誤解された時は早めに挽回したいもの、意思疎通を上手くやる具体策



人生を過ごしていると、誤解された時の対応に困ることがあるもの。言いたいことが伝わらないという人は、コミュニケーションも上手にはにいかず、人との距離も遠くなってしまいがちです。

伝わらないことで誤解も多くなるので意思疎通だったり相互理解もし難く、相手を苛立たせてしまうことにもなりかねません。

分かりやすく伝えたつもりでも何故か意図と違う解釈をされ話がこじれることもあり、誤解された時の対処法が欲しくなる時もあります。

そんなつもりではないと思っていても、度重なれば友人をはじめ恋人や仕事関係に支障をきたすことにもなりかねません。

伝えたつもりでも伝わらない、そんなコミュニケーション能力不足の人は、人に誤解された時には特に注意する必要があります。

ここでは、誤解された時は早めに挽回したいもの、意思疎通を上手くやる具体策を紹介しています。

 

 

 


誤解された時は早めに挽回したいもの、意思疎通を上手くやる具体策


 

| 1.同じ考え方をしている、そんな具合に信じ込んでいること

相手の立場になり替わり見てみるということ。誤解された時は、相手が己自身と同じ考え方をしている、そんな具合に信じ込んでいることが多いというもの。

結果的に、己の立場で考えているのが大半で、相手の立場に対しての理解は不足しているということにもなりかねません。

相手の立場に立って環境や置かれた状況に思いをはせれば、相手がどうして欲しいと考えているかの推察もできる、意思疎通を上手くやる具体策の一つ。

 

| 2.相手側から見た己自身を考えてみると客観視できるという

己自身を客観的な目で眺めてみるということ。相手の立場に立って考えるのが苦手なケースでは、相手側から見た己自身を考えてみると客観視できるというもの。

誤解された時が多いのは、他人から見た己と現実の己自身の姿に乖離があるということに疑いはありません。

己自身を客観的な目で眺めることができるようになると、自然に相手の立ち位置に立った考え方も理解できるようになる、意思疎通を上手くやる具体策の一つ。

 

| 3.伝えるのでは、受ける心証なども大きく異なってくると

伝え方に配慮をするということ。同じ意見を伝える場合でも、クッション言葉を挟んで伝えるのでは、受ける心証なども大きく異なってくるというもの。

相手に対して分かり難ことを伝える時でも、不勉強で申し訳ないなど、クッション言葉を挟み込むように心掛けるのも、意思疎通を上手くやる具体策の一つ。

更に、この点を詳しく教えてくださいと伝えることで、分からないところも問題もなく教えて貰えるように変ります。

 

| 4.そんな風に他者に受け取られている可能性もあるという

ポジティブな言葉を使用するということ。誤解された時が多くなるのは、否定的な言葉を使用することが多いと、そんな風に他者に受け取られている可能性もあるというもの。

否定的な言葉は一旦横に置き伝える時にポジティブな言葉を遣えば、相手に対し悪印象を与える可能性も低くなって誤解を受けにくくなります。

出来事はできる限りポジティブに捉え、肯定的な言葉を使用して会話するのが、意思疎通を上手くやる具体策の一つ。

 

| 5.興味を持つことにより誤解を受けにくくなるというもの

相手の話に良く耳を傾けるということ。先ずは相手の話に良く耳を貸すことが重要で、興味を持つことにより誤解を受けにくくなるというもの。

そうした態度は相手からの好意に結び付く可能性も高くなり、次に己自身を知って貰うことで誤解された時も減る、意思疎通を上手くやる具体策の一つ。

相手も己自身の話を詳しく分かってくれた、そんな具合に思って、こちら側の話にも耳を傾けてくれるのに間違いはありません。

 

 

 


誤解を解きたい時も世の中にあるもの、覚えておきたい伝わらない理由


 

| 1.なぜ口にするのか理解しておく必要性があるというもの

伝えるべき内容が理解できてないということ。伝える時にはその目的があるはずで、なぜ口にするのか理解しておく必要性があるというもの。

質問をはじめ経過の報告をしたいとか、個人的な意見を聞かれている時など、内容を理解してなければ伝わらなくて当たり前になります。

誤解されることが頻繁にあるこういった人は、考えを頭の中で整理整頓できないタイプに見られます。

 

| 2.見られるのが、一方的に言いたいことを話すばかりという

相手の反応を伺っていないいうこと。誤解された時に良く見られるのが、一方的に言いたいことを話すばかりというもの。

これでは上手く話も伝わらず、相手が理解しているかとか納得しているかなど、その表情や態度から推測をしながら話すことも重要なポイントです。

違う立場の人に向かって専門用語を多用したり、小さな声で話をするなど、相手に対しての配慮ができていない時も誤解されやすくなりかねません。

 

| 3.案外に見られるのが、話が長いばかりで抑揚もないという

話が長くて抑揚がないということ。誤解された時の人に案外に見られるのが、話が長いばかりで抑揚もないというもの。

長い話になれば聞く側にも何を言いたいのか、どこが要点なのかも分かり難く、まったく伝わらない残念な結果ともなりかねません。

更に表情や話し方にも抑揚もなければ、伝わり難く誤解を受けることになるのは疑いがありません。

 

| 4.大人になると言葉を省いてしまう機会も増えるというもの

主語述語がないということ。小学生の頃に文章は主語に述語が必要、そんな学習をしますが、大人になると言葉を省いてしまう機会も増えるというもの。

誤解された時の人物に良くあるのがこの省略する箇所が多く、特に主語を言わずに会話していることが多くあります。

そうすれば、考えてるのは誰なのかや誰が口にしてるなど、更に誰にやって欲しいのかなど、主語がないと内容を理解し難くなります。

 

 

 


誤解された時の対処が大切、注意しておきたい意図が伝わらない原因面


 

| 1.伝える内容も当然のように今一つ決まってはいないという

伝える目的自体が曖昧ということ。伝える目的が明確になっていない時には、伝える内容も当然のように今一つ決まってはいないというもの。

こうした時は、結論の以前に元来の伝える目的が曖昧になっている、そういったケースが多々あります。

あれもこれも伝えようと努力し過ぎ、返って何が言いたのか分からない、そういったことにもなりかねません。

 

| 2.誤解される問題と人間関係は、大いに関連をしていると

良好な人間関係を築けてないということ。現実に話の意図を誤解される問題と人間関係は、大いに関連をしているというもの。

己自身では普通に質問しているつもりでも、相手には反論しているように受け取られているのかも知れません。

意図が伝わるように配慮をしているにも関わらず、曲解されることが多いケースでは、良好な人間関係が構築できていない典型的パターンかも知れません。

 

| 3.伝わらない問題が生じてしまう可能性はあるというもの

伝わらないのは相手側も悪いということ。明確に伝える目的が決まっていても、伝わらない問題が生じてしまう可能性はあるというもの。

考えられることでは、言葉は単純でも人により解釈が異なり、明確に伝わらないこともあると言うことです。

相手に伝わるよう創意工夫しても、実際に伝達できていないと分かれば、余計に憤りを感じることになりかねません。

 

 

 

まとめ

また支障をきたすことになりかねません。ここでは、誤解された時は早めに挽回したいもの、意思疎通を上手くやる具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。