人混みが苦手はスピリチュアルに関係する?思考を変え克服に繋げる術



人生を過ごしていると、人混みが苦手と思う時もあるもの。そんな人混みが苦手な人は、hspなどで非常に感受性が高いという傾向があります。

hspの人は常に五感がフル回転で動いていて、情報が過多にもなりやすいことから、疲れやすく生きづらさを感じることにもなりかねません。

また普通の人同様に日常生活を過ごしているような人でも、些細なことに気付きやすい人は、大勢の人が集う人混みが苦手ともなりかねません。

人混みが苦手な病気は他にも発達障害などもありますが、時にはどうしても避けられない場所もあり我慢して出掛けることになります。

なので、人混みが苦手で頭痛がするというような時は注意も必要。

ここでは、人混みが苦手はスピリチュアルに関係する?思考を変え克服に繋げる術を紹介しています。

 

 

 


人混みが苦手はスピリチュアルに関係する?思考を変え克服に繋げる術


 

| 1.以前の段階で、己自身から見てしまうのも良い方法の一つ

人間の観察を楽しむということ。他人の視線を感じると不安が湧き起こるような人は、相手に見られる以前の段階で、己自身から見てしまうのも良い方法の一つというもの。

人混みが苦手でも人間の観察をしながら進めば、意外に楽しく面白い発見もまた出てくる、思考を変え克服に繋げる術の一つ。

見られているという恐怖心は、己で己自身にプレッシャーをかけることになるので、違った角度から人混みを眺めていくことも重要ポイントです。

変わった服装の人や魅力的な異性など、己自身が見られるターゲットではなく、見る対象があれば人の目線もさほど気にならなくなります。

 

| 2.更に不安を掻き立てられるようなこともなるというもの

音楽を聴いていくということ。人混みが苦手な人は、周りの人たちの行動や発する物音に、更に不安を掻き立てられるようなこともなるというもの。

他人の話し声や笑い声など、知らない人の発する物音に不安になりかねず、そんな時はイヤホンを装着し音楽を聴きながら行動していくのも、思考を変え克服に繋げる術の一つ。

音がブロックされるメリットだけでなく、好きな音楽によってモチベーションが上がれば、苦手な状況も多少は楽しめることに繋がるかも知れません。

但し、余りにボリュームが大きいケースでは、全く周りの音が聞こえなくなるので、危険を避けるためにも音量の調整は適度にします。

 

| 3.ところがあって、知らない人と肌が触れるのは毛嫌いする

消毒ジェルを携帯するということ。人混みが苦手な人の中に見られるのが、潔癖症なところがあって、知らない人と肌が触れるのは毛嫌いするというもの。

潔癖症の人は、店舗のドアの取っ手を触るのが嫌だったり、レストランの食器が汚れてないかが気になるなど、人混みでは知らない人間と接触したくありません。

そんな時は消毒ジェルやウェットシートを携帯するのが良く、気になる時にはすぐ手を拭き快適な状態にするのも、思考を変え克服に繋げる術の一つ。

但し、公共の場所では雑菌も多く、風邪の流行シーズン時には注意も必要で、潔癖すぎて疲れることになりかねませんが、綺麗好きなのは自身のメリットの一つです。

 

| 4.居心地も悪くなり余計な神経を使い疲れることにもなる

熱中できるものを探すということ。人混みが苦手な人は嫌悪感が湧き上がってくれば、居心地も悪くなり余計な神経を使い疲れることにもなるもの。

外出先で一旦休憩しなくてはならない時もあり、そんなシーンを避けるのに意識を向けないで、他に熱中できるものを探すのも、思考を変え克服に繋げる術の一つ。

混雑している電車の中では、他の人の肌が触れ合ったりすれば気分も悪くなりますが、その瞬間だけを意識することになれば引き摺ってしまうことになりかねません。

結果として、車内の広告に目を向けたりスマホでニュースをチェックするなど、集中するやり方を己なりに身に着けるのが改善へと繋がりますす。

 

 

 


人混みが苦手な病気も世の中にはあるもの、注意しておきたい心理状態


 

| 1.己自身パーソナルスペースも狭いという理由があるという

知らない人には近寄りたくないといった心理状態。人混みが苦手な人の心理に良く見られるのが、己自身パーソナルスペースも狭いという理由があるというもの。

さほど気にすることなく、相手との距離を取りながら人付き合いをするタイプもいますが、パーソナルスペースは精神的に相手との関係性を示す距離です。

親しい人ほど距離も近くなりますが、赤の他人は1m以上も離れていなければ、不安が募ることにもなりかねません。

 

| 2.会場等の風景を想像し、出掛けるのも億劫になるという

体力的に疲れるといった心理状態。人混みが苦手な人の心理に見られるのが、大勢の中での行動は体力的に疲れるので。混雑するセール会場等の風景を想像し、出掛けるのも億劫になるというもの。

混雑した環境は余分に歩いたりするほか、長時間立ったままの状況になったり、空いている場所なら必要もない無駄なエネルギーを消費しかねません。

そんな苦手な人混みの中へと出掛けていけば、精神的な疲労だったり身体的な疲れが同じように重なることになりかねず、自宅に辿り着いた時は何も手が付けられないことになりかねません。

 

| 3.人間嫌いの人は沢山の人が集まる場所は全く興味がない

人間が好きではないといった心理状態。ヒューマンウォッチングを楽しむ人は、人混みは刺激的にも見えますが、人間嫌いの人は沢山の人が集まる場所は全く興味がないというもの。

人間嫌いのケースでは、大勢の人に囲まれるという環境はとても不安なものになりかねず、好きではない動物が己の回りに集まっているようなものです。

人間好きな人は己から積極的に知らない相手にも話し掛けたりできますが、好きと嫌いの単純な違いで人混みが苦手ということになりかねません。

 

 

 


人混みが苦手になったという話しもあるもの、覚えておきたい原因面


 

| 1.周りから注目されているような怖い目線を感じるという

目線が気になるということ。気にするほど他人が見ることは稀ですが、人混みが苦手な人は、周りから注目されているような怖い目線を感じるというもの。

大勢の人たちが集まる所には、あらゆる視線も飛び交っていて、人混みが苦手な人は知らない人たちの笑い声が耳に入っただけでも、笑い者にされていると不安が募りかねません。

被害妄想やトラウマが関連していることもあるなど、出掛ける時は体調を崩してしまうほど負担を感じることになりかねません。

 

| 2.タイプは、混雑する環境下の時間のずれがが嫌いという

計画通りには行動できないということ。人混みが苦手な人は計画通りに行動することができないので、普段から分刻みで動きたいタイプは、混雑する環境下の時間のずれがが嫌いというもの。

空いている店舗なら数分で済む買い物が、セールで混雑している時は、レジで数十分間も並ぶことになりかねません。

大型連休や年末年始など一斉に人が移動する時期は、時間にゆとりを持たなくてはならないので、敢えて外出は避けることになりかねません。

 

| 3.している、そういうタイプも多々存在している可能性が

どんな人がその場にいるか分からないといったこと。人混みの中には己自身が非常に苦手としている、そういうタイプも多々存在している可能性があるもの。

大声で話す人だったり接触しても謝らないマナーも悪い人など、沢山の人が集まる場所ほど、己自身にとって不快な人物に遭遇する確率も高くなります。

結果として、人混みが苦手な人は、外出先の思わぬトラブルを避けるため、できるだけ出掛けないようにすることにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

非常に感受性が高いという傾向がある。ここでは、人混みが苦手はスピリチュアルに関係する?思考を変え克服に繋げる術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。