受け身な人は疲れると言われるもの、転換し自主性を身に付けていく術



人生を過ごしていると、受け身な人に疲れるといった声を耳にすることがあるもの。職場にいる人たちの中にも、自主性がないと感じる人もいます。

そんな受け身な人と一緒に仕事をするのは疲れるとか苦手という人は多く、我が身を振り返って自覚がある場合は警戒が必要ともなりかねません。

自主性の定義を見ると、人が苦手とすることだったり嫌だと敬遠することでも、自分から進んでしようとする姿勢です。

そんな受け身な人に向いている仕事というのもありますが、現実には物事に対して、自らの意志を持ち率先して行動することは滅多にありません。

但し、それでは日常生活の中でリーダーシップの取れる存在にはなれません。

ここでは、受け身な人は疲れると言われるもの、転換し自主性を身に付けていく術を紹介しています。

 

 

 


受け身な人は疲れると言われるもの、転換し自主性を身に付けていく術


 

| 1.追随するというばかりではなく、己自身で物事を選択する

己自身で選択する習慣をつけるということ。受け身な人間を脱却していくには、他人の意見に追随するというばかりではなく、己自身で物事を選択するというもの。

これが欲しいとかこれをしたいなど直感的な問題ということではなく、己自身の意見だったり考え方を実践する習慣をつけるのが、転換し自主性を身に付けていく術の一つ。

どんな些細な出来事であっても、己自身で決めたことを成し遂げ達成感を味わえば、自然な形で自主性も身に付いてきます。

 

| 2.結果として失敗に終わってしまうことは数多くあるという

失敗した後もポシティブに考えていくということ。己自身で考え行動に移したとしても、結果として失敗に終わってしまうことは数多くあるというもの。

但し、悩んでいるばかりでは前に向かって進むことはできず、なぜ失敗したのかを考えて、繰り返すことがないよう自問自答を繰り返すようにします。

そうした行動を実践することで、己自身の考え方をポジティブ方向に向けていくことができる、転換し自主性を身に付けていく術の一つ。

 

| 3.ばかりで過ごしていても、自主性を持つ人間にはなれない

自信を抱くということ。己自身の行動や言動に自信がないからといって、ネガティブな思考ばかりで過ごしていても、自主性を持つ人間にはなれないもの。

己自身から行動を起こさない受け身な人というのは、今まで達成した成功経験が滅多にないので、考えても行動できないと思い込んでいる可能性があります。

失敗を恐れて行動ができないような人生より、何に対しても真向勝負をして挑戦していく姿勢も必要な、転換し自主性を身に付けていく術の一つ。

 

| 4.受け身な人にも、己自身を変えていこうと思うような瞬間

責任感を明確に持つということ。今まで何かあっても全部を人任せにしてきた受け身な人にも、己自身を変えていこうと思うような瞬間もあるもの。

当然ですが何事も己自身で考えて決断し、それに向かって責任感を持ち行動することが大切で、正解かどうかは実践した後でなければ分かりません。

己自身の思いや行動と言動に責任を持つことも、受け身な人を抜け出す近道となる、転換し自主性を身に付けていく術の一つ。

 

| 5.こうした人間になりたいと、主体性のある人を目標にして

主体性がある人を参考にしていくということ。輝く存在に見える人などを参考に、こうした人間になりたいと、主体性のある人を目標にしていくというもの。

主体性がある人は普通の人よりも輝いて見え、普段から受け身とされる人からすれば、真似てみたいのは当然かも知れません。

己自身が理想とするような主体性がある人を見つけて、目標に設定していくのも、転換し自主性を身に付けていく術の一つ。

 

 

 


受け身な人には様ざまな点が見られるもの、注意しておきたい特徴面


 

| 1.自信を持つことができず、そんな己自身が嫌になるという

ネガティブな思考パターンということ。共通して受け身な人に見られるのが、言動に関して自信を持つことができず、そんな己自身が嫌になるというもの。

更に、己自身で問題解決していく能力もないので、他の人にばかりに依存をしてしまう傾向にもなりかねません。

このように、己自身に自信を持つことができず、物事に対しての考え方がネガティブな思考パターンになっているのも受け身な人には良くあります。

 

| 2.敢えて主張することはなく他者の意見に同調するという

すぐに他者の意見に同調するということ。受け身な人に見受けられるのが、本当に己自身が発言したい事柄があっても、敢えて主張することはなく他者の意見に同調するというもの。

他の人に合わせるような行為をまったく苦痛には思っていないところがあり、そういった点では救われているのかも知れません。

やはり己自身の思いや考え方は相手に明確に伝えることが重要で、訓練は欠かさないよう心掛けます。

 

| 3.何かあっても全部を他人任せにするような傾向があると

他人任せの傾向ということ。言ったことに対して責任を負うことを苦手にしている受け身な人は、何かあっても全部を他人任せにするような傾向があるというもの。

仕事関係を見ても己自身から進んでやろうといった姿勢もなく、常に指示を待っている状況ということになりかねません。

特に新しい業務に取り組む時は、失敗した際の責任の所在を思い浮かべると、それ回避しようと逃げてしまうことになりかねません。

 

| 4.強く出世を望むなどはなく、向上心のなさを伺えるという

向上心を持たないということ。受け身な人はビジネス関連にしても、将来に向け強く出世を望むなどはなく、向上心のなさを伺えるというもの。

競争心にも乏しく、リーダーシップが取れる存在になりたいなど、高い目標を掲げるようなことがありません。

先々のことを考えるようなことはなく、現状維持を好むところも、向上心を持たない姿の表れに結び付いています。

 

 

 


受け身な人は女性に多々いるもの、覚えておきたい自主性のない原因面


 

| 1.周りの環境の影響を非常に強く受けているというものです

周りの環境ということ。受け身な人は始めからから主体性がない訳ではなく、周りの環境の影響を非常に強く受けているというもの。

己自身は物事に対して必死で努力していても、取り巻いている周りの人たちがその姿を見て、頑張りすぎないなどと言われたことが大きく影響をしている可能性もあります。

そうしたことが積み重なって、主体的に動いていこうという意欲も失った、そんなこともあるかも知れません。

 

| 2.ミスを指摘された時に萎縮した、そんな経験を持つ人も

気が弱いところがあるということ。己自身の意見だったり行動を正しいと信じていても、ミスを指摘された時に萎縮した、そんな経験を持つ人も多いもの。

気が弱い人は己自身の意見を言うことにより、周囲の人たちを左右する内容の場合、躊躇してしまうことにもなりかねません。

争いごとを避けたいから何も言わないとか、関わらないでおこういった選択肢を取る、そんなことが多いのも受け身な人に見受けられる傾向です。

 

| 3.行動している人は、自然と主体性を養うことができている

己自身で考えて行動するような習慣がないということ。己自身で思考を巡らし行動している人は、自然と主体性を養うことができているというもの。

そうしたことをまったくしない受け身な人は、己自身から行動を起こす習慣もないので、主体性を持てなくなっていることになりかねません。

常に他者に甘えて過ごしてきたような過去が伺えますが、失敗してこそ先々の己自身の成功へと繋がるので、受け身な姿勢は拭い去っていくことも必要です。

 

 

 

まとめ

自分から進んでしようとする姿勢です。ここでは、受け身な人は疲れると言われるもの、転換し自主性を身に付けていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。