一人で生きる覚悟が必要な時もある、振り切って前進していく具体策



人生を過ごしていると、一人で生きる覚悟が必要な時もあるもの。別れや離婚などを経験すれば、パートナーに頼らず一人で生きる覚悟をする人もいます。

もちろんそれは女性や男性に限ったことではなく、一人で生きていく覚悟を決めたものの、先々の不安や心配が尽きないということにもなりかねません。

簡単に決められることではありませんが、将来的には死ぬまで一人の可能性が高くなるのも踏まえておかなくてはいけません。

そうなれば定年退職後の仕事を失ってからのことも考える必要があり、人生の楽しみを失い一人ぼっちのままで、孤独感を抱えてしまうことにもなります。

なので、一人で生きる覚悟を決めた時は、スキルや力の身に付け方を知っておくことも必要。

ここでは、一人で生きる覚悟が必要な時もある、振り切って前進していく具体策を紹介しています。

 

 

 


一人で生きる覚悟が必要な時もある、振り切って前進していく具体策


 

| 1.問題を自力解決することは、自立した人間である証拠と

一人で生きる自信を持つということ。一人で生きる覚悟は誰にでもできることではなく、自らの問題を自力解決することは、自立した人間である証拠というもの。

自分のために頑張って自信が抱ければ、前向きで楽しい人生を過ごすこともできる、振り切って前進していく具体策の一つ。

一人で生きているという実感を胸に自信を持つことで、自分自身をこれまでよりも好きになることができます。

 

| 2.孤独でもあり、そんな疎外感を解消してくれる存在が友人

交友関係を広げ信頼できる友人を増やすということ。一人で生きるのは自由な反面で孤独でもあり、そんな疎外感を解消してくれる存在が友人というもの。

一人なら自分自身で自由に行動範囲を広げていけるので、仕事の範囲を飛び越えて捉われない交流関係を作るようにするのが、振り切って前進していく具体策の一つ。

年齢や職業など関係のなくネットでのコミュニティ等、枠に捉われない友達作りも、一人で楽しく生きる重要なポイントになります。

 

| 3.金銭を稼ぐことと、生き甲斐を見つけることが大事になる

仕事人間になるということ。一人で生きていくには、自ら生活するだけの金銭を稼ぐことと、生き甲斐を見つけることが大事になるというもの。

両方を得られる上で最も分かりやすいのが仕事で、仕事を真面目にすれば周囲の人たちからの信頼も得られます。

資格などをスキルアップもすれば、収入も上がりやり甲斐も徐々に出てくる、振り切って前進していく具体策の一つ。

 

| 4.自分の楽しみだったり生きている意味を見失いがちという

趣味を見つけ没頭するということ。一人で生きる覚悟をした上で、金銭的なことだけを考えている場合、自分の楽しみだったり生きている意味を見失いがちというもの。

楽しく生ていくことを考える上では、自分自身が楽しめる物事を見つけていくのが、非常に重要なポイントになります。

夢中になれることが見つければストレス解消にもなり、日々の生き甲斐にも繋がる、振り切って前進していく具体策の一つ。

 

| 5.因縁や付き合いに、煩わしさを感じることもあるという

定期的に引っ越しをするということ。一人で生きていく覚悟の中では、他の人との因縁や付き合いに、煩わしさを感じることもあるというもの。

特に、同じ所に住み続けている場合、否が応でも近所付き合いが生じることもあり、他に引越しをすれば新しい視点や世界観の発見にも繋がります。

金銭的な余裕があれば、自らの利便性や環境への関係を優先し自由に引越しするのも、振り切って前進していく具体策の一つ。

 

 

 


一人で生きる覚悟をした時には知っておきたいもの、そうした心構え


 

| 1.誰かの愛情を欲しくなったり、寂しくなったりするもの

どんな時も前向きに考えるということ。一人で生きる覚悟ができていても、たまには誰かの愛情を欲しくなったり、寂しくなったりするもの。

一人で生きることに自信がないという状態になれば、弱気になっても頼る人もなく、どんどん深みに嵌まり込むことにもなりかねません。

常に楽しく生きることを最優先に、ポジティブに明るく振舞うのが、一人で生きる覚悟へと繋がります。

 

| 2.困難やトラブルは全て自力解決しなければならないもの

周りの人たちの意見に流されないということ。一人で生きていくためには、自分自身に降りかかった、困難やトラブルは全て自力解決しなければならないもの。

自分の言動だったり行動の責任は全て請け負うことになり、もしも上手い話に乗り騙されても、助けてくれる人は誰もいません。

結果的に、常に自らを見失わないようにすることが重要で、周囲の意見も良い悪いを見分けて流されないよう心掛けます。

 

| 3.社会生活では他の人と何かしら関わらなければならない

コミュニケーション能力を磨くということ。一人で生きていく上で、社会生活では他の人と何かしら関わらなければならないもの。

仕事関連や日常生活でも、コミュニケーションの能力が高ければ、周囲の人間関係が非常にスムーズになります。

仕事も上手く進むことが多くなり、パートナーはいなくても気の合った友人や同僚は作れ、困った際は助けてくれることがあるかも知れません。

 

| 4.解消するのも大切なことですが、そもそも感じ難くする

自活力を身に付けるということ。一人で生きていくのにストレスは大敵で、上手に解消するのも大切なことですが、そもそも感じ難くするというもの。

そうするためには、受け身の姿勢ではなくて、自分自身が何事も積極的に取り組んでいく自活力が必要となります。

何でも自力でやろうとする自活力を持てば、他人の責任にすることも少なくなり、ストレスを感じ難い身体ができます。

 

 

 


一人で生きる覚悟をする瞬間もあるもの、注意しておきたいその理由


 

| 1.いる場合、異性と恋をすることに自信がないとというもの

失恋や離婚した時。パートナーとの別離が辛い恋愛経験で残っている場合、異性と恋をすることに自信がないとというもの。

特にパートナーの不倫だったり暴力など、理由によっては異性が信じられなくなることにもなりかねません。

恋愛に対して不安や恐怖心を抱いてしまうため、失恋や離婚がトラウマとなり、一人で生きる覚悟をする人も少なくありません。

 

| 2.感じないような人も、一生を一人で過ごそうとするという

結婚が向いてないと感じた時。結婚に対してメリットをまったく感じないような人も、一生を一人で過ごそうとするというもの。

男性なら家族に責任を持ちたくなかったり、女性なら元々家事が苦手で、子どもが嫌いで持ちたくないと考えている人。

結婚しても意味がない、そんな風に思っているので、一人で生きる覚悟をすることにもなりかねません。

 

| 3.全く出会いがなかったり、理想が高く恋人ができないと

全く恋人ができそうにない時。自分は恋をしたいとか付き合いたいと思っていても、全く出会いがなかったり、理想が高く恋人ができないというもの。

自分は恋人ができない間に、周囲の人は結婚して家庭を持ちマイホームを構える、そんな姿を目にすることになります。

一定の年齢を過ぎた頃に全く恋人ができない時は、もう一生異性とは付き合えないと割り切り、一人で生きる覚悟をすることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

力の身に付け方を知っておくことも必要。ここでは、一人で生きる覚悟が必要な時もある、振り切って前進していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。