心の不倫は地獄絵図への抜道かも知れない、罪悪感を払拭していく術



日々の暮らしの中で、心の不倫を覚える時もあるもの。心の不倫とはパートナーがいる人が、違う異性に対して好意を抱いている状態を言います。

不倫の定義を見れば、自らのパートナー以外と肉体関係を持つことを言うので、心の不倫はそれがなく不倫に当たらないとも言えます。

但し、心の不倫は重大な結果に結び付く危険を孕んでいて、本気になりやすく、行動に表れれば慰謝料請求の対象にもなりかねません。

例を上げると、異性と性的関係を匂わせる、そんな親密とも言える内容のメールを取り交わしていたさいは、肉体関係などなくても不倫と判断されることもあります。

なので、身体の不倫ではなく心の不倫と認識した時は、適切に対処することが、平穏な状態を維持する重要なポイント。

ここでは、心の不倫は地獄絵図への抜道かも知れない、罪悪感を払拭していく術を紹介しています。

 

 

 


心の不倫は地獄絵図への抜道かも知れない、罪悪感を払拭していく術


 

| 1.ケースでは、好意が芽生えやすくもなると言われている

相手との距離を離すということ。人間は特定の人と繰り返し接する機会を持つケースでは、好意が芽生えやすくもなると言われているというもの。

心の不倫では接触する機会も増す度に、心の奥底に押し留めていた感情も大きくなって、気持ちが抑えきれなくなることにもなりかねません。

感情が爆発しないように接触する機会を減らすよう、意中の相手から距離を離して心の平穏を保つのが、罪悪感を払拭していく術の一つ。

 

| 2.現状に対しての不満を募らせていることがあるというもの

パートナーとコミュニケーションを図るということ。心の不倫をしてしまう切っ掛けに、現状に対しての不満を募らせていることがあるというもの。

不満な点を改善することもなく心の不倫をやめても、根本的な問題解決はしていないので、再び陥ってしまう危険性もあります。

心の不倫のループから抜け出していくためにも、パートナーとコミュニケーションを図り不満解消に繋げるのが重要な、罪悪感を払拭していく術の一つ。

 

| 3.忘れられないので、一時的に他の熱い感情で上書きする

熱中できる趣味を見つけるということ。心の不倫のような強い感情は簡単には忘れられないので、一時的に他の熱い感情で上書きするというもの。

何もかも忘れ熱中できるほどの趣味であれば、そうした物事に打ち込むことで感情も上書きできる、罪悪感を払拭していく術の一つ。

結果的に、熱中できる趣味を見つけ出し、心の不倫の状況から一旦解放されることも、効果的なやり方の一つになります。

 

| 4.ケースでは、向上心がなかった人になってしまうという

自分磨きを始めるということ。これまで身だしなみ等に全く気を遣っていなかったというケースでは、向上心がなかった人になってしまうというもの。

パートナーが心の不倫状態に陥っているような場合、自分磨きを始めることでワンランク上を目指すのも、罪悪感を払拭していく術の一つ。

パートナーは変わった己自身に対して新鮮さを感じることになり、心の不倫もやんで元の鞘へと収まる確率が高くなります。

 

| 5.思い遣りがある態度で相対して来なかったというものです

思い遣りを持ちパートナーに相対するということ。今までパートナーの言葉に耳を傾けてこなかったり、思い遣りがある態度で相対して来なかったというもの。

仕事が多忙だったり家事や子育てに忙しいなどの理由で、軽視していたような覚えがあるなら、先ずは2人の時間を大切にする工夫をしてみます。

そうすることにより再び新鮮さが芽生えれば、心の不倫浮気相手を互いの心から追い出せる切っ掛けにもなる、罪悪感を払拭していく術の一つ。

 

 

 


心の不倫は職場デモ見られるもの、覚えておきたいそのときのサイン


 

| 1.心が動いているので、スキンシップをするのを嫌悪する

スキンシップを嫌悪するということ。心の不倫をしている時は、相手の方へと心が動いているので、スキンシップをするのを嫌悪するようになるというもの。

スキンシップは心の不倫の相手に対してしたい、そういった感情が湧き上がり強まっている状態だからです。

急にパートナーがスキンシップを嫌がる素振りを見せた時は、一先ず心の不倫を疑ってみる必要が高まるということかも知れません。

 

| 2.急に気を配るようになった時は、心の不倫の可能性なども

身だしなみに気を配るということ。これまで身だしなみには無頓着なパートナーが、急に気を配るようになった時は、心の不倫の可能性なども考えられるというもの。

心の不倫の相手とならどこでどうなっても良い、そんな具合に準備を整えている、そういった推測ができるということになりかねません。

こうして心の不倫が表立ってくると、やがて本気の不倫へと進展する可能性が高いため、そうなる前にストップするような対策を行う必要もあります。

 

| 3.可能性が否めないのが、急に人の話ばかりを喋り始める

人の話ばかりするということ。心の不倫の前兆という可能性が否めないのが、急に人の話ばかりを喋り始めるというもの。

例を上げると、一緒にランチをしたとか、趣味を真似してみよう思っているなど、相手の名前が数多く出てきます。

こうやってパートナーに話している名前の人が、心の不倫の相手である、そうした可能性も非常に高いということになりかねません。

 

| 4.己は己で他人は他人など、素っ気ない態度になるという

心の距離感を感じるということ。話をしても乗ってこなかったり、己は己で他人は他人など、素っ気ない態度になるというもの。

こういった人を軽視したような振る舞いは、パートナーが心の不倫に陥っている可能性も高くなります。

異性の虜になっていると、心ここにあらずという状態になり、徐々に心の距離感を感じることになりかねません。

 

 

 


心の不倫とは何かも問題になるもの、注意しておきたいその危険な理由


 

| 1.あの人が素敵と思う程度から始まるかも知れないという

本気の不倫になりやすいということ。心の不倫というのは最初は胸の内で、あの人が素敵と思う程度から始まるかも知れないというもの。

但し、そのうち心の奥底でイメージが徐々に膨らんでしまうと、相手に対する思いが募り、ついには不倫へ発展してしまう危険性があります。

心の不倫相手が浮気症といったケースも稀にあり、誘いに乗って不倫してしまうということは珍しくはありません。

 

| 2.そうしたことが分かっても、肉体関係がない以上責め難い

パートナーは責め難いということ。別の異性にパートナーが心を奪われている、そうしたことが分かっても、肉体関係がない以上責め難いというもの。

ここに落とし穴とも言うべき点が隠されていて、パートナーから責められなければ何を考えても良いということになりかねません。

そういった状況が進行すれば、ますます燃え上がることにもなって、実際に不倫へと発展することにもなりかねません。

 

| 3.本気の恋へと進展して不倫へ至ってしまうことがあると

離婚の危険があるということ。心の不倫が段々と心の中で盛り上がり、本気の恋へと進展して不倫へ至ってしまうことがあるというもの。

こういった状況は、離婚も頭の隅に置いて、その後の行動をしなければならなくなるといったことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

そんな好意を抱いている状態を言います。ここでは、心の不倫は地獄絵図への抜道かも知れない、罪悪感を払拭していく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。