発想が豊かな人は先々も非常に明るいもの、独創性を鍛える具体的な術



身近なところにも、発想が豊かな人がいるもの。そんな発想力が豊かな人は、クリエイティブで新しい物事を生み出すので、憧れることにもなりかねません。

発想が豊かという意味は、思い付くのに全く何もない状態から、新しいものを生み出す際に使う能力を表します。

つまり、発想が豊かとは先入観や固定概念に捉われることなく、アイデアを生み出す時に必要な力とも言え、仕事などでも必要不可欠な能力ということにもなりかねません。

発想が豊かな子といった言われ方もしますが、社会人ともなれば発想力というのはぜひ身に付けておきたいものの一つにもなります。

ここでは、発想が豊かな人は先々も非常に明るいもの、独創性を鍛える具体的な術を紹介しています。

 

 

 


発想が豊かな人は先々も非常に明るいもの、独創性を鍛える具体的な術


 

| 1.発想がないので、斬新なアイデアは生まれないというもの

未経験のことに挑戦するということ。己自身が得意なことばかりするのはストレスも溜まりませんが、新しい刺激だったり発想がないので、斬新なアイデアは生まれないというもの。

結果として、思い切って今まで全く未経験だった物事にトライすれば、考え方が切り換わる可能性がある、独創性を鍛える具体的な術の一つ。

これまで予想もしなかったような考え方だったり、物の見方ができるようになるので、俄然発想が豊かな人に近付くことができます。

 

| 2.ことによって、物事を様々な角度から捉えようとしている

視点を変えて考える習慣を付けるということ。発想が豊かな人は、常に新しい知識を吸収し続けることによって、物事を様々な角度から捉えようとしているというもの。

そういった思考パターンに近づくためには、これまでの己自身とは視点を変え、異なった角度から物事を検討する習慣を付けるのも、独創性を鍛える具体的な術の一つ。

全く新しい発想が浮かぶことを強引に己自身に差し向けることにより、何もない状況からでも何かを生み出していく、そんな柔軟性が身に付くのを実感できます。

 

| 3.最中など、唐突に降ってくるのは珍しくはないというもの

面白いと感じたことはメモするということ。アイデアや新たな発想は、寝ようと思っている時やシャワーを浴びている最中など、唐突に降ってくるのは珍しくはないというもの。

ほんの少しでも面白いと思ったアイデアは、育てていくことにって、より大きな成功へと結び付く可能性があるということにもなりかねません。

そうした小さなヒントをメモしていく習慣を付けることで、向上させる材料もまた増える、独創性を鍛える具体的な術の一つ。

 

| 4.条件などを、外していくような工夫をするのも有効という

違った物事を組み合わせて考えるということ。先入観や一般常識によって、決め付けていたような条件などを、外していくような工夫をするのも有効というもの。

違ったものの組み合わせを順番に疑って検証してみる、そういった思考パターンも面白いものとなる、独創性を鍛える具体的な術の一つ。

結び付くことのなかった物事を組み合わせることで、素晴らしいアイデアが湧き起こってくることも大いに期待できます。

 

| 5.アイデアを出していくだけでは、十分とは言えないという

展開を予想していくということ。発想が豊かな人になっていくためには、誰もが驚いたりする奇抜なアイデアを出していくだけでは、十分とは言えないというもの。

それらを裏付けるような論理的な考え方や確かな予想があれば、そのアイデアに対する信憑性や信頼度が上がってくるということになります。

先人が検証した論文や類似したテーマに関する本などを読むことで、先々の展開を予想してみるのも、独創性を鍛える具体的な術の一つ。

 

 

 


発想が豊かとは何かを掴むのが大事、覚えておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.幅広いところがあり、思考パターンにも柔軟性があると

幅広い視野の持ち主ということ。発想が豊かな人は視野が非常に幅広いところがあり、思考パターンにも柔軟性があるというもの。

こうでなければという先入観だったり固定概念には捉われないので、新しい物事を思い浮かべることもできることになります。

幅広い視野で様々なものを見ることによって、吸収した多くの情報や知識を元にして、斬新なアイディアを思い付くことができます。

 

| 2.思い付くには、既にあるものは熟知しておく必要がある

得意分野があるということ。これまでにない物事を思い付くには、既にあるものは熟知しておく必要があるというもの。

今までにある物事を知らないケースでは、何が新しく何が既に存在しているのかなど、掴むことができないといったことにもなりかねません。

1つの分野を究めている人は、その領域に既にある物事だったり、常識となっていることを良く知っているということです。

 

| 3.得意分野のほかに専門性の高い分野を幾つか抱えている

専門性の高い分野が幾つかあるといったこと。発想が豊かな人に見られるのが、得意分野のほかに専門性の高い分野を幾つか抱えているというもの。

何もないところから斬新なアイディアを生み出すのは非常に難しいことですが、何かを組み合わせて新しいものにするのは、無の状態から生み出すよりも楽とされています。

詳しい分野が複数あるタイプの人は、それぞれの領域にある常識などを組み合わせ、豊かな発想ができるとも言われています。

 

| 4.ばかりではなく、思考する回路が備わっているというもの

頭の回転が非常に早いということ。発想が豊かな人に見られるのが、新アイディアや今までにない考え方をするばかりではなく、思考する回路が備わっているというもの。

世間一般で言われるような頭の良さを持っていて、頭の回転が非常に早い傾向ということになります。

困難な問題や大きなトラブルに直面したケースでは、状況を冷静沈着に分析することで、最適な対処をしていくことができます。

 

 

 


発想が豊かな人は様ざまな面が見られるもの、注意したいその心理状態


 

| 1.事柄でも、価値があると思い込む力強さがあるというもの

人と違うことをするといった心理状態。発想が豊かな人に見られるのが、今は共感が得られない事柄でも、価値があると思い込む力強さがあるというもの。

他の人と同じことをやっていても、斬新なアイディアは芽生えないと考えていて、他人とは異なる行動を全く怖れてはいません。

結果として、人から何を言われようが、己自身の思いを育て上げ突き進んでいけるというところがあります。

 

| 2.意識していて、情熱を持って取り組んでいることも多々

目標を持っているといった心理状態。発想が豊かな人は誰も挑んだことのないような高い目標を意識していて、情熱を持って取り組んでいることも多々あるもの。

結果的に、普通の人間には予想も付かないような、突飛な発想へと辿り着くこともできるようになります。

何かと自由奔放でやりたい放題と受け取られがちですが、己自身の目標に向かって、着実に課題をこなしていく確実性を持っています。

 

| 3.段から己自身の考え方や感受性に柔軟な姿勢が必要という

チャレンジ精神に溢れるといった心理状態。斬新なアイディアを生み出すためには、普段から己自身の考え方や感受性に柔軟な姿勢が必要というもの。

発想が豊かな人に見られるのが、これはどうなるなどの好奇心旺盛なところがあり、発想の材料も得られやすい傾向です。

できそうでないことでもチャレンジ精神は忘れず、どういった考え方も迎え入れる準備が整っています。

 

 

 

まとめ

新しいものを生み出すときに使う能力。ここでは、発想が豊かな人は先々も非常に明るいもの、独創性を鍛える具体的な術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。