欲深い人の末路も心配になるもの、過ちを犯さないで付き合う具体策



身の回りを見渡すと、欲深い人がいるもの。どれほど欲しいものを手に入れても、満足をするようなところが見られない人。

異常に金銭的な部分に細かなところがあり、お金に欲深い人は持っていても払わなかったりと、例え1円でも損するのを嫌いかねません。

人の欲深さは相当なもので、その強欲さから品物を独り占めしたり、他人の所有物を奪い取るなど、人間関係のトラブルが起きることにもなりかねません。

欲深くない人から見れば、嫌いは当然で欲深い人は執念深いところがあり、自分自身の欲求を満たすためならどこまでもやり続ける貪欲さを合わせ持っています。

結果として、側に欲深い人がいるようなときには警戒も必要です。

ここでは、欲深い人の末路も心配になるもの、過ちを犯さないで付き合う具体策を紹介しています。

 

 

 


欲深い人の末路も心配になるもの、過ちを犯さないで付き合う具体策


 

| 1.金銭や物品などの貸し借りはしない方が賢明というもの

貸し借りをしないということ。当たり前ということもできますが、欲深い人との間で、金銭や物品などの貸し借りはしない方が賢明というもの。

欲深い人は自己中心的なので、お金を貸せば戻ってこなかったり、借りれば多額の利子を請求されてしまう可能性があります。

後々面倒なことになりかねず、何かを貸して欲しいと頼まれても毅然と断るのが、過ちを犯さないで付き合う具体策の一つ。

 

| 2.考えているので、こちら側も損得勘定で接してみるという

損得勘定で接するということ。欲深い人は自分自身が得することだけを考えているので、こちら側も損得勘定で接してみるというもの。

何かを依頼されたり要望された場合、必ずそれに対しての対価を要求するように心掛けるのが、過ちを犯さないで付き合う具体策の一つ。

相手が納得しないときは引き受けなければ良いだけで、欲深い人から無理な搾取などをされずに済みます。

 

| 3.人間と受け取られ、コントロールしようとすることがある

自らの意見は明確に主張するということ。欲深い人に気を遣い過ぎた場合、意思のない人間と受け取られ、コントロールしようとすることがあるもの。

なので、そんな支配欲が強い欲深い人には、自らの意見を明確に主張し従わないことが重要な、過ちを犯さないで付き合う具体策の一つ。

そうした人に取って自らの意思で行動するタイプはコントロールしにくい存在で、苦手な人間になることで支配されずに済みます。

 

| 4.何故なら見返りを期待されるようなことがあるからという

物を貰わないということ。欲深い人からはできる限り物を貰わない方が良く、何故なら見返りを期待されるようなことがあるからというもの。

お返しをしなければ陰口を叩かれる可能性もあり、お気持ちだけ頂きますと受け取らない方がトラブルを避けられる、過ちを犯さないで付き合う具体策の一つ。

また、欲深い人には自分自身が大切にしている物は絶対に見せないことも重要で、売って欲しいと言われて断っても盗まれる可能性があります。

 

| 5.ところがあり、できる限り一定の距離を取るというもの

一定の距離を取るということ。欲深い人は欲しいものなら、他人のものでも奪おうとするところがあり、できる限り一定の距離を取るというもの。

欲深い人は自分中心的なので非常識な振る舞いをすることがあり、一緒にいれば恥ずかしい思いをするような場合もあります。

思い遣りや人間としての品格もなく、一緒にいても不幸になるばかりなので、一定の距離を置くのが過ちを犯さないで付き合う具体策の一つ。

 

 

 


欲深い人の意味を掴むことも大事なもの、知っておきたいそんな特徴面


 

| 1.損するかで決める、そんな損得勘定が非常に激しいという

損得勘定が激しいということ。欲深い人に見られるのが、物事の判断を得するか損するかで決める、そんな損得勘定が非常に激しいというもの。

付き合う人も損得で判断するところがあり、その人に応対する態度も、損得で大きく変わってくることにもなりかねません。

また、野心家で計算高いところも持っていて、自分自身が利益を得るために、策略を巡らせることも多々あります。

 

| 2.周りの人たちにどう思われようと気にしないというもので

自己中心的ということ。欲深い人に見受けられるのが自己中心的なところで、欲求を満たすためであれば、周りの人たちにどう思われようと気にしないというもの。

自分自身のためなら手段を選ばす実行し、他人は欲しい物を手に入れるための道具でしかありません。

他の人を利用するだけして、利用価値がなくなって邪魔になれば、平気で裏切り恩を仇で返すということにもなりかねません。

 

| 3.執着心があり、支配欲が非常に強いところがあるという

支配欲が強いということ。欲深い人に見られるのが、物や人に対する執着心があり、支配欲が非常に強いところがあるというもの。

好きな人を自分自身のものとして独占したいと思っていたり、他者を思惑通りにコントロールしたいと考えています。

他の人と幸せを共有するような気持ちはなく、好きな相手を束縛するなど、自分だけのものとするべく動きかねません。

 

| 4.満たされていればそれほど多くを欲しがらないというもの

心が満たされていないということ。欲深い人は心が満たされていないところがあり、満たされていればそれほど多くを欲しがらないというもの。

心が満たされていないので、それを金銭だったり物品や名声など、他のもので心の隙間を埋めようとすることにもなりかねません。

その心が満たされていない理由は愛情不足で、どれほど物質的には豊かな暮らしであっても、愛に飢えていては人間はの心が満たされるはずはありません。

 

 

 


欲深き人の心とは何かを知ること、注意しておきたいそんな心理状況


 

| 1.欲しいものをずっと我慢し続けてきた可能性があるという

我慢の反動という心理状況。欲深い人は子供の頃からこれまで、欲しいものをずっと我慢し続けてきた可能性があるというもの。

幼少の頃に親からお菓子だったり漫画やゲームなどを禁止されて育った人は、大人になった途端禁止されていたものに対して執着することがあります。

欲しかったものを自ら手に入れられるようになった場合、それまで我慢していた反動から、際限なく欲しかったものを求めることにもなりかねません。

 

| 2.欲深さとそういった傾向が連動していることもあるもの

被害者意識が強いという心理状況。負けず嫌いなところがある人は、欲深さとそういった傾向が連動していることもあるもの。

負けず嫌いな人は自分自身と他者を比較して、負けたくないという気持ちから、相手が持っているものより良いものを得ようとしかねません。

自分自身の方が優れているという優越感に浸りたいがために、欲深い人間になってしまうことにもなりかねません。

 

| 3.失ったことがあるかも知れず、恐怖心を持っているという

恐怖心があるという心理状況。欲深い人は過去に大事なものを失ったことがあるかも知れず、恐怖心を持っているというもの。

大切な友人だったり恋人や重要なものを失って、それがトラウマとなり心に残っている可能性があります。

もう再び同じ思いをしたくない、そうした気持ちが欲深い傾向として表れることも多々あります。

 

 

 

まとめ

例え1円でも損するのを嫌いかねません。ここでは、欲深い人の末路も心配になるもの、過ちを犯さないで付き合う具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。