自分の存在価値を掴んで逆転に繋げたいもの、上手く見つけ出す具体策



人生を過ごしていると、自分の存在価値がわからないと思うこともあるもの。自分には存在価値がないとか、必要とされていないという無価値感を覚える時。

自分の存在価値がない感覚を無価値感といいますが、これは子供の頃から自己承認欲求を満たされなかった人ほど、その苦しさに苛まれることにもなりかねません。

自分には存在価値がないというような負の経験値だったり心の傷がある限り、どれほどポジティブな自己暗示をかけても自分自身は説得できません。

病気だったりうつ症状によって自己無価値感は高まって、更に抑うつ状態が酷くなるというような悪循環に嵌まり込むことになりかねません。

なので、自分の存在価値を高めることが非常に重要なポイントにもなってきます。

ここでは、自分の存在価値を掴んで逆転に繋げたいもの、上手く見つけ出す具体策を紹介しています。

 

 

 


自分の存在価値を掴んで逆転に繋げたいもの、上手く見つけ出す具体策


 

| 1.考えても、それを決めるのは自分ではなく赤の他人という

認めて欲しい思いを脇に置くということ。他者に認めて欲しいといくら考えても、それを決めるのは自分ではなく赤の他人というもの

そんな中、全員に認めて貰えなければ存在価値がない、そんな風に考えていれば、いつまで経っても自分の存在価値など認めることはできません。

なので、自分がする貢献を周囲の人たちが評価しようがしまいが、やろうとした自らに価値がある、そんな考えを先ず持つことが、上手く見つけ出す具体策の一つ。

貢献しようと行動に移すことは素晴らしく、何度も行動を起こしていけば、そのうちの何度目かには本当の貢献になります。

 

| 2.考える場合、些細な長所を認めることができないという

ハードルを下げるということ。高い能力がなければ駄目だとか、目に見える大きな貢献をしなければなどと考える場合、些細な長所を認めることができないというもの。

こういった態度では、いつまで経っても自分の存在価値を認められず、苦しい気持ちになって当たり前ということにもなりかねません。

逆に、あらゆる面のハードルを下げることにより、ほんの些細なことで自分の存在価値が認められるようになる、上手く見つけ出す具体策の一つ。

 

| 3.行動だったり発言などで、誰かに喜ばれたこともあると

感謝された事柄を振り返るということ。現在までの人生で感謝された事柄を振り返れば、行動だったり発言などで、誰かに喜ばれたこともあるというもの。

悩みの相談に真剣に乗って感謝されたり、同僚の失敗をフォローして感謝されたりなど、価値の提供ができたということです。

損得勘定もなくしたことは、当たり前の行動と考えがちですが、そんな何気ない動きの中に自分の存在価値がある、上手く見つけ出す具体策の一つ。

 

| 4.自分自身は他の誰かにとって、とても価値のある存在と

考え方を変えるということ。平凡に日常生活を過ごしているだけでも、自分自身は他の誰かにとって、とても価値のある存在というもの。

自らが普通に行なっている動きによって、恩恵を受けている人たちは大勢いて、生きているだけでも充分自分の存在価値はあるということです。

価値という響きが特別なものを思い浮かべさせますが、考え方を変えるとハードルも下がる、上手く見つけ出す具体策の一つ。

 

| 5.持てない場合、新しいことにチャレンジするのが効果的

新しいことにチャレンジするということ。なかなか自分の存在価値を見出せず自信が持てない場合、新しいことにチャレンジするのが効果的というもの。

これまでに経験したことがない物事や、普段の生活環境とは別の場所に、自分の存在価値が感じられることはいくらでもある、上手く見つけ出す具体策の一つ。

自分の存在価値がないと思うのなら、これから新しく作ったり、自分の価値が感じられるような場所へと移動するのも一手です。

 

 

 


自分の存在価値ないは困りもの、注意したい自己肯定感の低い人の特徴


 

| 1.他の人を信頼できない状態へと陥りやすくなるというもの

他人を信頼できないということ。自分の存在価値が感じられない場合、他の人を信頼できない状態へと陥りやすくなるというもの。

周りの人たちの褒め言葉を素直には受け取れず、なぜ褒めてくれるのだろうとか、何か裏があるのではと疑ってしまうことにもなりかねません。

相手側が信頼されていないと感じ取れば、人間関係で距離ができてしまうことにもなりかねません。

 

| 2.失敗への恐怖心から挑戦ができないということもあるもの

失敗への恐怖心があるということ。自分自身への自信が低下している場合、失敗への恐怖心から挑戦ができないということもあるもの。

チャンスが訪れても、自分にはできないとかどうせ失敗するなど、ネガティブに考えてしまい一歩踏み出せないことにもなりかねません。

仕事では消極的な人間に見えれば低い評価にも繋がりやすく、勿体ないような場面があるかも知れません。

 

| 3.役に立たない人間は価値がない、そんな風に悲観しがち

自信がないということ。ありのままの自分が受け入れられない場合、人の役に立たない人間は価値がない、そんな風に悲観しがちというもの。

周りの人たちから見れば非常に優秀に見える人であっても、自己肯定感が低ければ高評価を素直に受け止められなくなるということにもなりかねません。

また、自信のなさから自らと他者を比較して劣等感を持ったり、自分を犠牲にして他の人に尽くすことにもなりかねません。

 

| 4.という場合、他人の意見だったり価値観に合わせがちと

他人の価値観を優先しがちということ。自分自身の意見に自信を持てないという場合、他人の意見だったり価値観に合わせがちというもの。

協調性は非常に大事なことですが、相手に合わせてばかりいれば、返って窮屈を感じることにもなりかねません。

心の奥底で、合わせていれば安心とか失敗した際も責任を取らなくて済むなど、相手に依存しているということにもなりかねません。

 

 

 


自分の存在価値ないのは夫婦のもあるもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.自己肯定感の形成に非常に大きく関係してくるというもの

家庭環境の影響という心理状況。生まれ育った家庭環境が、自己肯定感の形成に非常に大きく関係してくるというもの。

厳しい親に育てられたとか兄弟姉妹と比較されたりなど、抑圧されたような経験があれば、自分の気持ちを抑えてしまうことにもなりかねません。

このように幼少期に受けた影響というのは非常に根深いので、時間をかけてながら向き合っていくことが重要です。

 

| 2.ある場合、自己肯定感が低くなってしまいやすいという

トラウマの影響という心理状況。家庭環境以外に過去に理不尽ないじめなどのトラウマがある場合、自己肯定感が低くなってしまいやすいというもの。

本当は自由に行動したいと考えていても、2度と辛い目に遭いたくないといった恐怖心があると、自己防衛へと走るのも無理もありません。

トラウマを克服したい時は、自らの本心とじっくりと向き合い、新たな成功体験を積み重ねながら癒していくようにします。

 

| 3.納得できない部分へのコンプレックスからくることもある

コンプレックスを抱えているという心理状況。容姿だったり学歴など、自分に対して納得できない部分へのコンプレックスからくることもあるもの。

自信のなさから他の人が信用できず、沢山の人たちに賞賛されても、心が満たされないということにもなりかねません。

コンプレックスを抜け出したい時は、自分を客観的に見たり、似た悩みを抱えている人と接したりすれば改善できる可能性もあります。

 

 

 

まとめ

また重要なポイントにもなってきます。ここでは、自分の存在価値を掴んで逆転に繋げたいもの、上手く見つけ出す具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。