楽しくない毎日から逆転したいもの、上手く転換して抜け出していく術



人生を過ごしていると、楽しくない毎日を感じることがあるもの。朝起きてから夜寝るまでの間に同じことの繰り返しでは、楽しくない毎日を感じてしまうことにもなりかねません。

もちろん楽しい日々を送るのはある意味で理想というものですが、ある調査によると日常生活に詰まらなさを覚える、そんな男性の約半数は仕事が原因と回答しています。

そんな楽しくない日常を振り払うために、一時的な快楽だったり楽しみを求めて、ギャンブルやお酒に走ってしまうことにもなりかねません。

お酒やギャンブルというのは、節度を守り楽しむからこそ人生の中の刺激になるもので、度を超えれば生活が苦しくなることに繋がりかねません。

依存性が高いところもあり、深入りしすぎることには注意が必要です。

ここでは、楽しくない毎日から逆転したいもの、上手く転換して抜け出していく術を紹介しています。

 

 

 

 


楽しくない毎日から逆転したいもの、上手く転換して抜け出していく術


 

| 1.それ以外の物事にはあまり興味がない、そういった人も

心躍る趣味を見つけ出すということ。毎日の仕事が楽しく、それ以外の物事にはあまり興味がない、そういった人も世の中にはいるもの。

そこまで仕事に対して打ち込めるのは幸せですが、今の職場が倒産したり定年を迎えた時には、何もすることがなくなってしまう恐怖心に向き合うことになります。

自分自身が熱中できるような、そんな心躍る趣味を見つけ出していくのも、上手く転換して抜け出していく術の一つ。

 

| 2.自己研鑽の時間を設けるのが重要なポイントというもの

自己研鑽の時間を設けるということ。趣味に関することでも仕事のスキルでも構わないので、自己研鑽の時間を設けるのが重要なポイントというもの。

目標へと向かって努力することにより、自分自身の成長を実感できて達成感も味わえる、上手く転換して抜け出していく術の一つ。

自己研鑽を積み上げていけば、こういう事もできるようになりたいなど、ポジティブな考え方も芽生えるようになります。

 

| 3.運動をするなど、健康的な生活リズムで日々を過ごすと

健康的な生活リズムで毎日を過ごすということ。普段から栄養バランスが摂れた食事をしたり、適度な運動をするなど、健康的な生活リズムで日々を過ごすというもの。

昼夜逆転した生活はしないことも重要で、不健康であれば気力を失って、ネガティブな思考パターンに陥ることにもなりかねません。

そんな時は1日に20分程度のウォーキングも充分に効果があり、、早速実践してみるのも、上手く転換して抜け出していく術の一つ。

 

| 4.人生の指針になるような明確な目標を持つというものです

人生の目標を持つということ。自分がどうなりたいとか何をしたいかなど、人生の指針になるような明確な目標を持つというもの。

自分自身のやりたいことだったりなりたいものなどを、思いつくままリストアップするようにして、小さな目標で良いので掲げるようにします。

明確な目標を持つことが楽しくない毎日に刺激を与えることになり、抜け出していくためのマイルストーンともなる、上手く転換して抜け出していく術の一つ。

 

| 5.違った考え方だったり、価値観に出会えることもあると

新たなチャレンジをするということ。新たなチャレンジを始めることで、これまでと違った考え方だったり、価値観に出会えることもあるというもの。

また挑戦を繰り返して目標を達成することで、モチベーションも上がり、更に色々な物事にチャレンジしたいと思えるようになります。

時代の変化だったり新奇なものにも柔軟に対応できるようになり、凝り固まった考えが振り払える、上手く転換して抜け出していく術の一つ。

 

 

 


楽しくない毎日を変えるのは困難かも、知っておきたい詰まらない原因


 

| 1.やりたくないことでも、生活のためにしている人も多い

やりたくない仕事をしているということ。若い頃は嫌な仕事だったりやりたくないことでも、生活のためにしている人も多いというもの。

但し、日常生活が安定してくれば、人付き合いが苦手なのに対面の職についているなど、段々と嫌気が指してくることにもなりかねません。

仕事にやり甲斐や社会的な意義が感じられないなど、ネガティブな感情が湧き起こり生活全体に影響を及ぼすことにもなりかねません。

 

| 2.実現できない場合、楽しくない毎日を感じてしまいがち

仕事とプライベート面のバランスが取れていないということ。理想のワークライフバランスを実現できない場合、楽しくない毎日を感じてしまいがちというもの。

もっと働きたいのに家庭の事情で働けないとか、残業続きで帰宅が遅いなど、理想のバランスというのは人によって個々に異なります。

仕事ばかりの毎日で満足している人もいれば、プライベートの時間が多過ぎて、逆に詰まらないという人も中にはいます。

 

| 3.今の生活に満足できず楽しくない毎日を感じているという

本当にやりたいことを諦めているということ。自分が本当にしたいことや昔からの夢を諦めたことで、今の生活に満足できず楽しくない毎日を感じているというもの。

将来の夢を自由に頭の中に思い描いた子供の頃と違って、物事を現実的に考える必要が大人にはあります。

安定性だったり将来のことを考えて、自分の夢を諦めてしまうということにもなりかねません。

 

| 4.良いか分からずに、楽しくない毎日を感じてしまうという

人生の目標がないということ。仕事の目標がなかったり、プライベートで将来設計が描けていない場合、どのように過ごせば良いか分からずに、楽しくない毎日を感じてしまうというもの。

新人の頃は日々の仕事を覚えることに必死だったり、先輩や上司の姿を見て、ああなりたいと思ったことがあるかも知れません。

それが徐々に仕事に慣れてくるに従い、面白いよりというより詰まらないという気持ちが大きくなることにもなりかねません。

 

 

 


楽しくない日々は嫌なもの、注意したい詰まらないと感じる人の特徴面


 

| 1.対するチャレンジ精神が低く、行動力がないというもの

行動力がないということ。詰まらないと感じる人に見られるのが、新しいことだったり未知のものに対するチャレンジ精神が低く、行動力がないというもの。

自分自身の知らない人ばかりが集う場所が苦手で、初対面の人と出会うことに非常に消極的なところがあります。

自分には不向きかもとかいつか機会があればなど、足踏みをしているうちに、結局出掛けないでいることも頻繁にあります。

 

| 2.失敗することに対する不安や恐怖心が人一倍強いという

失敗に恐怖を感じるということ。楽しくない日々を感じている人に多い傾向に、失敗することに対する不安や恐怖心が人一倍強いというもの。

失敗が怖いので新しい物事に挑戦する機会が少なくなり、そうすれば刺激のない生活になって、楽しくない毎日ということにもなりかねません。

毎日を充実させていくには、失敗に寛容であることが必要で、楽しむくらいのマインドを持つことが重要なポイント。

 

| 3.自信が持てないで、他者と比較してしまうような傾向に

他者と自分をすぐ比較するということ。楽しくない日々を感じている人は、自分に自信が持てないで、他者と比較してしまうような傾向にあるもの。

同期が自分より先に出世して羨ましかったり、他人の才能を見て憧れるということにもなりかねません。

こうした思考が芽生えれば自己肯定感も下がって、自分の人生は不幸だと考えることになり、日々の生活が詰まらないということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

約半数は仕事が原因と回答しています。ここでは、楽しくない毎日から逆転したいもの、上手く転換して抜け出していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。