粗忽な人はサイコパスかも知れない、改善に結び付けていく具体的な術



身近なところにも、粗忽な人がいるもの。何かをするときに気が急いて、失敗をしてしまうようなそそっかしいところがある人。

一般的に粗忽者などとも呼ばれ、意味は落語などにも出てくる、何事も深く心に留めることがないおっちょこちょいの人物。

それを側で笑っているのは気楽なものですが、そそっかしさは大変なミスに繋がることもあり、自分に粗忽なところがないか確認することも必要になってきます。

もちろん自分自身が粗忽な人間だからと言って落ち込む必要などはありませんが、治していくことで仕事などにも有益です。

更に、他の人との付き合い方など、人間関係の向上に役立つのは疑いありません。

ここでは、粗忽な人はサイコパスかも知れない、改善に結び付けていく具体的な術を紹介しています。

 

 

 


粗忽な人はサイコパスかも知れない、改善に結び付けていく具体的な術


 

| 1.先に身体が動いている、そういったことが非常に多いと

一度落ち着く癖を付けるということ。粗忽な人は思い込みも激しく、頭で考えるより先に身体が動いている、そういったことが非常に多いというもの。

結果として、深く考えないことが失敗に繋がることも頻繁にあり、防いでいくためにも一度落ち着く癖を付けるのが、改善に結び付けていく具体的な術の一つ。

先ずは何事も着手する以前の段階で、一旦深呼吸をすることで冷静になり、物事を考えてみるように心掛けます。

 

| 2.いわゆる早合点の早忘れ、そういったことが多発すると

人の話しは最後まで聞くということ。粗忽な人に良く見られるのが、いわゆる早合点の早忘れ、そういったことが多発するというもの。

人が言いかけている話しを半分も聞かないで、分かったと出掛けてしまい、到着した先で何するんだという結果にもなりかねません。

何を言うかの大半の想像がついたときでも、明確に認識を突き合わせるよう最後まで話しを聞くのが、改善に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

| 3.時には周りの人たちのペースに合わせ動いてみるという

時には周りの人たちのペースを合わせるということ。粗忽な傾向を直したいケースでは、時には周りの人たちのペースに合わせ動いてみるというもの。

己自身のペースだけで行動しているばかりでは、粗忽な傾向からはなかなか抜け出すようなことはできません。

冷静だったり慎重な人にペースを合わせることで、己自身に足りないところも発見できる、改善に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

| 4.第三者的な目線で己自身をを俯瞰してみることも重要と

己自身を俯瞰して見るということ。粗忽な傾向を治していく方法として、第三者的な目線で己自身をを俯瞰してみることも重要というもの。

周りの人たちに対して、己自身が常に急いでいるや落ち着きがないなど、自覚できるようになれば反対に止めることも可能になるはずです。

己自身を第三者的な目線で見て俯瞰すれば、長所や短所も発見しやすくなり、結果的に成長にも繋がる、改善に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

| 5.なりますが、動く以前の段階で計画を立案するというもの

動く前の段階で計画を立てるということ。粗忽な人には本当に苦手なことになりますが、動く以前の段階で計画を立案するというもの。

こうしたプロセスを飛ばしてしまうと、粗忽な傾向は直らないので、周りの人たちの意見も上手く取り入れ、己自身の考えと合わせ計画を立てます。

案外に計画を立てた後に行動した方が、物事がスムーズに進行することも多々ある、改善に結び付けていく具体的な術の一つ。

 

 

 


粗忽者にはそれなりの由来があるもの、注意しておきたいその心理状態


 

| 1.なっている人は、物事に落ち着いて向かうこともできる

深い考えもなく行動したいという心理状態。じっくり考えた後で行動するのが癖になっている人は、物事に落ち着いて向かうこともできるというもの。

粗忽な人は深く考えることをせず、即行動に移してしまうことも多く、熟孝することよりも早く行動したい、そんな気持ちが強いところが見られます。

考える時間は非常に大事なものですが、そうすると行動することが遅くなってしまうので、時間を粗末にすることになると思ってしまうことになりかねません。

 

| 2.計画があっても、それを忘れてしまうことも頻繁にある

忘れることが多い心理状態。粗忽な人に見られるのが、何かのスケジュールや計画があっても、それを忘れてしまうことも頻繁にあるというもの。

約束をしたケースでも、相手がその場所に現れないので、連絡をしてみれば約束自体を忘れていたということもあり得ます。

粗忽な人は、忘れてしまって申し訳ない気持ちもあるものの、性格だったり変え方も分からず、再度同じ失敗を繰り返すことになりかねません。

 

| 3.早く終わらせたい気持ちが湧き上がってくるというもの

要件を早く終わらせたい心理状態。要件を抱えているケースでは、それがプレッシャーともなって、早く終わらせたい気持ちが湧き上がってくるというもの。

早く終わらせると、その後にリラックスできると希望もあり、粗忽な人は急いで作業をしてしまうということにもなりかねません。

責任を負いたくないという気持ちもあり、要件はいつまでも抱えていたくないということが根底にあります。

 

| 4.ところがあり、変えていくことに抵抗感を持っていると

己自身のペースを守りたい心理状態。粗忽な人に見られるのが、己自身のペースを大切にしたいところがあり、変えていくことに抵抗感を持っているというもの。

周りの人たちに粗忽と思われていても、これが己自身のペースなので仕方がない、そういった開き直ったところもあります。

協調性を考えてみると、己のペースを押し通すのは良くない局面も社会にはあり、注意を受けることになりかねません。

 

 

 


粗忽ものには様ざまな面が見られるもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.落ち着き払って行動していることが滅多いないというもの

落ち着きがないということ。何かしらいつも右往左往していたり、狼狽している場合が多く、落ち着き払って行動していることが滅多いないというもの。

結果的に、粗忽な人は周りの人たちに、騒々しいといったイメージを持たれてしまうことになりかねません。

粗忽な人は、思いついたら慌てふためいて物事に取り掛かることも多く、いつも右往左往しているところが見られます。

 

| 2.リスク管理的な面が非常に疎かになってしまうというもの

ミスが頻繁にあるということ。粗忽な人は深く考えないで、物事に取り組んでしまうので、リスク管理的な面が非常に疎かになってしまうというもの。

こうやればこうなるなども想定もあまりないので、予め注意しておくとか警戒するなどの能力面が少し弱めです。

結果的に、どうしても仕事でミスが頻発してしまうのは当然というもので、粗忽な人に見られる大きな短所の一つです。

 

| 3.周りの人たちが手助けてくれるといった甘えがあるもの

ミスをしても何とかなると考えているということ。粗忽な人は、例え己がミスしたとしても、周りの人たちが手助けてくれるといった甘えがあるもの。

ミスしがちな人間ということは意外に分かっていて、周りの人たちがフォローをしてくれると、トラブルに発展しないで済むと思っています。

粗忽な状態は周囲の人たちに迷惑を掛けてしまうことになり、結果として他者の仕事をストップさせる危険もあります。

 

 

 

まとめ

治していくことで仕事などに有益です。ここでは、粗忽な人はサイコパスかも知れない、改善に結び付けていく具体的な術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。