虚言癖のある人はソシオパスかも知れない、問題を起こさない具体策



身の回りを見渡すと、虚言癖のある人がいるもの。身近なところに嘘をつく人がいる場合、どう接したら良いのか困ってしまうことにもなりかねません。

その人の性格だったり性質を表す虚言癖という言葉は、それほど良い印象は持たれないような表現です。

社会生活で不特定多数の人たちと接している場合、人間関係を順調に進めるため、時には自分の本心でないことを言うこともあります。

但し、虚言癖のある人は職場にもいて、明確な理由などなく嘘を吐くことが癖になってしまっているということにもなりかねません。

なので、虚言癖の人との付き合い方には、注意していくのも必要になります。

ここでは、虚言癖のある人はソシオパスかも知れない、問題を起こさない具体策を紹介しています。

 

 

 


虚言癖のある人はソシオパスかも知れない、問題を起こさない具体策


 

| 1.事柄について考えることが減り、平和な気分になるという

言葉を考えすぎないということ。相手の言葉が頭に残っていなければ、その事柄について考えることが減り、平和な気分になるというもの。

相手の言葉を真剣に受け止めすぎ、嘘かどうかなどと考え始めれば、そのことを考える時間が増え、結果的にストレスが溜まってしまうことにもなりかねません。

自分自身にストレスが溜まることは、人生で損するだけということなので、虚言癖のある人の言葉は余り真剣に聞かないようにするのが、問題を起こさない具体策の一つ。

 

| 2.大仰に言ったり、聞いている人に期待を持たせる嘘を吐く

話は鵜呑みにしないということ。虚言癖のある人は、周囲の人たちの人の気を惹きたいという気持ちから、物事を大仰に言ったり、聞いている人に期待を持たせる嘘を吐くもの。

なので、期待して待っていると、後から嘘だと分かり失望することにもなりかねず、話は鵜呑みにしないのが問題を起こさない具体策の一つ。

特に仕事の話だったり他の誰かの噂話のときは、信じ込んでしまったために自分自身に被害が及ぶ可能性もあり、嘘かも知れないと感じたら受け流すようにします。

 

| 3.嘘を吐く人の場合、リアクションに困ることもあるという

冗談っぽく疑いを伝えるということ。仲の良い同僚などが会話の最中に嘘を吐く人の場合、リアクションに困ることもあるというもの。

言っている物事が明らかに嘘だと思った場合、本当なのかと冗談っぽく、疑っている様子を伝えるのも問題を起こさない具体策の一つ。

余りに虚言を重ねて過剰な場合、パーソナリティ障害などの病気が考えられ、様子を見なが判断していくようにします。

 

| 4.虚言癖のある人がいる場合、長期の付き合いになっている

虚言を言わないメリットを伝えるということ。家族をはじめに職場などに虚言癖のある人がいる場合、長期の付き合いになっているもの。

そうした相手とある程度の信頼関係がある時は、虚言を弄したり嘘を吐かないことのメリットを示すのが、問題を起こさない具体策の一つ。

虚言を言わないメリットの伝え方としては、相手からネガティブな情報が出てきた際に、動揺することなく感謝の言葉を言います。

虚言を言うのは、裏に伝え難いことがあるのががほとんどで、ネガティブなことを伝えられ際に、怒らず感謝すれば相手は嘘を吐かないメリットが増します。

 

| 5.混乱させている、そういった自覚が余りないというもの

適切な距離を置くということ。虚言癖のある人は、自分自身の言動が周囲の人たちを混乱させている、そういった自覚が余りないというもの。

共感したりして話を聞きすぎてしまえば、調子に乗ることになり、より嘘を誇張して喋ることにもなりかねません。

虚言癖のある人には、最低限の挨拶だったり業務上のやり取りはするけどプライベートは深く関わらないなど、自分なりのルールを決めるのも、問題を起こさない具体策の一つ。

 

 

 


虚言癖のある人には様ざまな面があるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.承認欲求が強く、大袈裟に話を脚色したりするというもの

目立ちたがり屋ということ。虚言癖のある人は、目立ちたがり屋なところがあり、注目されたいとか凄いと思われたい承認欲求が強く、大袈裟に話を脚色したりするというもの。

職場などでは、組織のリーダーなどに立候補したり、チームワークを重視するような場面で、一人だけで結果を出そうとしかねません。

積極性があるの長所でもありますが、あまりに独善的だと周囲から煙たがれる可能性もあり、人より上に立ちたい思いから虚言癖となることがあります。

 

| 2.秘密にしたいことがある場合、一番嘘や虚言を弄しやすい

隠していることがあるということ。人間は隠したいことや秘密にしたいことがあるケースでは、一番嘘や虚言を弄しやすいというもの。

その嘘が明るみに出ないように、更に重ねていってしまうなど、虚言癖に繋がる可能性もあるので、これ以上迷惑をかけないよう、素直に早い段階で謝ることが重要です。

人間は嘘を吐いていると、動作が挙動不審になったり無意識に視点が揺れ動くなど、上手く隠しおおせたと思っていても、既に相手は分かっているかも知れません。

 

| 3.話しかけられないだけで、仲間外れにされたと被害妄想に

思い込みが激しいということ。虚言癖のある人は、思い込みが激しかったり勘違いする傾向があり、たまたま話しかけられないだけで、仲間外れにされたと被害妄想に陥いるというもの。

ほかにも、少し親切にされたというだけで、この人物は自分に好意がある、そんな風に思い込んで好意を持ってしまうことにもなりかねません。

周囲の人たちに誤解と説明されても聞く耳は持たず、一旦自分が信じ込んだら簡単に変更するなどはしませんが、余りに頻繁な勘違いは呆れられることにもなりかねません。

 

 

 


虚言癖な人は芸能人の中にもいるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.どうでも良く、利用すべき存在として嘘を吐くというもの

自分以外の人間は人はどうでも良いという心理状況。虚言癖のある人に見られるのが、自分以外の人間はどうでも良く、利用すべき存在として嘘を吐くというもの。

嘘が明るみに出れば信頼関係も崩れてしまうので、一般的に嘘を吐いたりするようなことは普通の人であれば躊躇します。

自分以外の人間はどうでも良いと考えている場合、信頼関係が崩れても新しい人を標的にすれば良いと考えるので、息をするように虚言を弄します。

 

| 2.失敗やミスがあった際に、自らの身を守るため嘘を吐く

責められたくないという心理状況。虚言癖のある人に見受けられるのが、失敗やミスがあった際に、自らの身を守るため嘘を吐くというもの。

上手くいっていないような問題が起こった場合、自分自身が責められないよう、虚言を弄することにもなりかねません。

もちろん、明るみに出れば後々面倒なことになりかねませんが、その場しのぎの癖が強い人ほど、取り繕うための嘘を吐きます。

 

| 3.習慣になり過ぎて、もはや自覚や罪悪感を失っていると

自覚や罪悪感がないという心理状況。虚言癖のある人に見られるのが、嘘を吐くことが習慣になり過ぎて、もはや自覚や罪悪感を失っているというもの。

こうした虚言癖のある人は、嘘を指摘されてもなかなか認めることができず、そもそも自分自身が言ったことなど覚えていないということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

良い印象など持たれないような表現です。ここでは、虚言癖のある人はソシオパスかも知れない、問題を起こさない具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。