食わせ者は案外身近にいるもの、警戒を怠らないで向き合っていく術



周囲を見渡せば、食わせ者と呼ばれるような人がいるもの。悪意はありませんが嘘も多く、深い考えだったりビジョンがないような人。

何も考えないで口から嘘が出てくる人は本当に稀で、食わせ者と呼ばれる人は何かしら理由があって嘘を吐いていることが多くなります。

食わせ者の意味を見てみれば、無理に何かの不利益を被らせることを表し、表面は素っ気なく見せても現実には油断のならない者。

もちろんこうした食わせものと呼ばれる人は、遺伝的な生まれ持ったものと、これまで過ごしてきた体験だったり学習したものや環境によりできています。

こんな食わせ者は意思を持ち勘違いさせる振る舞いをすることもあり、接していくには注意が必要ということにもなりかねません。

ここでは、食わせ者は案外身近にいるもの、警戒を怠らないで向き合っていく術を紹介しています。

 

 

 


食わせ者は案外身近にいるもの、警戒を怠らないで向き合っていく術


 

| 1.不快な心境にさせているとは、一切思っていないことも

話は基本的にスルーするということ。食わせ者は自らの話が周囲の人たちを、不快な心境にさせているとは、一切思っていないことも多いもの。

なので、真面目に話を聞いてしまえば、自らが傷付くだけになってしまうので、相槌は打ちながらも話は聞き流すようにします。

口にしていることが本当とは思わないようにするなど、基本に話はスルーするのが、警戒を怠らないで向き合っていく術の一つ。

 

| 2.逃げ場がなく食わせ者の詐欺の被害に遭う可能性も高く

二人切りにならないよう注意するということ。二人切りになってしまった場合、逃げ場がなく食わせ者の詐欺の被害に遭う可能性も高くなるもの。

二人切りではなく話をする際は、大勢の人がいる所で会話するなど、3名以上でいることを心掛けるのも、警戒を怠らないで向き合っていく術の一つ。

男性にしても女性にしても、勘違いしてしまうような危険を避けられ、振り回される事態から遠ざかることができます。

 

| 3.信じ込んでいるので、対抗してくる人間は敵と見做すと

本気の返信をしないようにするということ。食わせ者は自分自身が絶対に正しいと信じ込んでいるので、対抗してくる人間は敵と見做すというもの。

敵認定をされてしまった場合、食わせ者の格好のターゲットにされてしまう、そんな恐れが出てくるということにもなりかねません。

食わせ者に嫌気が差して非難などの本気の返信をしそうになることもありますが、報復される可能性もあるのを忘れない、警戒を怠らないで向き合っていく術の一つ。

 

| 4.巻き込まれる、そんな可能性が高くなってしまうという

できる限り関わらないということ。食わせ者の近くにいた場合、勘違いさせるような言い方に巻き込まれる、そんな可能性が高くなってしまうというもの。

距離を置くことも視野に入れることが要点で、被害を抑えるためには、できる限り近寄らないようにするのが、警戒を怠らないで向き合っていく術の一つ。

近寄らなければその態度に騙されることもなく、誘いに乗ってこないことが分かれば、自然に関係が薄くなる可能性もあります。

 

| 5.利益のためには平気で人を裏切ることがあるというもの

可能なら関わりを断つということ。食わせ者は周囲の人たちを下げて自分自身の評価を上げようとしたり、利益のためには平気で人を裏切ることがあるというもの。

食わせ者と一緒に過ごすのは害が大き過ぎるところがあり、LINEだったりSNSなどの連絡手段を全てブロックするのも、警戒を怠らないで向き合っていく術の一つ。

関わりを断つことにより、うっかり騙されて取り返しがつかない問題に持ち込まれてしまうことを防げます。

 

 

 


くわせものは語源からきているもの、注意しておきたいそんな特徴面


 

| 1.どうでも良く、利用すべき存在としか考えていないという

自分以外はどうでも良いと思っているということ。食わせ者に見られるのが、自分以外の人間はどうでも良く、利用すべき存在としか考えていないというもの。

嘘が明るみになれば信頼関係が崩れることになるので、一般的に嘘を吐くことを躊躇しますが、自分以外の人間はどうでも良いと考えている時は当て嵌まりません。

信頼関係が崩れても、新しい人物をターゲットにすれば良いと考えるので、息をするように嘘を言うことができます。

 

| 2.習慣化しすぎて、自覚だったり罪悪感がなくなっている

嘘をに対しての自覚や罪悪感がないということ。食わせ者に見られるのが、嘘を吐くことが習慣化しすぎて、自覚だったり罪悪感がなくなっているというもの。

愛してるとか運命の人など、口にしてくれる男性は少数ですが、もはや嘘を吐いているという感覚もありません。

こうした人物は、嘘を指摘しても認めるようなことはなく、そもそも自分が言った物事すら覚えていないということにもなりかねません。

 

| 3.聞いている方からしても、胸が高鳴り嬉しくなってくる

夢を語るということ。自分自身の夢を熱く語られた場合、聞いている方からしても、胸が高鳴り嬉しくなってくるというもの。

但し、内容的には非常に薄いところもあり、自分だけで完結してしまっている世界ということにもなりかねません。

思いつきで目の前の相手に向かって夢を語ることがありますが、その場に限ったサービストーク的なもので、翌日には忘れているということにもなりかねません。

 

| 4.異常に速く、しかも口がすこぶる達者なところがあると

頭の回転が速いということ。食わせ者に良く見られるのが、頭の回転が異常に速く、しかも口がすこぶる達者なところがあるというもの。

自らに都合が良いように嘘を吐くには何と言えばとか、どうすれば相手を納得させられるかなど、即座に判断して言葉を口にします。

こういった人は、知らない人から見れば一見スマートで仕事ができそう、そんな印象があることも少なくありません。

 

 

 


とんだ一杯食わせ者という言い方もあるもの、知っておきたい心理状況


 

| 1.ところがあり、誰にも嫌われたくないと考える傾向が強い

人に嫌われたくないという心理状況。食わせ者に良く見られるのが、八方美人的なところがあり、誰にも嫌われたくないと考える傾向が強いというもの。

人間というのは意見の違いがあり衝突しやすいものですが、誰にも嫌われたくないという人は、その場しのぎで調子を合わせて意見をコロコロ変えます。

その場しのぎの会話の場合、ほかの人と話せば矛盾点も出てきますが、嫌われたくないため嘘を積み重ねかねません。

 

| 2.間際まで動かなかったり、普段から努力をするのが苦手

計画通り実行することが苦手という心理状況。食わせ者に見られるのが、計画を立てても間際まで動かなかったり、普段から努力をするのが苦手というもの。

努力ができる人物は嘘をつかなくても、自分の考えていることを実現できますが、食わせ者は自らの言葉が実現できないが故嘘をつくことにもなりかねません。

 

| 3.ところがあり、リアクションをして耳を傾けてくれると

非常に聞き上手という心理状況。食わせ者に良く見られるのが、語る人とは逆に聞き上手なところがあり、リアクションをして耳を傾けてくれるというもの。

話している側は分かってくれたと、ますます惹かれることになりますが、それがテクニックということにもなりかねません。

真剣な表情で肯いて、時折り共感して問いかける、そんな姿に感激することを理解しています。

 

 

 

まとめ

深い考えだったりビジョンがない人です。ここでは、食わせ者は案外身近にいるもの、警戒を怠らないで向き合っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。