見た目じゃないところを見せたいもの、内面を磨き前へとばく進する術



日々の暮らしの中で、見た目じゃないという気持ちが湧き上がることがあるもの。人生経験が長い人ほど、人は見た目がものを言うと断言することも多くなります。

男性にしても女性にしても人間は見た目じゃないとされ、外見じゃなく中身で勝負とか人を見た目で判断するななどと言われます。

但し、有名なメラビアンの法則にあるように、見た目は大きく相手に影響を与え、顔つきをはじめ身体つきや目つきに動作には、隠せない内面的なものが表れかねません。

なので、恋愛中の彼氏や彼女で見た目と内面が大きく違う場合、本当の自分自身分が外見に現れていない原因を見つけることも大切。

なぜ意図しないイメージが表れるのか注意が必要です。

ここでは、見た目じゃないところを見せたいもの、内面を磨き前へとばく進する術を紹介しています。

 

 

 


見た目じゃないところを見せたいもの、内面を磨き前へとばく進する術


 

| 1.それを人生のステップアップに結び付くチャンスと捉える

何事も肯定的に捉えるということ。望まないことが起こって危機的な状況になった場合、それを人生のステップアップに結び付くチャンスと捉えるというもの。

物事の背景には必ずと言って良いほど何らかの意味があり、生じた望まないことは、何かを学ぶために起こっていると受け止めるように心掛けます。

これから先の人生を良くするための学び、それを確実に己自身のものとする、内面を磨き前へとばく進する術の一つ。

 

| 2.言葉自体にエネルギーが宿っていると思われているもの

否定的な言葉を口にしないということ。古来から日本では言葉に言霊があるとされるように、言葉自体にエネルギーが宿っていると思われているもの。

結果として、己自身が発した言葉はブーメランの法則で全部が返って来るので、否定的な言葉を口にしないようにするのが、内面を磨き前へとばく進する術の一つ。

逆に良い言葉やポジティブな言葉を他者に掛けるようにすれば、それもまた己自身に跳ね返って来ることも疑いありません。

 

| 3.気配りということは想像力にも繋がっているというもの

想像力を働かせていくということ。相手が何をすれば喜ぶとか何と言えば安心するかなど、気配りということは想像力にも繋がっているというもの。

思い遣りだったりおもてなしなども、想像力の発揮からできることで、人間だけに与えられた素晴らしい能力というものです。

それぞれの能力を個々が発揮して協力し合い、素晴らしい世の中を迎えるためにはどうすれば良いか、そういったことを考えるのも内面を磨き前へとばく進する術の一つ。

 

| 4.古くなった水は一旦捨て去ってからでなければ注げない

物事に固執しないということ。新しい水をコップに注ぎたいと望むケースでは、古くなった水は一旦捨て去ってからでなければ注げないというもの。

新しいものは先ず手放さなくては入らないということで、考え方だったり人間関係などに固執しないで臨機応変に応じることが大事で、柔軟に行動するよう心掛けます。

執着するなどの思いに己自身が縛られてることを理解すればおおらかになる、内面を磨き前へとばく進する術の一つ。

 

| 5.それは当たり前や当然と言った言葉で表されるというもの

感謝の気持ちを持つということ。感謝という言葉の反対語を見てみれば、それは当たり前や当然と言った言葉で表されるというもの。

身体は動くのが当たり前で、毎朝目覚めるのも当たり前など、日々大きな力に生かされて当然と思っている、そすしたことに改めて感謝をします。

周りの人たちのサポートがあり存在できている己自身、そういったことに感謝の念があれば自然に笑顔になる、内面を磨き前へとばく進する術の一つ。

 

 

 

 


人を見た目で判断する人には思うところも、覚えておきたい心理状態


 

| 1.そんな具合に思い込みが激しく決めつけてしまうという

思い込みが非常に激しいという心理状態。見た目がこうなので絶対にこういう人物、そんな具合に思い込みが激しく決めつけてしまうというもの。

己自身の思い込みが激しいので、相手の人柄を深く知る前に、己自身の物差しで判断してしまうことになりかねません。

こういった人は非情に頑固なところもあり、周囲の人たちからのアドバイスなど全く聞かず、突っ走ってしまうことになりかねません。

 

| 2.というより、シンプルに自分好みの外見を重要にしている

外見を重要視するという心理状態。相手の内面を見た目で判断していくというより、シンプルに自分好みの外見を重要にしているというもの。

清潔感があり綺麗な顔立ちの人と出会ったケースでは、素敵な人だと信じてすぐに好きになる、そんな事例は多々あります。

また、見た目が自分好みではないといった理由で、本当に己自身を大切にしてくれる、そういった誠実な相手を逃すことにもなりかねません。

 

| 3.ケースでは、相手に対しても同じようなことを求めると

己自身が外見に気を遣っているという心理状態。己自身が外見に気を遣っているケースでは、相手に対しても同じようなことを求めるというもの。

見た目や身なりを整えなくては落ち着かないという人もいる一方、周りの人たちに不愉快な思いをさせないよう普段から気を配っている人もいます。

見た目で人を判断する人は、髪の毛やだったり肌の手入れのほか、TPOに沿った服装をしているかなど、そういったことを重要視にる可能性もあります。

 

| 4.あるのが、己自身の身を守りたいといった思いというもの

己自身を守りたいという心理状態。見た目で判断する人の心の奥底にあるのが、己自身の身を守りたいといった思いというもの。

己の周りにいる人たちは危険ではないかとか、攻撃してくるリスクがないかどうかなど、注意深く見ていることになりかねません。

実際には見た目じゃない相手の人柄や考え方など、全てが分かるわけではないものの、少しでも安心できる材料が欲しいと考えています。

 

 

 


見た目じゃない男女が結婚することがあるもの、注意したいその特徴面


 

| 1.計画や行動を変えて、物事に一貫性を持たせるというもの

意見が変わらないということ。見た目じゃない人に見られるのが、状況に応じて計画や行動を変えて、物事に一貫性を持たせるというもの。

見た目じゃない人は、今日は良くても明日は駄目というようなことはなく、気分次第で発言の内容が変るようなこともありません。

筋が通った意見があるのが普段の姿で、自らに自信を持っていて、他の人の意見に流されるようなこともありません。

 

| 2.他人に嫌われたくないという気持ちが薄いところがある

嫌われたくない気持ちが薄いということ。見た目じゃない人に見受けられるのが、他人に嫌われたくないという気持ちが薄いところがあるというもの。

誰に向かっても愛想良くはしないようなところがあるので、付き合えば徐々に深い仲になっていく傾向があります。

誰かに嫌われたりとか拒絶されるのを怖がるようなことはなく、己自身を守るために他人の悪口を言ってしまうような真似はしません。

 

| 3.世間体や持っている肩書きには無頓着という傾向にある

人を肩書きで判断しないということ。見た目じゃない人に見られるのが、世間体や持っている肩書きには無頓着という傾向にあるというもの。

その人間の中身という訳ではなく、学歴や役職などで普通は判断しがちですが、相手のステータスが凄くても無条件で受け入れるところはありません。

 

 

 

まとめ

見た目で判断するななどと言われます。ここでは、見た目じゃないところを見せたいもの、内面を磨き前へとばく進する術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。