冷たい人間はソシオパスかも知れない、先々に首尾よく対処していく術



身近なところにも、冷たい人間と呼ばれる人がいるもの。冷静すぎるところがあり、何事に対しても合理的な判断をして、他の人に素っ気ない態度を取る人。

良く東京の人間は冷たいなどと言われますが、実際は温か味を感じない人のことを指し示す場合が多くなります。

これには冷静すぎて温か味を感じない場合もあれば、自分さえ良ければいい独善的な人や、周囲の人たちにどう映ろうが気にもしない人のことを指す時もあります。

冷たい人間と言われたことがある人は、付き合っても優しくしない印象があり、自分から恋愛関係で支障をきたすことにもなりかねません。

なので、身の回りに冷たい人間がいる時は、多少の警戒も必要になります。

ここでは、冷たい人間はソシオパスかも知れない、先々に首尾よく対処していく術を紹介しています。

 

 

 


冷たい人間はソシオパスかも知れない、先々に首尾よく対処していく術


 

| 1.何かをしてあげる行為を、意味がないと捉えているという

当初から期待しないということ。冷たい人間に見られるのが、基本的に他者に対して何かをしてあげる行為を、意味がないと捉えているというもの。

また、他者から助けて貰った際もすぐ忘れてしまいがちで、見返りを期待して何かをすれば後で辛い気持ちになりかねません。

冷たい人間に何かをしてあげる時は何も期待しないことが重要で、何も返ってこないと理解しておけばモヤモヤ感もなくなる、先々に首尾よく対処していく術の一つ。

 

| 2.無理に仲良くしないでビジネスライクな関係を構築する

ビジネスライクな関係を構築するということ。冷たい人間は職場の人と関係を深める意思がないケースも多く、無理に仲良くしないでビジネスライクな関係を構築するというもの。

感情が先に立つタイプの人には難しいかも知れませんが、具体的には合理的な判断に基づいた態度を心掛けるのが、先々に首尾よく対処していく術の一つ。

合理的思考パターンの人は決して珍しくなく、こうした対応をできるようになるのは、社会人としての必須のスキルと言えます。

 

| 3.合理的な思考パターンの持ち主という風に割り切るという

合理的な人と割り切るということ。冷たい人間が気持ちを分かってくれないと嘆くより、合理的な思考パターンの持ち主という風に割り切るというもの。

合理的思考パターンの人を冷たい人間と感じるのは、己自身が物事を感情から判断してしまう傾向にあるということになりかねません。

己自身とは判断基準が違う合理的な考え方の人間と認識した上で、割り切って対応していけば、コミュニケーションギャップによるストレスも減らせる、先々に首尾よく対処していく術の一つ。

 

|  4.場合が多く、何事にしても感情的に動くことは非常に稀と

魅力やメリットを提示するということ。冷たい人間は合理的な考え方にある場合が多く、何事にしても感情的に動くことは非常に稀というもの。

結果として、冷たい人間に手助けて貰ったりサポートして貰いたい時は、相手にとってのメリットや魅力のある点を提示することが、先々に首尾よく対処していく術の一つ。

人情では中々動かないかも知れませんが、損得勘定で動くことは頻繁にあり、相手にとって利益となる点を上手く提示するようにします。

 

| 5.ケースでは、無理に距離を縮めていくような必要性はない

程良い距離感を保つということ。冷たい人間と感じる人と、どうしても相性が合わないケースでは、無理に距離を縮めていくような必要性はないというもの。

但し、全くの無関係という状況では仕事に支障をきたすことにもなり、最低限度のコミュニケーションを図れる程度の関係を保ちます。

程良い距離感を維持しておくことで、互いにストレスを感じることなく過ごせる、先々に首尾よく対処していく術の一つ。

 

 

 


夫が冷たい人間ということも耳にするもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.他人という具合に、自他の区別を明確にしているという

他の人が困っていても手助けしないということ。冷たい人間に見られるのが、己は己で他人は他人という具合に、自他の区別を明確にしているというもの。

他の人は好きにしていたら良いと考えていて、無慈悲なところがあり他人が困っている時にも助けようなどは思いつきません。

頼まれればやることもありますが、それを行っている最中は、概ね面倒臭いと思っていることにもなりかねません。

 

| 2.できるだけ己自身に損害が掛からないよう避けるという

責任を押し付けてくるということ。冷たい人間に見受けられるのが、自己愛が強くて、できるだけ己自身に損害が掛からないよう避けるというもの。

仕事で犯したミスなど、重い責任を大事な時に取らされないよう、責任を他の人間に押し付けることになりかねません。

こうした他者の迷惑を考えない行動をするので、自分勝手な人と受け取られ、責任が大きなプロジェクトは任されません。

 

| 3.己の都合が悪くなれば、すぐに約束を反故にするという

約束をすぐ反故にするということ。他人のことはどうでも良いと考えているので、己の都合が悪くなれば、すぐに約束を反故にするというもの。

他人の気持ちを想像することができないので、約束をしてもすぐに破ってしまうことになりかねません。

何度かドタキャンがあれば、冷たい人間という評価が定まることになり、誰からも誘いが掛からなくなるということになりかねません。

 

| 4.他者と関わらずに生きていくことなどできないというもの

都合の良い時だけ関わり合いになるということ。社会の中で普通に暮らしている以上、他者と関わらずに生きていくことなどできないというもの。

但し、冷たい人間はできる限り損をしないよう他人と関わり合いを避けますが、己自身が必要になった時だけは近付いてきます。

他人が必要としている時でも、己自身が必要と感じていなければ頼みごとは聞いてくれません。

 

 

 


冷たい人間のこと知ることが大事になる、注意しておきたい心理状態


 

| 1.自己愛が大きくて、無慈悲といえるほど人に関心がない

人に関心を持たないという心理状態。冷たい人間に見受けられるのが、自己愛が大きくて、無慈悲といえるほど人に関心がないというもの。

他人が己自身のことをどう思っているかなど、そうした想像力が欠如しているということになりかねません。

また一人の方が気楽と考えているところがあり、他の人との人間関係を良好にしようと努力することもありません。

 

| 2.何かをして貰っても、すぐに忘れてしまいがちというもの

恩を感じないで当たり前と考える心理状態。冷たい人間に見られるのが、人から何かをして貰っても、すぐに忘れてしまいがちというもの。

人から何かをして貰って当たり前という意識もありますが、他人に関心がないので、そのことをすぐ忘れてしまうことになりかねません。

結果的に、他の人に何かして貰っても、何かの返礼をしたいというような考えはありません。

 

| 3.考える、そういったことが当然になっているというもの

思い遣りの心がないという心理状態。冷たい人間に見受けられるのが、物事を自己中心にして考える、そういったことが当然になっているというもの。

他者の立場になり替わって物事を考えることもできず、己自身の振る舞いが他の人に及ぼす結果の想像ができません。

結果的に、他人が困っている時も己自身の都合が悪ければ、手を貸すといったようなことはしません。

 

 

 

まとめ

他の人に対し素っ気ない態度を取る人。ここでは、冷たい人間はソシオパスかも知れない、先々に首尾よく対処していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。