非モテ男子はサイコパスかも知れない、踏み越えて再構築していく術



身近なところにも、非モテ男子と呼ばれるような人がいるもの。ネット情報だったりノウハウ本など、女性にモテるようなテクニックを参考にしても、全くモテないという人。

実際にそんなテクニックを真似して身に付けても、女性の心を揺さぶれるとは限りません。

また非モテから脱却するため、先ずは自信を付けていこうと考えているものの、そんな出来事はなかなか起こらず悩むことにもなりかねません。

女性に褒められたり恋愛対象と言われるなど、些細な成功体験でもあれば良いのですが、そんなる機会もないままでは、いつまで経っても自信が抱けるようにはなりません。

非モテ男子とは何かとか診断などをしても、結婚への道は遠いということにもなりかねません。

ここでは、非モテ男子はサイコパスかも知れない、踏み越えて再構築していく術を紹介しています。

 

 

 


非モテ男子はサイコパスかも知れない、踏み越えて再構築していく術


 

| 1.気に掛かる女性など、狙うべき対象を間違えているという

現在彼氏を募集中の女性を狙うといったこと。非モテ男子に見られるのが、職場の同僚だったり気に掛かる女性など、狙うべき対象を間違えているというもの。

純粋に好きな女性を狙うばかりでは彼女などできず、どれほど相手の女性のことが好きでも、現在彼氏を募集中の状況でなければ意味はありません。

恋愛は相手があってなので、先ずは最初に女性の受け入れ体制を考えるべきで、現在彼氏を募集中に絞って狙うのが、踏み越えて再構築していく術の一つ。

 

| 2.好きになれそうな数名の女性を彼女候補とするというもの

複数の女性を対象にするということ。1人の女性だけしか目に入っていない場合、余裕もなくなって失敗することも多く、好きになれそうな数名の女性を彼女候補とするというもの。

一途な恋をしたくても、その女性に振られれば大きな痛手なので、数名の女性を対象にすることにより、リスクの分散や訓練に結び付きます。

何名か彼女候補がいると心にゆとりも生まれるので、落ち着いた行動にも繋がる、踏み越えて再構築していく術の一つ。

 

| 3.己自身を優先するようなタイミングを作るというものです

貪欲な姿勢は見せないということ。積極性は恋愛に必要とも言えますが、難しいのは貪欲な姿勢は見せないことで、己自身を優先するようなタイミングを作るというもの。

何でも女性を優先にと行動していれば、舐められて独りの男性として見て貰えなくなるような恐れもある、踏み越えて再構築していく術の一つ。

女性を最優先にデートの日程は決めないとか、LINEは返せる時に返したり食事代を割り勘にするなど、女性とは対等な関係を意識して貪欲な姿勢は見せないよう心掛けます。

 

| 4.ユニクロなどで良く、お洒落をして外見を整えるという

お洒落をして外見を整えるということ。ダサい男性はモテることがなく、金銭的に無理しないでユニクロなどで良く、お洒落をして外見を整えるというもの。

お洒落には雰囲気や清潔感が含まれるので、爪を切ることをはじめ髭を剃ったり髪を切ったりするなど、いかに些細な努力が続けられるかもポイントです。

光るセンスだったり高い服はなくても大丈夫で、清潔感を上げて洒落た男を目指すのも、踏み越えて再構築していく術の一つ。

 

| 5.友達止まりという非モテ男子は、世の中には大勢いると

良い人物で終わらないということ。女性とは割合に仲良くなれるのに、友達止まりという非モテ男子は、世の中には大勢いるというもの。

友達止まりとなってしまう男性は、好きな感情を隠し過ぎるというところがあり、女性には好意を持っていること自体を気づかせなくてはなりません。

女性は彼氏候補と友達というのは別物として考えていて、決して良い人物になって友達とならないようにするのも、踏み越えて再構築していく術の一つ。

 

 

 


非モテ男子は恋愛でも困ることが多いもの、覚えておきたいその特徴面


 

| 1.声を荒げたり大声で笑ったりと、その行動が粗暴という

行動が粗暴な男性ということ。大きな音を立てて扉を閉めたり、必要以上に声を荒げたり大声で笑ったりと、その行動が粗暴というもの

そうした振る舞いに女性は無意識に恐怖心を感じるので、知らない男性が乱暴な行動に出れば、身の危険を感じて仲良くなる以前に避けられかねません。

乱暴な態度が身に染みついているケースでは、アドバイスは一つだけしかなく、女性をお姫様と思うことに尽きます。

 

| 2.支払う姿勢を見せることも重要なポイントというものです

他人に金銭を使いたくないといったこと。デート費用を全額払えとは言わないものの、支払う姿勢を見せることも重要なポイントというもの。

非モテ男子に稀に見られるのが、デート中でもカフェで別々に並び、己自身だけ会計を済ませ、一人で先に席に着いているような振舞いです。

はっきり言えばこういった態度の男性と、結婚生活を送る上で共同作業ができるなどとは思えません。

 

| 3.プライベート面においても男女は平等であるというもの

男女平等を履き違えているということ。職場内では男女平等とされていて、プライベート面においても男女は平等であるというもの。

但し、女性というのは男性と比べ身体が小さく体力的にも劣っているので、重たいものを抱えている場合など当然手伝って欲しいものです。

そんな場合に男女平等を履き違えていて、手も貸さないような男性は、ないと言う風に思われて終わりです。

 

| 4.女性は結局ルックスで選んでいると信じ込んでいるという

イケメンでなければと信じ込んでいるということ。非モテ男子に見られるのが、女性は結局ルックスで選んでいると信じ込んでいるというもの。

イケメンでなければモテないと思い込んでいるケースでは、イケメンとなっていないような状況下では自信を持つことなどできません。

そうなってくれば、モテる要素を持っていても行動には移せないので、現状は全く変らないといった事態に陥りかねません。

 

 

 


非モテ男子はあるあるも多々あるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.モテると思って取った行動が、裏目に出ることもあると

女性の気持ちを理解できないといった心理状態。女性と男性は思考パターンも違うので、こうすればモテると思って取った行動が、裏目に出ることもあるというもの。

女性の気持ちを十分に理解する、そういったことがモテるための第一条件といったことにもなりかねません。

但し、女性によって考え方や好みが異なるのは当たり前で、女性の気持ちがすぐに正確に理解できるようになることなどありません。

 

| 2.好きになること自体は一般的にさほど悪くはないという

殻に閉じ籠ってしまいがちという心理状態。映画をはじめ漫画だったりゲームなど、好きになること自体は一般的にさほど悪くはないというもの。

但し、その世界観から抜け出せなくなって、世間の風に触れるのに恐怖心を覚えて、殻に閉じ籠ってしまうこともあり得ます。

中にはSNSに依存してしまい、時に虚言や妄言を繰り返すような男性もいて、社会と関わりを上手く構築できないという点では同じ状況です。

 

| 3.いったことで、消極的になってしまうような男性は存在

コンプレックスが多いといった心理状態。異性との交際経験もないといったことで、消極的になってしまうような男性は存在するもの。

学生時代に打ち込んだような物事がなかったり、一人暮らしをした体験がないなど、コンプレックスを数多く抱えています。

こういった状況では、一人前の男性として認められない、そんな風な思いを覚えてしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

更には自信が抱けるようにはなりません。ここでは、非モテ男子はサイコパスかも知れない、踏み越えて再構築していく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。