目障りな人はとても鬱陶しいもの、気にしないで過ごしていく対処法



身の回りを見渡すと、目障りな人がいるもの。人間はどうしても反りが合わず、相手の態度だったり言動によって目障りという人がいます。

会社などの職場にもそんな目障りな人はいて、個人の好みで好き嫌いが出てしまうというのは、ある意味で致し方ないことであるかも知れません。

目障りな人をスピリチュアル的な意味合いでみても、非常に鬱陶しいところがあります。

話を結論から話さなかったり、質問に答えず曖昧な回答をするなど、相手の大事な時間を無駄に消費してしまうところがあります。

相手に対して配慮を持ち合わせず、怒りが芽生えれば消す方法を探し求めることにもなりかねません。

ここでは、目障りな人はとても鬱陶しいもの、気にしないで過ごしていく対処法を紹介しています。

 

 

 


目障りな人はとても鬱陶しいもの、気にしないで過ごしていく対処法


 

| 1.嫌だと感じる点をリストアップしていくのもやり方という

目障りと感じる点をリストアップするということ。目障りな人を気に掛けないようにするには、嫌だと感じる点をリストアップしていくのもやり方というもの。

ノートに書き出しリスト化することで、相手の嫌目障りな点を脳が具体的に整理整頓しやすくなり、その人に対する向き合い方がが自然に見えてくることもあります。

向き合い方を見つけることができると、ストレスの軽減にも繋がる、気にしないで過ごしていく対処法の一つ。

 

| 2.するためには、現在成すべきことに意識を集中させると

成すべきことに意識を集中させるということ。目障りな人を気にしないようにするためには、現在成すべきことに意識を集中させるというもの。

目障りな人が目に入った場合、集中力も途切れてストレスを感じますが、どれほどイライラしても仕事は進まず、相手に惑わされては本末転倒となりかねません。

複数のことを同時に考えるのは基本的に不可能で、現在何をしなければならないかに意識を集中させるのも、気にしないで過ごしていく対処法の一つ。

 

| 3.一旦深呼吸をして無の境地を目指すのも良いやり方という

深呼吸をして無の境地を目指すということ。目障りな人を気に掛けないようにするには、一旦深呼吸をして無の境地を目指すのも良いやり方というもの。

目障りな存在が目に入れば、相手が何をしていても苛立ち感情も乱れがちですが、取り乱したり気分を害したりと損をするのは自分です。

一旦深く深呼吸をしリラックスすることで、不安定になっている気持ちを落ち着かせるのが、気にしないで過ごしていく対処法の一つ。

 

| 4.悪いところではなくて、良い部分を探してみるのもやり方

相手の良い部分を探すということ。心に余裕があるときは、目障りな人の悪い箇所ばかりではなくて、良い部分を探してみるのもやり方というもの。

どんなに目障りで嫌な相手でも、どこかに一つくらいは長所があるはずの、気にしないで過ごしていく対処法の一つ。

遠くから見て好きになれるような一面を見つけ出すことができれば、意外と良いところもあると、以前よりも気にならなくなるのは疑いありません。

 

| 5.程よい距離感を維持するのが重要なポイントというもの

程よい距離感を維持するということ。目障りな人を気にしないようにするには、相手との間に程よい距離感を維持するのが重要なポイントというもの。

相手が同僚の場合、ビジネス的に仕事だけの付き合い方をして、恋愛相談だったりプライベートな秘密は打ち明けないようにします。

上司が目障りという時は、必要以上の会話だったり悩み相談は避け、職場以外での接点は持たないようにするのが、気にしないで過ごしていく対処法の一つ。

 

 

 


目障りな人を消すのは無理があるもの、注意しておきたいその心理状況


 

| 1.似ているところがある、そういった可能性があるという

似ているところがあるという心理状況。目障りな人を気にしてしまう理由にあるのが、その人間が自分自身と似ているところがある、そういった可能性があるというもの。

自分の嫌いなところと似ている相手を見つけた場合、まるで鏡を見ているが如く、自らに対する嫌悪感が湧き上がり目障りになってしまうことがあります。

誰しも自分の嫌な部分はありますが、その点に関する嫌悪感が強すぎれば、相手のことが受け入れられなくなることにもなりかねません。

 

| 2.劣等感を感じ、目障りな人という感覚が芽生えることも

劣等感を感じているという心理状況。ライバル視するような間柄でも、相手の方が優れていて劣等感を感じ、目障りな人という感覚が芽生えることもあるというもの。

そんな時は必要以上に気にしてしまうことになりかねず、自らの状況と比べてしまうこともになり、苛立つ気持ち抑えることができないということにもなりかねません。

自分自身に自信が持てず、駄目な人間とか良いところが何もないなど、自己評価が異常に低くなり、周囲を見る目が歪んでいくことにもなりかねません。

 

| 3.どうしても好きになることができず目障りというものです

酷い仕打ちをされたという心理状況。これまでの二人の間に因縁とも言えるような出来事があって、どうしても好きになることができず目障りというもの。

目に見える形ではなくても、何気ない一言だったり振る舞いなどが要因になることもあり、人間の心は制御できるように見えて、案外小さなことでも傷を負うものです。

自分を傷付けた目障りな人を憎む気持ちが心の奥底にあり、何かで仕返しをしてやりたい、そんなことで気にしてしまっている可能性も稀にあります。

 

 

 


目障りな人には様ざまな面が見られるもの、知っておきたいその特徴面


 

| 1.無駄な動きだったり人を不快にさせるような行動が多い

無駄な動きが多いということ。目障りな人に見られるのが、無駄な動きだったり人を不快にさせるような行動が多いというもの。

目の前で落ち着きがないような動作をされたり、ついてきて欲しくない時に付いてくるなど、その動き方にイライラして鬱陶しいということにもなりかねません。

また何度も確認して来たり、何度も同じ動作を繰り返すなども目障りと思われる可能性があり、心配性な人に多い行動は普通の人間から見ればと不快ということにもなりかねません。

 

| 2.自己中心的な言動で上から目線で物を言うというものです

上から目線ということ。目障りな人に見受けられるのが、人を馬鹿にしたような口調や威圧的な態度など、自己中心的な言動で上から目線で物を言うというもの。

但し、こういった人物は全員に同じ態度で相対する訳ではなく、自分自身よりも弱い立場だったり下の立場と見なした相手にだけ、上から目線で話します。

上司だったり目上の人に向かっては真逆とも言える言動をとって、相手を持ち上げるようなところがあり、尚更目障りな人ということにもなりかねません。

 

|  3.踏み込んでくる、そんなデリカシーがない傾向というもの

デリカシーが全くないということ。目障りな人に見られるのが、プライベート面やデリケートな部分に土足で踏み込んでくる、そんなデリカシーがない傾向というもの。

家庭内の内輪の話や恋愛のことに金銭的な話題などは、いくら親しい間柄でも気を遣うテーマですが、デリカシーがない目障りな人はそんな話題にも切り込んできかねません。

こういった人物は噂話が大好きというところがあり、他人の話を大きくして言い振らし、周囲の人たちから嫌われるということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

そこは非常に鬱陶しいところがあります。ここでは、目障りな人はとても鬱陶しいもの、気にしないで過ごしていく対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。