平凡な人の末路も不安になるもの、先々に向け抜け出していく具体策



人生を過ごしていると、平凡な人を自分に感じることがあるもの。人間は人それぞれですが、稀に印象に残らないなと感じることもあります。

もちろん平凡だと他人に思われることに、コンプレックスを抱く人もいる一方、平凡な人生に憧れる人もいます。

誰しも個々に違った個性だったり特色を持っていますが、一括りに平凡な人と呼ばれた場合、自分は詰まらない人間と不安を覚えることにもなりかねません。

平凡な人生とは何かという問題もありますが、余程の果報に恵まれなければ、途中で挫折しないで当初の予定通りの目標達成とはいきません。

なので、平凡な人生は嫌だと思う場合は覚悟も必要になります。

ここでは、平凡な人の末路も不安になるもの、先々に向け抜け出していく具体策を紹介しています。

 

 

 


平凡な人の末路も不安になるもの、先々に向け抜け出していく具体策


 

| 1.対して、考え直した方が良いということかも知れないもの

先延ばしの原因を考えるということ。何かを先延ばしにすることを思っている場合、現在手を付けていることに対して、考え直した方が良いということかも知れないもの。

振り返れば単に浮かんだアイデアが良くないだけかも知れず、やっている事柄を楽しめていないとか更に学習をした方が良いのかなど、様ざまな点がでてきます。

自分自身の内なる声に耳を傾けるのが大切で、先延ばしにする原因が何なのか、あらゆる角度から検証するのも、先々に向け抜け出していく具体策の一つ。

 

| 2.平凡な人が初対面の人に会った場合、好きか嫌いかという

すぐに人を判断しないということ。優秀な人は2-3秒で正確な判断を下せますが、平凡な人が初対面の人に会った場合、好きか嫌いかという程度のもの。

相手がどういった立場の人でも、できる限り寄り添って考えることが大切で、何も知らない間に相手の噂話を耳に入れても信じないようにします。

平凡な人間だからこそ人選を間違え付き合うことになれば、リスクも一層大きくなりプロセスが必要になる、先々に向け抜け出していく具体策の一つ。

 

| 3.これは良くある誤解で、平凡な人はまったくできないと

シングルタスクにするということ。優秀な人が効率よくマルチタスクをこなせる、これは良くある誤解で、平凡な人はまったくできないというもの。

マルチタスクができる超優秀な人間を除き、ほとんどの人がいわゆる凡人で、シングルタスクの方が遥かに現実的な、先々に向け抜け出していく具体策の一つ。

誰もが常に何かしていなければと考えがちですが、ただ黙って何も頭に思い浮かべない方が良いこともあり、こうしたゼロタスクの有用さも理解しておきます。

 

| 4.先駆けた、素晴らしいアイデアを思い付いたことはない

オリジナルと距離を置くということ。平凡な人はこれまでの人生で、自分独自の世界に先駆けた、素晴らしいアイデアを思い付いたことはないというもの。

但し、オリジナルと距離を置き全く関係のない2つのアイデア、そうしたものを組み合わせると最高のアイデアになる、先々に向け抜け出していく具体策の一つ。

そもそもFacebookはインターネットとストーキングの2つの組み合わせから生まれていて、結果的に世界一とも呼ばれるSNSに成長したのは周知の事実です。

 

| 5.大学を卒業した後で、そのまま億万長者となっている人も

失敗を恐れないということ。ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグなど、大学を卒業した後で、そのまま億万長者となっている人もいるもの。

但し、ほとんどの人は平凡な人間で、優秀な人間となるために努力を積み重ねることはできますが、必ずしもそれが上手くいくとは限りません。

成功から学んでいくことはできますが、失敗から学ぶ方がより簡単で、ミスを恐れないことが、先々に向け抜け出していく具体策の一つ。

 

 

 


平凡な人生を送りたい人も世の中にはいるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.運動ができたり面白い人など、人よりも秀でているから

突出しているところがないということ。人間の印象に残るのは突出しているところがあるからで、運動ができたり面白い人など、人よりも秀でているからというもの。

なのであの人は運動ができる人とか、この人は面白い人などのように、人と特徴が一致しているので印象に残ります。

一方で平凡な人に良く見られるのが、どの分野にしても印象に残らないことで、周囲の人たちと比較した際、特に言うことがない人と認識されています。

 

| 2.突出しているところもない割に、人より劣っている箇所も

劣っている箇所が特にないということ。平凡な人に見られるのが、突出しているところもない割に、人より劣っている箇所も特にないというもの。

突出しているところが印象に残るのなら、劣ってい箇所も残るのが人間で、運動ができる人の一方で全くできない人も心に残ります。

人の印象に残る人は上か下かの2択といえ、平凡な人は印象に残らず、大勢いる中の一人と認識されてしまうことにもなりかねません。

 

| 3.得意とするものだったり特別な趣味を持っていないという

特技や趣味がないということ。平凡な人に見受けられるのが、得意とするものだったり特別な趣味を持っていないというもの。

映画を観たり友人と出掛けたりなど、楽しいと感じるようなことがあっても、当たり前過ぎて普通な印象を与えることにもなりかねません。

趣味だったり特技も個性の一つになるので、平凡な人と思われたくない場合、新しい趣味を探すほか好きな物事を探求したりします。

 

| 4.余り怒ったりする姿を他の人に見せることがないという

怒ったりすることは余りないということ。普通の人の多くは、余り怒ったりする姿を他の人に見せることがないというもの。

事あるごとに怒ったりしている姿を他の人に見せているようでは、それはもはや普通の人の態度からは外れてるとも言えかねません。

マイナスの印象すらも他者に与えることができないので、平凡な人から抜けることができません。

 

 

 


平凡な人間には様ざまな面が見られるもの、注意したいその心理状況


 

| 1.中に入れば、特に印象には残り難く平均的なタイプという

積極的でも消極的でもないという心理状況。平凡と思われる人は数人のグループの中に入れば、特に印象には残り難く平均的なタイプというもの。

印象に残り難いからと全く発言しないこともなく、自らは話さないけれどリアクションはする上、振られれば話すこともあります。

社交的という印象もなければ人見知りといった感じもない、本当に中間なイメージということにもなりかねません。

 

| 2.便乗して話をするか、誰もが納得しそうな話ばかりする

共感を誘う意見が多いという心理状況。平凡な人に見られるのが、誰かの話に共感し便乗して話をするか、誰もが納得しそうな話ばかりするというもの。

変わった話だったり尖った話題に、個性を感じられるような発言がないので、印象も薄く普通な人に受け取られがちです。

会話をする際に、何でも他の人の話に合わせてするような人も平凡と思われやすいです。

 

| 3.それほど大人しくもなくお喋りでもないというものです

大人しくもなくお喋りでもないという心理状況。平凡な人に見受けられるのが、それほど大人しくもなくお喋りでもないというもの。

要するに極端な方向には偏ってなくて、程良いバランスになっているということにもなりかねません。

どちらの性格も嫌われることがあり、この手の人は集団の中にいて、結構な美味しい位置と言えるのかも知れません。

 

 

 

まとめ

それは思う場合は覚悟も必要になります。ここでは、平凡な人の末路も不安になるもの、先々に向け抜け出していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

 

こちらもご覧ください。