被害者面する人はソシオパスかも知れない、上手く処理していく具体策



身近なところにも、被害者面する人がいるもの。何かの問題が会った時、それが被害者面をする人であればなかなか厄介なことにもなりかねません。

被害者面とは、損害や被害にあったかどうかはとは関係なく、自分が被害を被った側であるとアピールするような態度のことです。

被害者面するのは病気の場合もありますが、嫌な思いをしたとか被害を受けたなど、主張をして見返りを求めたりすることにもなりかねません。

更にトラブルに巻き込まれた時などは、自分を守ろうとする気持ちが非常に強く、叱責されたり不利益を被ったりを過剰に恐れるところがあります。

なので、接する際は注意も必要。

ここでは、被害者面する人はソシオパスかも知れない、上手く処理していく具体策を紹介しています。

 

 

 


被害者面する人はソシオパスかも知れない、上手く処理していく具体策


 

| 1.身に覚えのないことで己自身が加害者へとされてしまう

話は聞き手に回るということ。被害者面する人との間でトラブルへと巻き込まれたケースでは、身に覚えのないことで己自身が加害者へとされてしまうこともあるもの。

結果として、積極的に意見を主張するのはもちろんのこと、話す側に回ったりすることを控えた方が良いかも知れない、上手く処理していく具体策の一つ。

適切な相槌を打つことで相手の話したい気持ちを満たすようにするほか、揚げ足を取られないようにして、聞き手に専念する方が良い場面は多くあります。

 

| 2.そんな振合いに理解を示すことも重要ポイントというもの

相手側の共感を得るということ。被害者面する人を相手に対しては、己自身は仲間である、そんな振合いに理解を示すことも重要ポイントというもの。

相手の反感を買ってしまうと、敵と認識されることにもなって、加害者にされてしまうことに繋がりかねません。

そうならないように、相手側の共感が得られる話し方を意識する方が良く、否定をすることなく相手の言葉を受け入れ、相槌を打ち賛同するようにします。

被害者意識が強いといった感情は、共感して寄り添ってあげれば話しもしやすくなる、上手く処理していく具体策の一つ。

 

| 3.プライドを取り返す工夫をすることも良い手段というもの

自尊心を取り返して貰うということ。被害者面する人が自尊心が傷付いてそうなっているケースでは、プライドを取り返す工夫をすることも良い手段というもの。

手芸が好きな人ならやり方を教わったりする他、料理が得意なら得意料理レシピを教えて貰うようにするのも、上手く処理していく具体策の一つ。

何かを教えるという風な行動を通じて、本人の自信を取り戻しせることになり、自尊心の向上へと繋がっていくことも期待できます。

 

| 4.大きな負担があり、精神的に参ることもあるというもの

周りの人たちに相談するということ。被害者面する人の意識の矛先がこちらを向いている場合、一人で対応し続けるのも大きな負担があり、精神的に参ることもあるというもの。

少しでも辛く感じた時は己一人で対処しないで、できるだけ早く信頼できる人やケアマネージャーへと相談するよう心掛けます。

相談しても理解などして貰えない、そういった焦りだったり不安から相談を躊躇ってしまう人もいますが、早めの相談は吉と出る上手く処理していく具体策の一つ。

 

| 5.選択肢も、己自身の健康を維持するために重要というもの

距離を一旦置くということ。周りに相談することに加え、被害者面する人の矛先がこちらに向いているケースでは、時には一旦距離を置くという選択肢も、己自身の健康を維持するために重要というもの。

離れている間は趣味やりたかったことにチャレンジするなど、己自身を労る時間として使い、心にエネルギーを溜め込むようにし心身を完全に休養させます。

すぐに距離を置くことは難しい場合でも、一人で抱え込むようなことはしないで、第三者に相談し適切な距離の取り方を検討するのも、上手く処理していく具体策の一つ。

 

 

 


そこには色々な面が見られるもの、注意したい被害者面する人の特徴


 

| 1.反対の意見を口にすること自体が非常に多いというもの

ネガティブ発言が多いということ。被害者面する人に見られるのが、ネガティブ言葉や反対の意見を口にすること自体が非常に多いというもの。

でもとかだけどといった文章との間を繋ぐ接続詞も多く、前半の文章と違った意見の文章を持ってきたい際に頻繁に使います。

こうしたネガティブな言葉や接続詞を多用するタイプは、文句だったり愚痴が多くなりがちで、被害を己自身が被っているとか迷惑しているなど、そういった意識が言葉へと表れているのかも知れません。

 

| 2.それは主観的な見方が癖になっているからかも知れない

感情的になりやすいといったこと。被害者面する人は感情的になりやすいところもあり、それは主観的な見方が癖になっているからかも知れないもの。

良く人の気持ちになり換わって行動しましょうとも言われますが、主語が自分ばかりになっていることに繋がりかねません。

己自身を第三者の立場で客観視し冷静に捉えることが、被害者面する人と上手く折り合うことには必要かも知れません。

 

| 3.周囲の人や環境に依存しがちとなってしまう傾向にある

人や環境などに依存しがちということ。被害者面する人にあるのが、周囲の人や環境に依存しがちとなってしまう傾向にあるというもの。

周りの人たちに頼ることは意識しないで当たり前となっていることがあり、無意識的なかまってちゃんとなっていることもあります。

結果として、己自身が想像していたものとは違う結末になれば、期待を裏切られたと被害者意識が剥き出しになりかねず、他力本願で受身な姿勢は変りません。

 

 

 


被害者面をやめたいときも多々あるもの、覚えておきたいその原因面


 

| 1.守るため、そういった手段になっているところもあるもの

己自身を守るためということ。被害者面する人は、それが自己防衛や己自身を守るため、そういった手段になっているところもあるもの。

己自身が被害者だと思い込むことで、自分は悪くなくて責任逃れがしたい、そうした深層心理が働いているのかも知れません。

何かあれば、言い訳をしたり文句を言ったりすることにより、己自身が被害者であるといったことを、アピールすることに繋がりかねません。

 

| 2.被害者意識へと強い影響を及ぼすこともあるというもの

トラウマがあるといったこと。過去にあった出来事がトラウマとなって、被害者意識へと強い影響を及ぼすこともあるというもの。

誰かに裏切られたりをはじめ、己に非がない場面で他から責任を押し付けられた、そういった体験がある人は似たシーンに陥ると、トラウマから防衛本能が立ち上がることにもなりかねません。

再び同じような思いをしたくないという強い気持ちから、被害者意識もが強まってしまうことになりかねません。

 

| 3.過ちを認める、そういった態度に抵抗感を抱くというもの

異常にプライドが高いということ。異常にプライドが高い人に見られるところが、己自身の失敗や過ちを認める、そういった態度に抵抗感を抱くというもの。

上手くいかなかったのは己自身の責任ではなく、周りの人たちのせいと主張することで、己の地位を脅かされないようにという気持ちが働くのかも知れません。

 

 

 

まとめ

アピールするような態度のことになる。ここでは、被害者面する人はソシオパスかも知れない、上手く処理していく具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。