打たれ弱いのは仕事でも相当に困るもの、そつなく対峙していく具体策



身近なところにも、打たれ弱いところがあり仕事で困る人がいるもの。そんな打たれ弱い人は仕事でミスを犯し非難を受けた場合、忍耐力がないので甚だしく落ち込むことにもなりかねません。

他の人から批判や非難をされたり攻撃されると、誰でもショックを受けたり傷付くもので、こういった反応自体はごく自然なものです。

但し、打たれ弱い人は気にしても仕方がないことで、一方で割り切ることも必要な物事を気にしてしまう一面があります。

こういったことで打たれ弱いところがある人は仕事ができないとも言われ、周囲の人たちに軽視されることにもなりかねません。

打たれ弱い人が増えたとされる昨今、側にいる時には注意も必要です。

ここでは、打たれ弱いのは仕事でも相当に困るもの、そつなく対峙していく具体策を紹介しています。

 

 

 


打たれ弱いのは仕事でも相当に困るもの、そつなく対峙していく具体策


 

| 1.他者から掛けられる言葉に、異常に敏感なところもある

言い方に配慮するということ。打たれ弱い人は仕事で何かあったケースでも、他者から掛けられる言葉に、異常に敏感なところもあるというもの。

結果的に、多少なりとも厳しい言い方をしてしまうと、すぐに大きなショックを受けて、落ち込んでしまうことになりかねません。

打たれ弱い人に向かって仕事上の指摘や注意をしたい時は、こうして貰えると嬉しいなど、できる限り角が立たないような言い方を意識するのが、そつなく対峙していく具体策の一つ。

 

| 2.なりがちですが、本人は苦しくて思い悩んでいたりもする

尊重していくということ。打たれ弱いのは仕事では甘えなのでは、そんな風に考えることにもなりがちですが、本人は苦しくて思い悩んでいたりもするもの。

頭の中では分かっていても変えられない状況で、いつか将来的には己自身を変えたいと願っているようなところもあります。

そういった状況下にあることを十分に理解して、尊重していくよう心掛けるのも、そつなく対峙していく具体策の一つ。

 

| 3.己自身からは言い出せないことも多々あるというものです

話を聞き出していくということ。打たれ弱い人は仕事でも引っ込み思案なところがあり、言いたいことがあっても、己自身からは言い出せないことも多々あるというもの。

会話の最中に理解していないと感じたケースでは、さり気ない雰囲気でどう思うなど意見を聞き出すように心掛けるのも、そつなく対峙していく具体策の一つ。

無理に味方をする行動はしなくても、打たれ弱い人が仕事で少しでも発言する、そんな機会を増やしていく工夫も必要になります。

 

| 4.リフレッシュに誘ってみることも一つのアイデアという

リフレッシュに誘うということ。落ち込みやすいところがある打たれ弱い友人や同僚には、こちら側からリフレッシュに誘ってみることも一つのアイデアというもの。

仕事を早めに切り上げランチへ行こうと誘ってみたり、付近を散歩してみたりするのも、そつなく対峙していく具体策の一つ。

打たれ弱い人は、気分が落ち込んでしまえば視野が異常に狭くなりがちなので、気分転換するのは手っ取り早い方法になります。

 

| 5.己自身から積極的に話し掛ける勇気がそれほどないという

話しやすい雰囲気を設けるということ。打たれ弱い人は仕事関連でも、己自身から積極的に話し掛ける勇気がそれほどないというもの。

ニュートラルな態度を意識することが大事で、良いときは良くて駄目ときは駄目と、そうした常に変わらない態度というのは相手に安心感を与えます。

下らないことでも安心して話せる雰囲気を設ければ、関係性も一層スムーズになる、そつなく対峙していく具体策の一つ。

 

 

 


仕事が辛いのは打たれ弱いところがあるから、覚えておきたい特徴面


 

| 1.ところがあり、己自身の明確な考え方を持っていないと

己自身に考えがないということ。打たれ弱い人に仕事で見られるのが、気の小さなところがあり、己自身の明確な考え方を持っていないというもの。

他人に批判されるのが恐いので、己自身の意見は口にしなかったり、常に相手の顔色を伺ってしまうところがあります。

普段から己自身の中にしっかりとした意思や自分軸がないので、トラブルや非難に弱い部分があるのかも知れません。

 

| 2.物事をミスしてしまう、そうしたことは誰しもあるという

ミスを引き摺るということ。仕事関係で遅刻してしまったり、依頼された物事をミスしてしまう、そうしたことは誰しもあるというもの。

普通の人は、起きてしまった物事は仕方がないと、気持ちを立て直していくこともできますが、打たれ弱い人はなかなか仕事に復帰することができません。

暗い気持ちを1日中引き摺ってしまい、一つのことに捉われることも多く、それが打たれ弱いという由縁かも知れません。

 

| 3.小さなことでも傷付いたり、気持ちが沈み込みやすいと

ネガティブで気持ちが沈み込みやすいということ。打たれ弱い人で仕事にあるのが、小さなことでも傷付いたり、気持ちが沈み込みやすいというもの。

ネガティブな思考パターンで他人から言われたことに関して悪い方向に受け止めるほか、少し指摘されただけで委縮することになりかねません。

普段の生活からネガティブマインドなところがあり、何か問題が生じれば簡単に沈み込んでしまうといったことにもなりかねません。

 

| 4.厳しい助言などは素直に受け止めれられないというもの

叱られた時に受け止めれられないということ。打たれ弱い人で仕事に見られるのが、厳しい助言などは素直に受け止めれられないというもの。

これは叱られた理由を受け入れる度量がなかったり、非難や文句など指摘されたこと自体を関係ないと、無視しようとするような傾向があるからです。

人としての器が小さい、そんな言い方にもなりますが、理由よっては叱られたショックの方が大きくて、受け止められないということになりかねません。

 

 

 


打たれ弱い人には反対に適職もあるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.ところがあり、ストレスが蓄積しやすい傾向があるという

ストレスが蓄積しやすいといった心理状態。打たれ弱い人は職場などで仕事で嫌なことがあったケースでは、我慢してしまうところがあり、ストレスが蓄積しやすい傾向があるというもの。

そんな不安感を他人に相談したりするほか、スポーツや大好きな趣味などの、他のことでストレスの発散をすることができません。

生じた問題やトラブルには深く考え過ぎるところもあり、いつまで経ってもネガティブな感情に捉われてしまうことになりかねません。

 

| 2.叱られ慣れていない、そういったこともまた考えられる

叱られ慣れていないといった心理状態。打たれ弱い人は仕事でも、他の人に比べて叱られ慣れていない、そういったこともまた考えられるというもの。

昔は悪戯をすれば、近所の人だったり先生などから叱られるのは、ある程度は当然のことでした。

但し、現代ではそうした習慣も珍しくなり、社会に出てから初めて他人に叱られる経験をする若者も少なくありません。

 

| 3.きっちり完璧に成し遂げなくてはならないと思っている

完璧主義といった心理状態。打たれ弱い人は仕事でも完璧主義なところがあり、きっちり完璧に成し遂げなくてはならないと思っているというもの。

結果として、少しでもできない物事があると納得ができず、何故できないと自己嫌悪に陥ってしまうことになりかねません。

自信を取り戻すまでに非常に時間が掛かるので、周りの人たちからも打たれ弱いと受け取られてしまうということになりかねません。

 

 

 

まとめ

物事を気にしてしまう一面があります。ここでは、打たれ弱いのは仕事でも相当に困るもの、そつなく対峙していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。