独り言多い人の末路も心配になるもの、上手に黙らせていく具体的な術



身の回りを見渡すと、独り言多い人がいるもの。そんな人は職場にもいて、うるさい独り言に悩まされることにもなりかねません。

側で聞いていれば苛立つほどの独り言ですが、周囲に聞こえていると分かってかいないのか、なぜか止まることはありません。

独り言が多い人を苦手にする人も多く、職場にいると気も散って仕事に集中できないばかりか、生産性を下げてしまうことにもなりかねません。

もちろん注意をすれば良いのですが、独り言が多い人が目上の人物の場合、簡単にはいかず対応に苦慮することになります。

なので、仕事に向かって集中できる環境を整えたいのなら、向き合い方を予め掴んでおくことが重要なポイント。

ここでは、独り言多い人の末路も心配になるもの、上手に黙らせていく具体的な術を紹介しています。

 

 

 


独り言多い人の末路も心配になるもの、上手に黙らせていく具体的な術


 

| 1.飽くまで気付いてもらうようような言い方をするという

独り言を言っていると優しく注意するということ。独り言が迷惑という責める口調ではなく、飽くまで気付いてもらうようような言い方をするというもの。

本人がどういうつもりで独り言を呟いていたかに関わらず、無意識に声が出ていますというスタンスで優しく注意するようにします。

ストレートに言うことにはなりますが、相手にも逃げ道が残り、傷付けることもない上手に黙らせていく具体的な術の一つ。

 

| 2.ネガティブな内容が多いときは救難信号かも知れないもの

先ずは話し掛けるということ。独り言の内容には注意した方が良く、あまりにネガティブな内容が多いときは救難信号かも知れないもの。

そのまま放置しておくとうつ症状になることにもなりかねず、相手との関係性にもよりますが先ずは話し掛けるよう心掛けます。

大丈夫ですかとか、良かったら話を聞きますなど、親切に声をかけてあげると悩みを打ち明けてくれるかも知れません。

対話をすることが独り言を止める切っ掛けにもなり、満たされれば言う必要もなくなる上手に黙らせていく具体的な術の一つ。

 

| 3.多い人の中には、まったく自覚がないような人もいるもの

自覚がない時は独り言を録音するということ。普段から独り言が多い人の中には、まったく自覚がないような人もいるもの。

そうした人は注意や指摘をしてみても、全然信用してくれないということにもなりかねません。

録音してみることにより、初めて気づく時もある上手に黙らせていく具体的な術の一つ。

独り言多い人にありがちなのは、一人だけの際に呟くのが癖になってしまっていることもあり、その時の様子を録音するようにします。

 

| 4.職場で直接的に上司に部下が怒鳴られることは減っている

独り言多い人が上司の場合、目上の上司に相談するということ。パワハラが問題視されている現状では、職場で直接的に上司に部下が怒鳴られることは減っているもの。

一方で、自分が苛立っていることを愚痴で露わにし、雰囲気で部下を押え付けようとする上司も中にはいます。

これは意図的に行っている独り言で、部下から注意するのは難しいので、目上の上司に相談するのが上手に黙らせていく具体的な術の一つ。

 

 

 


切っ掛けには様々な要因がある、知っておきたい独り言が多い人の特徴


 

| 1.周りの人たちに迷惑だと気配りできないことがあるもの

マイペースで周りが気にならないということ。独り言が多い人は自らの作業に意識が集中し過ぎ、周りの人たちに迷惑だと気配りできないことがあるもの。

元来マイペースな傾向がありあまり周囲の人たちが気にならないタイプの場合、自分が思っているよりも大きな声で独り言をいってしまいかねません。

複雑な業務を確認しながら行う際などは特に、周りの人たちが煩く感じているのも気が付かないほど、夢中になって独り言を口にしています。

 

| 2.発散させたい、そういった衝動に駆られることがあるもの

ストレスが溜まっているということ。職場ではストレスのせいで、大きな声を出して発散させたい、そういった衝動に駆られることがあるもの。

とは言え、上司や同僚に向かって愚痴を言う訳にもいかず、大きな声でどうでも良いことを発してストレス解消に役立てます。

昼飯は何を食べようかなど周囲が反応しづらい内容を口にしますが、実際は別のことでストレスを溜め込んでいて、このような独り言に変わっています。

 

| 3.明らかでも、反応を催促するかの如く繰り返す人がいる

孤独感を感じているということ。言っている内容を耳にして独り言なのが明らかでも、反応を催促するかの如く繰り返す人がいるもの。

煩く感じるほど独り言を口にするのは、かまって欲しい気持ちの表れで、寂しさや孤独を感じているので誰かと話したいということです。

上手く会話に持っていくことができないような場合、独り言を拾って欲しいと考えどうしても煩くなりかねません。

 

| 4.人たちに聞こえるのも構わず独り言を口にするというもの

失敗した自分へ忠告したいということ。失敗を避けようと思う強い気持ちから、周囲の人たちに聞こえるのも構わず独り言を口にするというもの。

なぜあの時ああしなかったとか、もっとこうしたら良かったなど、気合の入った少し大きめの声で煩く独り言を口にします。

これは誰かに聞いて欲しいというより、過去の失敗した自分自身への忠告で、喝を入れるため自己暗示をかけるかのように言います。

 

 

 


うるさくなるのは致し方ないかも、注意したい独り言が多い人の心理


 

| 1.覚えたりした場合、独り言を喋る人は案外に多々いるもの

考えを声に出し整理したいという心理。新しく何かについて学んだり覚えたりした場合、独り言を喋る人は案外に多々いるもの。

こうした行動は暗唱することで、しっかりと頭の中に叩き込み記憶に留めようとするやり方の一つです。

人によっては、誰かに説明したり語りかけたりするかのように喋りだすので、周囲の人たちの気を散らして迷惑を掛けることにもなりかねません。

自分自身の頭の中を整理整頓したいという気持ちから、独り言を喋るように声に出して確認しています。

 

| 2.間違いや誤りがないよう声に出して確認するというもの

間違いがないように安心したいという心理。仕事中に個々の作業に対し、間違いや誤りがないよう声に出して確認するというもの。

周りの人たちにとっては特に重要な内容という訳でもないので、ただのうるさい独り言と受取られかねません。

但し、独り言を口に乗せてる人は、自らの仕事の進捗状況を訴えていると同時に、見落とし等のミスがないをか確認する気持ちで言っています。

心配性なので、声出し確認をすることで、間違いや誤りがないよう安心したいという心境からです。

 

| 3.アピールしたいと思った際、独り言を口に乗せるという

かまって欲しいという心理。誰かに相談するほどの用事ではないのに、少しだけアピールしたいと思った際、独り言を口に乗せるというもの。

アピールしてどうするのかと言えば、ただ単に反応して欲しいだけということにもなりかねません。

自分自身の状況や愚痴をそれとなく独り言で唱えることで、周囲の人たちにどうしたのと構って貰いたがっています。

何となく会話もなく寂しいと感じたり、疎外感が心に浮かぶような時も、気にかけて欲しくて独り言を口にします。

 

 

 

まとめ

早々悩まされることになりかねません。ここでは、独り言多い人の末路も心配になるもの、上手に黙らせていく具体的な術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。