非モテ男の末路は考えたくもないもの、乗り越えて改善していく具体策



身の回りを見渡すと、非モテ男と呼ばれるような人がいるもの。近年は女性の気持ちが分からないなど、いわゆる非モテを自認するような男性が増えています。

そうした男性を不本意な独身者という意味でインセルと呼ぶこともあるようですが、結論から言うと非モテとインセルとの間には強い関連性はありません。

非モテ男子とか非モテ男は気持ち悪いとかうざいなど、どうしてもネガティブな意味で捉えらえがちですが、女性と付き合うのは無理と思い悩むことにもなりかねません。

モテる男性というのはモテるべくしてモテていますが、逆に太り体型で外見も良くはなく、年齢がオジサンでもやたらに女性ウケている男性もいます。

それは、女性という生物を良く理解しているということで、参考にする必要も出てきかねません。

ここでは、非モテ男の末路は考えたくもないもの、乗り越えて改善していく具体策を紹介しています。

 

 

 


非モテ男の末路は考えたくもないもの、乗り越えて改善していく具体策


 

| 1.気になっている女性など、狙うべき女性を間違えている

彼氏募集中の女性を狙うということ。非モテな男性に見られるのが、職場の同僚や気になっている女性など、狙うべき女性を間違えているというもの。

純粋に好きな人を狙うばかりでは彼女はできず、どれほど相手女性のことが好きでも、彼氏募集中の状態でなければ意味がありません。

恋愛は相手があってのことなので、女性側の受け入れ体制を先ずは考えるべきで、彼氏募集中に絞って狙うのが、乗り越えて改善していく具体策の一つ。

 

| 2.好きになれそうな2-3名の女性を彼女候補にするという

複数の女性を候補にするということ。1人の女性しか目に入っていなければ、余裕もなくなり失敗するので、好きになれそうな2-3名の女性を彼女候補にするというもの。

一途な恋がしたくても、その人に振られれば大ダメージなので、数名の女性を狙うことにより、リスクの分散と訓練に繋がります。

何名か彼女候補がいれば心に余裕も生まれるので、落ち着いて行動できることにも結び付く、乗り越えて改善していく具体策の一つ。

 

| 3.見せないことで、自分自身を優先するタイミングを作る

貪欲な姿勢を見せないということ。恋愛に積極性は必要ですが、難しいのは余りに貪欲な姿勢を見せないことで、自分自身を優先するタイミングを作るというもの。

何でもかんでも女性を優先に行動していると、舐められて男性として見て貰えなくなる怖れもある、乗り越えて改善していく具体策の一つ。

女性優先でデートの日程は決めないとか、食事代を割り勘したりLINEは返せる時に返すなど、女性とは対等な関係なので貪欲な姿勢を見せないよう心掛けます。

 

| 4.ユニクロ等で良いので、お洒落をして外見を変えるという

お洒落をし外見を変えるということ。ダサい男はモテることがなく、金銭的に無理をすることをせずユニクロ等で良いので、お洒落をして外見を変えるというもの。

お洒落には雰囲気だったり清潔感も含まれるので、爪を切るのをはじめ髪を切ったり髭を剃るなど、いかに小さな努力を続けられるかがポイントです。

高い服や光るようなセンスはなくても大丈夫で、清潔感を上げてお洒落な男を目指すのも、乗り越えて改善していく具体策の一つ。

 

| 5.友達止まりといった非モテな男性は、世の中には沢山いる

良い人にならないということ。女性とは割合仲良くなれるのに友達止まりといった非モテな男性は、世の中には沢山いるというもの。

友達止まりになってしまうような人は、好きな気持ちを隠し過ぎというところがあり、女性側に好意を持っていることを気づかせなくてはなりません。

女性というのは彼氏候補と友達は別物として考えているので、決して良い人になり友達にならないようにするのも、乗り越えて改善していく具体策の一つ。

 

 

 


非モテでこじらせ男も中にはいるもの、注意しておきたいその特徴面


 

| 1.大きな声で笑ったり声を荒げたりと、行動自体がが粗暴

行動が粗暴な男ということ。扉を大きな音を立てて閉めたり、必要以上に大きな声で笑ったり声を荒げたりと、行動自体がが粗暴というもの。

そうした振る舞いに女性は無意識に恐怖を感じるので、知らない男性が乱暴な行動をしていれば、身の危険を感じ仲良くなる前に避けられかねません。

乱暴な仕草が身に染みついているという場合、アドバイスは一つしかなく、女性をお姫様だと思うことに尽きます。

 

| 2.支払う姿勢を見せることが大切なポイントというものです

他人にお金を使いたくないということ。デート費用を全額出せとは言いませんが、支払う姿勢を見せることが大切なポイントというもの。

非モテでこじらせ男に見られるのが、デートなのにカフェで別々に並んで、自分だけ会計を済ませて、一人で席に着いているような態度です。

はっきり言ってこうした男性と、結婚生活を送って共同作業ができるとは思えません。

 

| 3.プライベート面でも男女は平等であるべきというものです

男女平等を取り違えているということ。職場では男女平等とされているので、プライベート面でも男女は平等であるべきというもの。

但し、女性は男性と比較して身体も小さく体力がないことも多いので、重い荷物を持っている時は手伝って欲しいものです。

そんな時に男女平等を取り違えていて何もしなければ、ないと思われて終わりです。

 

| 4.女性は結局のところルックスで選んでいると思い込んで

イケメンでなければと思い込んでいるということ。非モテ男性に見られるのが、女性は結局のところルックスで選んでいると思い込んでいるというもの。

イケメンでないとモテないと信じ込んでいる場合、イケメンとなっていない状況で自信を持つことはできません。

そうなれば、モテる要素があっても行動は移せないで、なかなか現状は変らないという事態に陥りかねません。

 

 

 


40代の非モテ男は苦戦が続くというもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.モテると思いとった行動が、裏目に出ることがあるという

女性の気持ちが理解できないという心理状況。女性と男性は考え方が違うので、こうするとモテると思いとった行動が、裏目に出ることがあるというもの。

女性の気持ちを理解する、そんなことがモテるための第一歩ということにもなりかねません。

但し、女性により考え方だったり好みが異なるので、すぐに女性の気持ちが正確に理解できるようになることありません。

 

| 2.好きになることは一般的にそれほど悪くはないというもの

殻に閉じこもりがちという心理状況。映画だったり漫画やゲームなど、好きになることは一般的にそれほど悪くはないというもの。

但し、その世界から抜けられなくなって、外の世界に触れることに恐怖心を覚え、殻に閉じ籠ってしまうようなこともあります。

中にはSNSに依存して、時に虚言だったり妄言を繰り返す男性もいて、社会との関わりを上手く築けないという意味では同じ状態です。

 

| 3.いったことで、消極的になってしまう男性は存在するもの

コンプレックスが多いという心理状況。異性と交際経験がないといったことで、消極的になってしまう男性は存在するもの。

ほかにも学生時代に打ち込んだ物事がなかったり、一人暮らしをしたような経験がないなど、コンプレックスを多く持っています。

こういった状態では、一人前の男として認められない、そんな風に感じてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

自認をするような男性が増えています。ここでは、非モテ男の末路は考えたくもないもの、乗り越えて改善していく具体策を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。