他人にイライラする時もあるもの、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法



人生を過ごしていると、イライラする時があるもの。特に就職をはじめ転職や人事異動など、人間関係に変化があった時はストレスを感じることにもなりかねません。

異動のない職場だったり夫婦関係などでも、長く停滞している人間関係に嫌気が差してきていることもあります。

ちょっとした一言だったりディスコミュニケーションや、信じられない裏切りに積年の恨み辛みなど、他人に対してイライラする時は誰にでもあるものです。

この世の中は、人と人との結び付きで成り立っていることばかりで、対人関係の悩みの種は尽きません。

もちろんイライラする時の食べ物や飲み物にイライラする時に聞く曲などもそれぞれにありますが、不用意な言葉を相手に投げ付ける前に立ち止まりたいものです。

ここでは、他人にイライラする時もあるもの、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法を紹介しています。

 

 

 


他人にイライラする時もあるもの、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法


 

| 1.本当にそこまで完璧な人間かと、一瞬立ち止まり振り返る

自らを振り返るということ。他人に怒りを覚えている最中は自らを正義と感じていますが、本当にそこまで完璧な人間かと、一瞬立ち止まり振り返るというもの。

相手に怒りを向けている間は、自分自身の心は怒りと興奮で万能感的な気分に支配され、過剰な言葉をぶつけてしまうことにもなりかねません。

それでは関係性が悪化して取り返しがつかない事態に陥る危険性もあり、一旦立ち止まり束の間の寛容さを取り戻すのが、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法の一つ。

 

| 2.不遜な言動をするなどのほか、してはいけないことをする

相手の状況に思い巡らせるというもの。イライラする時には相手が失敗したり不遜な言動をするなどのほか、してはいけないことをすることもあるもの。

それ自体を頭ごなしに叱責する以前に、どうしてそのような事態になってしまったのか、相手の状況に思い巡らせる余裕も必要です。

体調が優れないとかプライベート面で辛いことがあったなど、思いを巡らすことで予想外のことに気づくこともある、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法の一つ。

 

| 3.相手に理解して貰おうと努めるほど、自らが消耗していく

コミュニケーションコストを考えるということ。コミュニケーションは意外にコストが掛かるもので、話が通じない相手に理解して貰おうと努めるほど、自らが消耗していくもの。

イライラする時の1時間で、もっと生産的な仕事ができたり、エネルギーを他の人へと向けていれば、より良好な関係性を築けていたかも知れません。

延々と成立もしないコミュニケーションを続けるのは、自分にも相手にも不経済と知るのが、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法の一つ。

 

| 4.ややもすれば相手に対して何かを期待しているというもの

他人を変えるのは困難と認識するということ。他人に対して怒りの感情を覚えイライラする時は、ややもすれば相手に対して何かを期待しているというもの。

それは時に自分ならこうするのになど、流儀だったり感覚を勝手に当て嵌めているもので、相手にはお仕着せとなってしまうことにもなりかねません。

そもそも目の前にいるのは自分自身ではなく、相手の考え方だったり言動を変えようとするのは困難と認識するのも、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法の一つ。

 

| 5.怒りをぶつけても結局は自分が嫌われるというものです

嫌われる覚悟を持ち対するということ。相手を変えようとする行為は困難で驕りかも知れませんが、怒りをぶつけても結局は自分が嫌われるというもの。

それでも、本当に相手が自分にとって重要な存在である場合、一度相手に怒りを正面からぶつけてみるのも一つの選択になります。

自分と相手のためとか今後のためにと前向きな思いを伝えた後で、で、丁寧に怒りを分解し伝えるのが理解にも繋がる、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法の一つ。

 

 

 


イライラする時には薬に頼りたくもなるもの、注意しておきたい原因面


 

| 1.自覚はないのに、大きなストレスを受けているというもの

ストレスということ。イライラする時の主な原因にあるのが、日々感じている自覚はないのに、大きなストレスを受けているというもの。

無自覚の間に複数のストレスが積み重なり、自分自身のキャパシティーを超えてしまっている、そんな可能性もあります。

人間関係のトラブルをはじめ仕事の量や質の変化のほか、環境の変化だったり家庭内や金銭問題など、気づかないうちに小さな問題が積み上がって負担になることにもなりかねません。

 

| 2.特に女性の場合は月経前症候群(PMS)の可能性がある

ホルモンバランスの崩れということ。イライラする時の原因にあるのがホルモンバランスの崩れがあり、特に女性の場合は月経前症候群(PMS)の可能性があるというもの。

月経前症候群(PMS)は生理前に現れる様ざまな症状のことで、情緒不安定になるほか眠れなくなったり集中力も下がるほか、食欲不振や倦怠感などの症状が存在します。

PMSの原因は明確には分かっていないものの、女性ホルモンの変動と関係があるとされ心身に影響がありますが、特に心の影響が大きい時は月経前不快気分障害(PMDD)の可能性があります。

ほかにも加齢により女性ホルモンの分泌が低下していく更年期障害などもあり、身体的な症状だけではなく、気分が落ち込んだりイライラすることがあります。

 

| 3.怒りっぽくなる症状は、多くの精神障害で見られるという

精神障害などの疾患ということ。些細なことで不機嫌になってしまったり、怒りっぽくなる症状は、多くの精神障害で見られるというもの。

イライラしやすいという状態のほか心身に気になる症状が表れている時は、何らかの疾患である可能性が考えられも視野に入れておく必要性があります。

うつなどの心の病気と呼ばれるものから、脳腫瘍などの幅広い症状だったり疾患も含まれ、無理をしないで専門医を受診するようにします。

 

 

 


イライラする時の歌などもまたあるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.納得できないような理由で約束を破られたというものです

約束を破られたという心理状況。イライラする時にあるのが、きちんと約束したはずなのに、納得できないような理由で約束を破られたというもの。

友人と一緒に時間と場所を、互いにしっかり確認したのに時間になっても表れなければイライラすることにもなりかねません。

時間を過ぎてドタキャンの連絡でも来れば、怒りもあっという間に頂点に達することにもなりかねません。

 

| 2.見かけた場合、大きな声で真っ先に挨拶をするというもの

常識を外れた行動をされたという心理状況。後輩たるもの先輩などの姿を見かけた場合、大きな声で真っ先に挨拶をするというもの。

こういった自らの確固たる常識を外れた行動をされた時は、相手に対して無性にイライラすることにもなりかねません。

自分が思う常識とは違う行動は、当然非常識に映るのでイライラする時を迎えかねません。

 

| 3.一方的に馬鹿にされた場合、ついイライラと腹が立つもの

大切なものを馬鹿にされたという心理状況。自分の大切なものを一方的に馬鹿にされた場合、ついイライラと腹が立つもの。

子供の頃から大事にしているお気に入りのものや、ずっと集め続けているアイドル関連グッズなど、大切だと思うものは人それぞれです。

何故大事にしているのか理解しようとせず、馬鹿にされるのは、誰でも怒りが湧き上がることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

イライラする時は誰でもあるものです。ここでは、他人にイライラする時もあるもの、怒りを鎮め平穏に通り過ごす対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。