反感を買う人はサイコパスかも知れない、意味を知り改善に向かう方策



日常生活を過ごす中で、反感を買うこともあるもの。自らの発言や振る舞いで、相手に怒りの感情を湧き上がらせるような時。

こんな反感を買いやすいタイプは敵を作ってしまうことも多くあり、相手を肯定しないで否定的だったり、自分中心的な行動しかしません。

反感を買うの意味はというと、言い換えれば怒らせてしまったり反発されるということになります。

何一つ良いことがない反感を買われるという自覚がある場合、早急に対応しなければ孤立したり仲間外れにされることにもなりかねません。

こうしたことを考えず、実際に後悔している人は非常に多くいるので注意が必要です。

ここでは、反感を買う人はサイコパスかも知れない、意味を知り改善に向かう方策を紹介しています。

 

 

 


反感を買う人はサイコパスかも知れない、意味を知り改善に向かう方策


 

| 1.嘲笑していると、人は不快に感じ反感の気持ちを抱くもの

態度や表情に注意するということ。真剣な話をしているとき聞きながら嘲笑していると、多くの人は不快に感じ反感の気持ちを抱くもの。

反感を買ってしまったことを自覚した際に最も大事なのは、態度や表情に注意することで、何よりも先ず場違いな態度や表情は改めることが重要。

具体的には相手が真剣な話をしている時は、興味がなくても真摯な表情で耳を傾けるべきで、相手が冗談を言っている時は暗い表情にならないようにします。

自分自身がどう感じるかばかりを優先せずに、どう相手が反応して欲しいのかを考慮した上で、場面に似合った態度がとれるよう心掛けます。

 

| 2.大事な点が、何よりも先ずどうしてかを理解するという

否定する癖を直すということ。反感を買うときに正しく対処するのに大事な点が、何よりも先ずどうしてかを理解するというもの。

反感を買う理由の中で最もありがちなものが、人間には誰にでもある過剰な否定で間違いはありません。

もちろん人によりどれほどの度合いで不快を感じるかは差がありますが、少なくとも否定をされて気分が良しという人はいません。

例え相手の意見を否定しないといけない局面でも、決して全否定などはせず、ところどころ肯定しながら結論を否定に導くのが意味を知り改善に向かう方策の一つ。

 

| 3.回避するため、職場等でプライベートな自慢をしないと

プライベートの自慢話は避けるということ。反感を買うのを回避するため、職場等でプライベートな自慢をしないというもの。

自らのプライベートの自慢話をしただけで、職場の人に妬まれてしまい、それが切っ掛けで嫌がらせを受けたりすることにもなりかねません。

なので、職場には仕事をするために来ている、そんな風に割り切って、上司や同僚とは適切な距離を維持するよう心掛けます。

 

| 4.相手に対し不満を抱えて、次第に反感を持つようになる

話し方を工夫するということ。話し方が威圧的だったりすると、相手に対し不満を抱えて、次第に反感を持つようになるもの。

一旦生じた反感に対しての意味を知り改善に向かう方策の一つが、相手との意思疎通の中で最も基本的な話し方を工夫するということ。

例え相手に向かって厳しい意見をいう時でも、明白に敬語になっているかを意識するだけで、ある程度印象が変わってきます。

乱暴な言葉遣いの場合、相手の反感を煽ることにもなりかねず、もし自分自身の言い方が良くないと感じていれば早めの対応が必要。

 

| 5.冷静になり落ち着いてから状況の把握に努めるというもの

観察に努めるということ。職場などで反感を変われた場合、冷静になり落ち着いてから状況の把握に努めるというもの。

自らに反発を覚える気持ちが湧いてきても、堪えることが大切で、相手と同じようになると収拾がつかなくなることにもなりかねません。

相手の表情や様子をよく観察し、反感を買った理由や切っ掛けを冷静に分析します。

 

 

 


反感を買わない人の対極にある?覚えておきたい反感を買う人の特徴面


 

| 1.多かれ少なかれ誰もが失敗を犯してしまうというものです

自らの過ちを認められないということ。完璧な人間など存在することはなく、多かれ少なかれ誰もが失敗を犯してしまうというもの。

それ自体は決して恥ずかしいことではなく、大事なのは失敗してしまった後の対応で、取り返しがつくものなら問題はありません。

迷惑を掛けてしまった人たちに失敗を認め謝罪をし、次回に同様のことを繰り返さないよう対策に繋げます。

こうした姿勢を見せていく場合、周りの人たちと相互扶助の精神で、互いにカバーしながら上手くやっていけます。

 

| 2.間違いなく他者からの反感を買ってしまいがちというもの

自慢話ばかりするということ。口を開けば自慢話ばかりという人の場合、間違いなく他者からの反感を買ってしまいがちというもの。

誰しも時折り自慢をしたくなることがありますが、話を聞いている相手側は愉快な気持ちには決してなりません。

更に自慢話をする人は、相手に対し自らの優位性を示そうとする気持ちがあり、どうしても上から目線で見下すような言い方になりかねません。

虚栄心も強く話を盛ったり脚色したしますが、聞く人には簡単に見破られるので反感を買うのは当たり前というもの。

 

| 3.考え方ややり方など、好みを他者に押しつけるというもの

自らの好みを人に押しつけるということ。反感を買う人に見られるのが、自分自身の考え方ややり方など、好みを他者に押しつけるというもの。

初めてその仕事を経験する新人の場合、上の先輩などから教わった通りのやり方をするのは至極当然

但し、ある程度の経験を積み重ねてその仕事を自らのものにした段階では、自分なりのやり方ができてくることになります。

こうした自分なりの仕事の流儀を変えた方が良いと指摘された場合、誰しも良い気持ちはせず反感を買うことにもなりかねません。

 

 

 


反感を買ったことは人生で誰しもあるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.それについて必要以上に厳しく責められるというものです

自分自身に甘く人には厳しいという心理状況。仕事で些細なミスを犯した時、それについて必要以上に厳しく責められるというもの。

もちろん失敗するのは褒められたことではなく、上司や先輩として指導するという役割もあるに違いありません。

但し、ミスを許さないような人に厳しく責められた場合、反感を買うことになるのはある意味致し方ありません。

 

| 2.自身だけが大事で、他者のことは全く気に掛けないという

自己中心的という心理状況。ナルシシズムが強過ぎ自分自身だけが大事で、他者のことは全く気に掛けないというもの。

皆で決定することを独断で決めたり反対意見に聞く耳を持たないなど、自己中心的な行動に出ることが多々あります。

そうした振る舞いを指摘をする人が現れても、自分自身が良ければという考えを持っていて、聞き流して我が道を貫くことにもなりかねません。

 

| 3.楽しいことばかりでなく、嫌なことなども多く遭遇する

負の感情に同調を求めるという心理状況。人生には様ざまなことがあり、嬉しいことや楽しいことばかりでなく、嫌なことなども多く遭遇するもの。

良い出来事を誰かと共有するのはいいことですが、負の感情に苛まれた際、周りの人たちに同意を求めるような動きをする人もいます。

苛立った態度を隠さないで場の空気を悪化させたり、怒りの対象に向かって攻撃を仕掛けるような人は、客観的に見ても反感を買うのは当たり前。

 

 

 

まとめ

怒りの感情を湧き上がらせるような時。ここでは、反感を買う人はサイコパスかも知れない、意味を知り改善に向かう方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。