んだ時には、物事を自分がどう受け止めて、どう感じているのかを自己分析をするというもの。

気分が落ち込んだ切っ掛けの出来事を先ず書き、そのとき自分自身がどう受け止めたかを詳しく分析していくようにします。

何でもリストアップすることで、自らの感情を客観的に整理ができ、ネガティブに傾いた認識を変えやすくなる、そのときに効果的な具体策の一つ。

 

| 3.何を次にすべきかを自分に尋ね、とにかくそれを実践する

何を次にすべきかを自分に尋ねるということ。気分が落ち込んだ時には、何を次にすべきかを自分に尋ね、とにかくそれを実践するというもの。

それが先ずはトイレに行くことだったり水を飲むなど、どれほど単純なことであっても、迷わずそれに向かって専心することが大切です。

落ち込んだまの状態にしないで、次のステップを見つけることで前に進んでいくことが、そのときに効果的な具体策の一つ。

 

| 4.されるのが、リカバリーとして趣味や気晴らしをすると

リカバリーをするということ。気分が落ち込んだ時の回復を早めるために良いとされるのが、リカバリーとして趣味や気晴らしをするというもの。

仕事関係でのコミュニケーション的には左脳を使用することが多く、右脳を使う運動だったり芸術系の趣味が最良ともなります。

左脳と右脳をバランスを取って使っていくことで、ストレスが軽減することにもなる、そのときに効果的な具体策の一つ。

 

| 5.責めてばかりいるよりも、頭を切り換え次に活かすという

失敗を学びに変えるということ。落ち込む一原因もとなった失敗を反省し、自分自身を責めてばかりいるよりも、頭を切り換え次に活かすというもの。

具体的なプロセスは失敗を認め受け入れ、どうすれば同じことにならないか、そうしたことを考えて教訓を得るようにしメモに残します。

こうした教訓のメモをリストにして、慣れていることでも頭だけで考えず確認するのが、そのときに効果的な具体策の一つ。

 

 

 


気分が落ち込んだ時は誰しもあるもの、注意しておきたいその原因面


 

| 1.生命維持に必要な機能関係を無意識に制御しているという

自律神経の乱れということ。人間は交感神経と副交感神経の二つがあり、内臓だったり血管など、生命維持に必要な機能関係を無意識に制御しているというもの。

日常の活動中は、交感神経が働いていて、リラックスしている最中は副交感神経が機能しています。

こうした自律神経のバランスが乱れた場合、自律神経失調症という状態に陥り、だるさだったり食欲低下等の気分の落ち込みに繋がりかねません。

 

| 2.ホルモンバランスの変化など、日によって気分が落ち込む

ホルモンバランスの変化ということ。特に女性は更年期障害だったり月経前でのホルモンバランスの変化など、日によって気分が落ち込むことがあるもの。

生理前のホルモンバランス変化は月経前症候群(PMS)と呼ばれ、月経の始まる1-2週間程度は気持ちが優れないことにもなりかねません。

更年期障害に関していえば、男性にも生じることもあるので、男女を問わずにホルモンバランスの変化で気分が上下することがあります。

 

| 3.食欲がなくなる他、やる気が湧かないなどの症状が表れる

うつ病ということ。うつ病は気分が落ち込む以外にも、眠れなかったり食欲がなくなる他、やる気が湧かないなどの症状が表れるというもの。

様ざまなストレスが積み重なることにより、脳が正しく機能することができなくなり、うつ病を発症しかねません。

うつ病のケースでは、自力では対処できるものではないので、精神科や心療内科等の医師に相談するようにします。

 

| 4.簡単にいうと慢性的にうつ病のような状態というものです

気分変調症ということ。気分変調症は気分が晴れない時期が続く病気で、簡単にいうと慢性的にうつ病のような状態というもの。

うつ病ほど重い病気ではありませんが、長期間に渡って気分が落ち込む等の症状が見られるので、生活に影響が出ることにもなりかねません。

本人的には気分変調症で苦しんでいても、他人から見れば元気そうに見えるという場合もあります。

 

 

 


気分が落ち込んでる時には様々な面が見られる、知っておきたい特徴面


 

| 1.落ち込んだ時には心が不安な感情で一杯になるというもの

不安な気持ちになるということ。心配事が頭から離れなかったり考えが堂々巡りするなど、気分が落ち込んだ時には心が不安な感情で一杯になるというもの。

こうした不安定な気持ちから眠れなくなったりすれば、症状が複合的に悪化していくことにもなりかねません。

 

| 2.対しても関心や興味が全く湧き上がらなくなるというもの

やる気が湧かないということ。気分が落ち込んでる時に見られるのが、やる気が起こらず何事に対しても関心や興味が全く湧き上がらなくなるというもの。

ほかにも集中力が低下して上の空の時間が増えたり、話しかけても返事をしなかったりということもあります。

唐突に大好きな趣味に関心を示さなくなったり、外出好きな人が閉じこもりになった時は警戒が必要です。

 

| 3.疲れがとれないかったり、寝ても疲労が回復しないという

疲れやすいということ。気分が落ち込んだ時に見られるのが、一日中だるく疲れがとれないかったり、寝ても疲労が回復しないというもの。

また気分が落ち込んだときは、食欲に影響が出ることがあり、食欲が極端になくなるほか、逆に過食をしてしまうこともあります。

さらに頭痛などの原因不明の身体的な不調が出てきたり、それが長引いたりすることがあるかも知れません。

 

 

 

まとめ

また憂鬱になるなどの感情が生まれます。ここでは、気分が落ち込んだ時から逆転したいもの、そのときに効果的な具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。