勘違い男の撃退も難しいもの、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術



身の回りを見渡すと、勘違い男がいて撃退を考えることがあるもの。勘違い男を簡単に言えば、自意識過剰で自らはモテると信じ込んいる男性です。

無暗やたらと上から目線の言い方をしてきたり、彼氏を気取ってくるようなところがあります。

そんな勘違い男は、自分自身が思い込んでいるだけであれば良いのですが、稀に周囲に被害を及ぼすことにもなりかねません。

こうした勘違い男は幼少期から溺愛されて育ってきた人が多く、自己中心的ともなりやすいので、周囲の空気や察することができません。

但し、挫折を感じたことがない男性も同様で、ストーカーになるなど怖いところもあり注意が必要です。

ここでは、勘違い男の撃退も難しいもの、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術を紹介しています。

 

 

 


勘違い男の撃退も難しいもの、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術


 

| 1.諦めもつきますが、勘違い男は一筋縄ではいかないという

社交辞令を口にしないということ。普通の人間であれば断られ続ければ諦めもつきますが、勘違い男は一筋縄ではいかないというもの。

女性側が相手を傷付けないように柔らかな表現で断っても、勘違い男はまだチャンスがあると思い込むことにもなりかねません。

勘違い男に対しては社交辞令は必要もなく、撃退していくには女性側が意識し断り方を考えるのも、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術の一つ。

 

| 2.執拗に誘ってきたり自己アピールを繰り返すというもの

話は上手く受け流すということ。勘違い男は相手の気持ちを察することもできず、執拗に誘ってきたり自己アピールを繰り返すというもの。

但し、断りすぎるのも可哀想かななど、優しい態度を見せるのは非常に危険な行為にもなりかねません。

勘違い男は普通の人間よりメンタルが強い傾向があり、真面に相手をせず上手に受け流すのが得策の、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術の一つ。

 

| 3.教えれば、可能性があると勘違いし頻繁に連絡がくると

LINEはブロックするということ。連絡先を教えないのも重要ポイントで、LINEや電話番号を教えれば、可能性があると勘違いし頻繁に連絡がくるというもの。

特にコミュニケーションが取りやすいLINE交換をしてしまった場合は要注意で、勘違い男の恥ずかしすぎる猛烈アピールが始まることにもなりかねません。

余りに執拗な場合は、思い切ってLINEをブロックするのも一つの対策になる、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術の一つ。

 

| 4.次の被害者を出さないために厳しく指摘するというもの

勘違いを指摘するということ。勘違い男を相手し続けている場合、非常にストレスが溜まるもので、次の被害者を出さないために厳しく指摘するというもの。

上から目線の言い方が止まらない時には、本当に良い男というのはそんな発言はしない、そんな風に明確に指摘するのも、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術の一つ。

勘違い男に向かっては毅然とした態度を示すことが非常に重要で、曖昧な言い方は期待をもたせることになるので、時には冷酷になる必要があります。

 

| 5.いる場合、完全に縁を切るようなことは難しくなるという

できる限り関わらないということ。職場など同じコミュニティーに勘違い男とがいる場合、完全に縁を切るようなことは難しくなるというもの。

できる限り関わらないようにするため、休憩時間だったり帰り道などで行動パターンをずらすのも、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術の一つ。

接点もない期間が続けば、流石の勘違い男も新しいターゲットを見つけるようになり、時間は掛かりますが根気よく続けることが重要なポイントです。

 

 

 


勘違い男には様ざまな点が見られるもの、知っておきたいその心理状況


 

| 1.異常に高く、それが傷付くことに恐怖心を感じるという

プライドが異常に高いという心理状況。勘違い男に見られるのが、プライドが異常に高く、それが傷付くことに恐怖心を感じるというもの。

なので、自らのプライドが傷付いて評価が下がるようなことになれば、相手を貶めることをしても守ろうと躍起になることにもなりかねません。

恋愛では女性に対する告白が成功しなければ、プライドが傷付いて逆上する傾向があり、、勘違い男は相当厄介な存在です。

 

| 2.モテると思い込んでいて、意中の女性を執拗に誘う傾向

執拗にデートに誘うという心理状況。勘違い男は本気で自分がモテると思い込んでいて、意中の女性を執拗に誘う傾向があるというもの。

自分が相手なら喜んでデートに来るといった過剰な自信があるためで、断っても何回もデートに誘ってくるので女性は迷惑千万ということにもなりかねません。

勘違い男が仕事上の取引相手の場合は、相当厄介なことにもなりかねません。

 

| 3.普段の日常生活から惚れっぽい恋愛傾向にあるというもの

とにかく惚れやすいという心理状況。勘違い男に見られるのが、普段の日常生活から惚れっぽい恋愛傾向にあるというもの。

ちょっとした話を社交辞令で褒めた場合、自分に好意を持っていると思い込み、その女性を好きになってしまいかねません。

そして自分が振られるはずがないという勝手な思い込みで、執拗にアプローチを繰り返すことにもなりかねません。

 

| 4.彼氏でもないのに、意味不明な彼氏面をしてくるという

LINEで彼氏面をするという心理状況。勘違い男の痛いところが、LINE上で彼氏でもないのに、意味不明な彼氏面をしてくるというもの。

更に、落ち込んだことをSNSにアップすれば、逐一チェックしていて、彼氏面をしたレスを付けてくることにもなりかねません。

両想いと思ってしている行為かも知れませんが、正直好きでもない男性に彼氏面されるのは困惑することにもなりかねません。

 

 

 


勘違い男の撃退法は職場でも必要になる?注意したいなってしまう原因


 

| 1.育てられた、そういった経験のある人が多い傾向がある

過保護に育てられたということ。勘違い男は幼少の頃に家庭で過保護に育てられた、そういった経験のある人が多い傾向があるというもの。

何でも我が儘を聞いてもらえたり、怒られなかったりする幼少期が勘違い男を生み出す原因の一つです。

そうした人生を過ごしてきた結果、身体は大人でも精神的には子供のままといった状態が、勘違い男を作り出すことにもなりかねません。

 

| 2.そのプロセスで自分よりも優秀な人がいることを知ると

挫折の経験がまれということ。多くの人間は人生の中で挫折だったり失敗を経験して、そのプロセスで自分よりも優秀な人がいることを知るというもの。

但し、勘違い男は挫折だったり失敗を経験したことが稀れなので、自信過剰といった状態になりがちです。

自分より優れている人物はそうそういない、そうした思い込みが勘違い男の態度を更にエスカレートさせていきます。

 

| 3.人間関係で女性と接した体験は意外と少ないというもの

女性との接点が少ないということ。モテを自称している勘違い男ですが、恋愛上級者ではなく、成長途上の人間関係で女性と接した体験は意外と少ないというもの。

なので、普通の人であれば好意ではなく社交辞令と分かるようなことでも判断ができず、少し女性に優しくされると、自分に好意を持っていると勘違いすることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

自らはモテると信じ込んいる男性です。ここでは、勘違い男の撃退も難しいもの、効果的なやり方を掴んで被害を避ける術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。