価値観が違う人は因果応報かも知れない、上手に解決する付き合い方



身の回りを見渡すと、価値観が違う人がいるもの。一緒にいても普段から意見が対立したり、話を聞いていると苛立ってきて、その場を立ち去りたくなるような人。

意見の相違があったり、居心地が悪い思いをする要因に、価値観が違うという可能性もあります。

価値観が違うという場合、物事に対しての感じ方が会わないのは当たり前で、険悪な雰囲気になってしまうことにもなりかねません。

なので、価値観が違う人がいるとストレスが溜まる一方で、価値観が違う人との付き合い方を踏み外せば、仕事に支障をきたすことにもなりかねません。

考え方や感じ方は人それぞれで違うのが当然で、合わない価値観を感じるときは誰にでもあるものです。

ここでは、価値観が違う人は因果応報かも知れない、上手に解決する付き合い方を紹介しています。

 

 

 


価値観が違う人は因果応報かも知れない、上手に解決する付き合い方


 

| 1.見つかった場合、心理的な距離感は途端に縮まってくる

共通点を探すということ。人間は相手との共通点が見つかった場合、心理的な距離感は途端に縮まってくるというもの。

共通点を探すには相手に質問をして、コミュニケーション量を増やす必要があり、最初は出身地だったり好きな食べ物など、尋ねやすい質問から初めていきます。

会話の情報量が増えれば更なる共通点が見つかり、相手のことが理解できて親しみを覚える、上手に解決する付き合い方の一つ。

 

| 2.先ずは相手の長所を見つけていくようにするというもの

長所に着目するということ。価値観が違う人との関係を良好なものにしたいと考えている場合、先ずは相手の長所を見つけていくようにするというもの。

苦手意識がある人物に対しては、どうしても目線が欠点の方にいきがちですが、良いところに着目するようにしていけばイメージも変わります。

長所を見つけることで自分自身の相手へのイメージを変えていくことが、理解する第一歩にもなる、上手に解決する付き合い方の一つ。

 

| 3.問題だったりトラブルに、見舞われることがあるという

感情的にならないということ。価値観が違う人といる場合、様ざまな場面で問題だったりトラブルに、見舞われることがあるというもの。

相手に対して苛立った態度を示せば、問題がこじれる可能性は高まるので、どんな時でも感情的になることなく冷静な態度で対応するよう心掛けます。

怒ったところで問題はなくならない、そう自分自身を納得させ淡々と行動していくのが、上手に解決する付き合い方の一つ。

 

| 4.自分自身が持っていない、新鮮なものと捉えるようにする

違う発想の意見として捉えるということ。価値観が違う人の意見を、自分自身が持っていない、新鮮なものと捉えるようにするというもの。

価値観が大きく隔たっていることを気にするのではなくて、自分では予想外の新たな視点からの意見を貰った、そんな風にポジティブに考えます。

こうした発想ができれば、相手と主張が異なっても苛立つことなく成長に繋げていける、上手に解決する付き合い方の一つ。

 

| 5.会話をするような機会を減らしていく必要もあるものです

適度な距離を維持するということ。価値観が違う人と距離を取っていくためには、会話をするような機会を減らしていく必要もあるもの。

コミュニケーション量を減らすことが大切で、日常的な挨拶ができていれば、違和感を覚えられることなく距離を取れる、上手に解決する付き合い方の一つ。

注意したいのは距離を取ると決めたからと、無視したり不機嫌な態度を見せないことで、そんな姿勢は周囲の人たちの反感を買うことにもなりかねません。

 

 

 


好きな人と価値観が違うこともあるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.人の意見を聞かないのは、人間関係に支障をきたすという

主張を譲れないということ。自らの考え方に信念を持つのは素晴らしいことですが、自ら主張を通すだけで人の意見を聞かないのは、人間関係に支障をきたすというもの。

こうした人は自己中心的な傾向があり、他人を思い遣ることができないので受け入れることができません。

更に周囲の人たちから気難しい人と受け取られがちで、避けられてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.してしまうと、相手からは敬遠されてしまうことになる

会話バランスが偏っているということ。会話をする際に自分ばかりが話をしてしまうと、相手からは敬遠されてしまうことになるというもの。

人間は自分の話を聞いて貰いたいという欲求がありますが、自分一人が話すだけの会話をしがちな人は、相手に不満を募らせることにもなりかねません。

こういった偏った会話をしてしまう一因に、相手に対して好奇心が湧かないという問題があります。

 

| 3.環境により、人それぞれで大きな影響を受けるというもの

育った環境が大幅に違うということ。人間の価値観は幼少期から成長してきた環境により、人それぞれで大きな影響を受けるというもの。

厳しい親から指導をされて育ってきた人と、自由奔放に子供を育てる方針の親に育てられた人では、当然価値観は大きく異なります。

こうした根本的に価値観が違う人同士が関わる場合、何をするにしても、精神的に疲れ果ててしまうことにもなりかねません。

 

| 4.価値観が合わないと違和感を感じてしまうというものです

金銭面で違和感があるということ。金銭的な面で似たような感覚がない場合、価値観が合わないと違和感を感じてしまうというもの。

金銭面での価値観の違いというのは、結婚後にも大きな意味合いを持ってくる、そんなもっとも重要なことの一つです。

金銭感覚はそう簡単には直らないもので、自分と全然合わないと思った時は、付き合いを考え直した方が良いかも知れません。

 

 

 


価値観が違う人と結婚することもある、知っておきたいその心理状況


 

| 1.わけでもないのに、一緒にいると苛立ってくるような人も

空気が読めないという心理状況。何か迷惑を掛けられたりしたわけでもないのに、一緒にいると苛立ってくるような人もいるもの。

問題発生で焦っている時に、どうでも良いような雑談を振ってきたり、皆で盛り上がっている中で、一人で否定的な意見を言うような人です。

いわゆる空気が読めない人で、周囲を見れない視野の狭さだったり、人に対する共感力が掛けているところがこうした行動に繋がっています。

 

| 2.不機嫌になられると、周囲の人たちも良い気持ちはしない

感情の起伏が激しいという心理状況。一緒に楽しんでいたのに、何かの切っ掛けで急に不機嫌になられると、周囲の人たちも良い気持ちはしないもの。

こうした感情の浮き沈みが激しい人物には、周囲は気を遣わなければならず、振り回されてしまうことにもなりかねません。

感情を素直に表現することも時には必要ですが、場をわきまえることなく感情を振り回せば、自分勝手な人と距離を置かれることにもなりかねません。

 

| 3.違う内容になっていた場合、聞いている側は困惑すると

言動がすぐに変わるという心理状況。先日指示されたことが、唐突に違う内容になっていた場合、聞いている側は困惑するというもの。

その日の気分で言っていることが変わってしまう人は、どう接すれば良いのか分からず、価値観が合わないと思われることにもなりかねません。

上司と部下との関係だけでなく、恋愛関係にあるカップルも、こうした行動を繰り返していれば、疎遠になることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

その場を立ち去りたくなるような人です。ここでは、価値観が違う人は因果応報かも知れない、上手に解決する付き合い方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。