あざとい女は職場で狡猾なところもある、首尾よく相対していく対処法



身近なところで、あざとい女は職場などにもいるもの。抜け目がなくずる賢いところがあり、自分自身の利益は先ず受け取りを忘れないような女性。

こうしたあざとい女性は頭の回転が早く、計算高いところがあり、場合によっては様ざまな駆け引きに繋がりかねません。

職場のあざとい女性はバカな女などとも言われることもあり、人によりある程度の個人差もありますが、全体的にみれば誤魔化すやり方に長じています。

あざとい女は自分自身が対応できる範囲でも、わざと知らない振りをすることも多く、何も分からないような態度を取り男性の自己顕示欲を満たすこともあります。

これは問題が生じた際も責任を取ることなく、言い訳に使えることにもなりかねません。

ここでは、あざとい女は職場で狡猾なところもある、首尾よく相対していく対処法を紹介しています。

 

 

 


あざとい女は職場で狡猾なところもある、首尾よく相対していく対処法


 

| 1.それがその人のパーソナリティーの全部ではないという

目を長い部分に向けるということ。あざとい女性は抜け目がない一面を持っていますが、それがその人のパーソナリティーの全部ではないというもの。

人間は誰でも多面性があり、どれほどあざとい女性といっても、人に親切だったり約束を守るなど、長い部分も持っていることに疑いはありません。

身近にあざとい女性がいる場合、その点ばかりに注目してしまい不愉快な思いも多くなりますが、相手を変えることはできなくても、己自身の意識を変換することはできます。

長い部分に注目するようにすれば、意識することにより見方も変わってくる、首尾よく相対していく対処法の一つ。

 

| 2.取り巻きのような人たちも何人かは側にいるというもの

周りの人たちを味方につけておくということ。あざとい女性の周りを良く見渡せば、取り巻きのような人たちも何人かは側にいるというもの。

結果として、己自身も周りの人たちを味方につけておく努力が必要で、1人切りでいれば個人攻撃を受けてしまうということにもなりかねません。

前もって相談相手を探し出しておくことが先決で、何かあった時には報告して、あざとい女性の嫌がらせを交わしていく、首尾よく相対していく対処法の一つ。

またあざとい女性は己自身より頭の良い人物を避ける傾向にあり、感情的にならないように、淡々とした冷静な応対を心掛けます。

 

| 3.どうしても深く関わりを持たなければならないこともある

指摘することで不快感を伝えるということ。あざとい女性が近い場所にいる時や、どうしても深く関わりを持たなければならない

そういった時は、実害を受けてしまうようなこともあって、ストレスが蓄積して仕方がないということになりかねません。

そんな場合は当人に対して明確に嫌な思いをしているのを伝えますが、具体的にあざとい言動を指摘していくのが、首尾よく相対していく対処法の一つ。

あざとい女性は、己自身が他者からそう受け取られていることも自覚していないことが多く、本人に直接的に不快感を伝えるのは有効です。

 

| 4.そんな人とは関わり合いを避けることが一番というもの

できる限り関わり合いを避けるということ。あざとい女性の言うことを聞いていると、不愉快になるばかりということもあって、そんな人とは関わり合いを避けることが一番というもの。

身近にそんなあざとい女性がいる時は、その人のあざとさを感じているのは己だけではなく、できる限り距離を離して関わらないようにします。

但し、職場にいる同僚などは、仕事上の意思疎通を図る必要があって、全くコンタクトをしないという訳にはいきません。

そんな時は、必要となるようなコミュニケーション以外は、できるだけ話をしないようにするのも、首尾よく相対していく対処法の一つ。

 

 

 


そこには様々な面が見られるもの、注意しておきたいあざとい女の特徴


 

| 1.低く見せ、できない振りだったり弱い振りをするという

できない振りをすること。あざとい女性に良く見られるのが、わざと己自身を実体より低く見せ、できない振りだったり弱い振りをするというもの。

上司から一定量の仕事を依頼されたケースでは、己自身の能力ならこの程度は一人でも仕上げられる、そんな具合に思っても他人には言いません

同僚の男性がその仕事量を目にして、一人で仕上げられるかと聞いてきた時は、少し自信がありませんと答えてしまうこともあります。

 

| 2.などに応じて、その態度だったり接し方を変えるという

人により態度を変えるということ。あざとい女性に良く見受けられるのが、相手と己自身の関係などに応じて、その態度だったり接し方を変えるというもの。

あざとい女性は損得を考えながら行動するようなところがあり、損になりそうであれば手を出しませんが、利益になりそうと計算したことは積極的に行います。

そうした損得勘定が癖にもなっているところが人によって態度を変える、そんな態度に密接に繋がっているということになりかねません。

 

| 3.あざとい女性にはまさに最高の武器にもなるというもの

涙を有効に利用するということ。涙は女の武器という言葉もありますが、あざとい女性にはまさに最高の武器にもなるというもの。

職場で同僚に傷付くようなことを言われた時は、あざとい女性はわざと席を外し部屋の片隅へと移動、そこで静かに涙を見せることになります。

そうした様子を見ていると、他の男性の同僚からすれば、可哀そうにと感じて同情することになりかねません。

 

| 4.あげられるのが、良く男性を見る目を持っているという

男性を見る目を持っているということ。あざとい女性の最も感じる要素にあげられるのが、良く男性を見る目を持っているというもの。

第一印象からインスピレーションを感じることも多く、男性の言葉や見た目など、表面的なところからも判断できる能力があります。

プライベートや恋愛を含めて、沢山の悩みを抱えている女性が、あざとさを武器を使って、なりふり構わず男性を誘惑することもあります。

 

 

 


あざとい女の意味を知ることが大事、覚えておきたい男性側の心理状態


 

| 1.対応に男性が思うのは、それほどは悪い気はしないという

悪い気はしないという男性側の心理状態。あざとい女性の対応に男性が思うのは、それほどは悪い気はしないというもの。

何らかの直接的な被害があれば別ですが、特別大きな影響などを受けていなければ、悪い印象を持つことは余りありません。

何となく良い人と受け入れるようなこともありますが、それ以上はさほど気にも掛けないということになりかねません。

 

| 2.裏があるかもなどと、推察するような男性もいるという

何か裏があるかもという男性側の心理状態。親切過ぎる行動には何か裏があるかもなどと、推察するような男性もいるというもの。

これほど優しいのは、後になって何か要求されるのでは、そんな具合にあざとい女性の態度を見て警戒心を強める男性もいます。

表面的なことに関しては、騙されないように境界ラインを明確にしているのかも知れません。

 

| 3.振る舞いをするのか、全く意味が理解できず混乱している

何を考えているか理解できないという男性側の心理状態。何のためにそうした振る舞いをするのか、全く意味が理解できず混乱しているというもの。

掴みどころのない態度に振り回されていて、どういう対応をすれば良いのか分からず困惑している状態です。

 

 

 

まとめ

それは誤魔化すやり方に長じています。ここでは、あざとい女は職場で狡猾なところもある、首尾よく相対していく対処法を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。