いい年してと罵倒されることもあるもの、問題を起こさず向き合う方策



身の回りを見渡すと、いい年してと言われる人がいるもの。大人となっても精神的に未熟なところがあり、さまざまな問題を引き起こしてしまう人を指す言葉です。

いい年して独身というのをはじめ、いい年して金髪やアニメにゲームなど、何歳になるのかという人物。

一方でピーターパン症候群とも呼ばれ、男性に多くいてそうした人物に困らされた経験があるかも知れません。

女性にいるのはプリンセスパン症候群と呼ばれる人たちで、少女時代の夢だったり気持ちを、いつまで経っても持ち続けているような女性たちのことを指します。

なので、こうした人たちが側にいるような時は、それなりの注意も必要です。

ここでは、いい年してと罵倒されることもあるもの、問題を起こさず向き合う方策を紹介しています。

 

 

 


いい年してと罵倒されることもあるもの、問題を起こさず向き合う方策


 

| 1.ピーターパンの物語に出てくるヒロインであるウェンディ

己がウェンディとなるということ。いい年してと呼ばれる男性が求めているのは、ピーターパンの物語に出てくるヒロインであるウェンディというもの。

彼女はネバーランドへと連れられて、子供たちの母親役を押し付けられますが、その困難な局面にも命に対処しようとするような女性です。

どうしても男性との間の関係を見切れない場合、母親目線となって段々と相手を矯正していくのも、問題を起こさず向き合う方策の一つ。

但し、現実的には多くの女性がいい年をした男性を矯正することに疲れ果てて、ストレスを溜め込みウェンディ・ジレンマへと陥っていて、それに対する覚悟も必要です。

 

| 2.追い求めていて、己自身の全てを受け入れて貰おうとする

ウェンディ・ジレンマに陥るということ。いい年してと呼ばれる男性は、ウェンディのような女性を恋人にしたいと追い求めていて、己自身の全てを受け入れて貰おうとするもの。

ウェンディ・ジレンマというのは、そんなピーターパン症候群伴っている男性を教育すのに疲れ果て、ストレスを蓄積してしまうことを言います。

ウェンディ役のとして恋人になってしまったケースでは、相手を甘やかさず時に放置する必要もある、問題を起こさず向き合う方策の一つ。

但し、余りに強い叱責は相手の機嫌を損ねてしまうことにもなりかねず、ストレスにならない範疇で付き合うよう心掛けます。

 

| 3.ティンカーベルで、こちらは自由気儘に生きているという

ティンカーベルとなってみるということ。ピーターパンの物語で関わってくるもう一方の女性がティンカーベルで、こちらは自由気儘に生きているというもの。

彼女はピーターパンに対して依存しすぎることはなく、楽しい物事であれば共有はしますが、ピーターパンを甘やかす姿勢はありません。

女性が経済的には無論のこと精神的にも自立していて、男性の面倒なところを放置するのも、問題を起こさず向き合う方策の一つ。

女性がこうした自由気儘さを持ち接することができると、二人の関係が長続きする可能性はとても高くなります。

 

| 4.疾患ではなく、過ごしてきた環境下で生まれた問題点と

カウンセリングによって認知の歪みを正常化するということ。いい年してと呼ばれる男性は精神的な疾患ではなく、過ごしてきた環境下で生まれた問題点というもの。

薬物治療の対処などはできませんが、カウンセラーが行う認知療法により、考え方を段々と改善していって解放される人たちは大勢います。

こうした症状に悩んでいる男性は、専門のカウンセラーに相談するのが良く、適切に精神的なバランスを取って自己理解を深めるのが、問題を起こさず向き合う方策の一つ。

感情の制御方法やストレスマネジメントのほかリラックス法など、そういったことを学習して、不快な状況に関する対処能力を向上させます。

 

 

 


いい年して実家暮らしという人も案外いるもの、覚えておきたい特徴面


 

| 1.大嫌いなところがあり、異常にプライドが高いというもの

異常にプライドが高いということ。いい年して周囲の人達に呼ばれる男性は、己自身の意見を変えることが大嫌いなところがあり、異常にプライドが高いというもの。

己自身が納得がいかないことには同意などはせず、妥協したり意見を擦り合わせようという姿も見られません。

プライドが高いので考えを曲げることはできず、問題が起きても己自身は悪くないという感じで対処しようともしません。

 

| 2.弱いので、そんな行動を最初から回避しようとするもの

責任感がないということ。いい年してと呼ばれる男性は繊細で傷付きやすく、ストレスに対しても弱いので、そんな行動を最初から回避しようとするもの。

結果として、何かの責任が掛かる局面になると誰かの責任にするほか、その場から逃げ出していくような傾向も見られます。

異常にプライドが高いので、意見はどんどん言いますが、本人は責任を取りたくないので言うだけで逃げるといったことになりかねません。

 

| 3.その時々の気分で変り、何をしても物事を継続できない

物事を継続できないということ。何かに向かっての意見だったり考え方が、その時々の気分で変り、何をしても物事を継続できないというもの。

頻繁に転職していたり次々に彼女を取り替えている男性が周りにいれば、そんな人はいい年した男性の可能性が高くなります。

高い理想を掲げていても成果を残すため続けていくことができなかったり、己自身の狙い通りにいかなければ、嫌になりすぐに止めてしまうことになりかねません。。

 

| 4.小学校だったり中学校などでは、優等生であったという

学生の頃は優等生だったということ。いい年してと周囲から呼ばれる男性に見られるのが、小学校だったり中学校などでは、優等生であったというもの。

但し、進学や習い事などは親が口を挟んで決めていたりと、己自身の意向はそれほど取り入れて貰えなかったところがあります。

10代の後半ともなれば精神的な成長のギャップから、友人との関係では孤立してしまうことにもなりかねません。

 

 

 


いい年してバイトということもあるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.強そうに見えますが、繊細で傷付きやすいところもある

諦めが早いといった心理状態。いい年してと呼ばれるような男性は、プライドが高く見た目は強そうに見えますが、繊細で傷付きやすいところもあるというもの。

結果として、何かをして躓きそうになったケースでは、失敗を怖れて行動の前に諦めてしまいかねず、己自身のメンタル面を守る傾向ががあります。

どこまでも己自身を守るために行動する、そういったところがあり、周りの人たちはそんな気まぐれに振り回されることも多々あります。

 

| 2.母親が専業主婦など裕福で、中流以上の家庭環境だった

家庭で甘やかされてきたという心理状態。いい年してと呼ばれる男性に見られるのが、母親が専業主婦など裕福で、中流以上の家庭環境だったというもの。

更に長男や一人っ子の人も多く、そうした影響からか母親が子供に向かっては非常に甘やかしてきた、そういった家庭環境下である傾向が見られます。

 

| 3.感情の制御が極端に苦手で、爆発させることが頻繁にある

感情の制御ができないという心理状態。いい年してと呼ばれるような男性に見られるのが、感情の制御が極端に苦手で、爆発させることが頻繁にあるというもの。

他人に向かって能力をひけらかしてみたり、己自身が持っている能力、それ以上の力があると思わせようとしかねません。

また何かあっても己自身が間違っていたとは受け入れ難く、指摘された際はなかったことにすることもあります。

 

 

 

まとめ

困らされた経験があるかも知れません。ここでは、いい年してと罵倒されることもあるもの、問題を起こさず向き合う方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。