先送り症候群の末路も厳しいもの、先々に向け上手く乗り切っていく術



日々を過ごしていると、先送り症候群が心配なことがあるもの。こうした先送りしてしまう振る舞いは、明確な理由がないまま行動を遅らせている時に起こります。

子供では友達との約束や宿題を後回しにしたり、大人になると業務や家事を先延ばしにする行動が見られます。

この先送り症候群は、先延ばし症候群とかpcn症候群、そうした行動で知られる心理学の解析対象の一つ。

但し、問題は組織やグループ中に先送り症候群の人がいる時に起こる伝染で、組織的業務の遅れや動きが止まってしまう等の重大な事態へと発展しかねません。

なので、自分が先延ばし癖逃げ癖がある人間と認識がある時は、注意していく必要性があります。

ここでは、先送り症候群の末路も厳しいもの、先々に向け上手く乗り切っていく術を紹介しています。

 

 

 


先送り症候群の末路も厳しいもの、先々に向け上手く乗り切っていく術


 

| 1.つい他のことが気に掛かり手を付けてしまうこともある

集中できる環境を用意するということ。目の前に締め切りが迫っていても、つい他のことが気に掛かり手を付けてしまうこともあるもの。

こうした行為はセルフ・ハンディキャッピングと呼称され、上手くいかなかった際に外的要因の責任にし、プライドを維持する心理状態を指します。

このような傾向がある人は自覚して、物理的に集中力を中断させるものを遠ざけるなど、作業に集中できる環境を用意するのが先々に向け上手く乗り切っていく術の一つ。

 

| 2.良いのかか分からず、面倒臭い気分になりやすいものです

細かくタスクを別けて取り組むということ。すべきタスクが余りに大きくて曖昧な場合、どこから手を付ければ良いのかか分からず、面倒臭い気分になりやすいもの。

一単位の仕事で考えれば時間的にゆとりがあるように思え、先送り症候群が持ち上がってくることにもなりかねません。

そうならないようタスクを別々にして、小さく明確なものにしていくのが先々に向け上手く乗り切っていく術の一つ。

こうすると個々の作業のハードルも下がりって取り組みやすくなる上、どれほど全体で達成できたかも視覚化できモチベーションも上がります。

 

| 3.締め切りまでにあると、先送り症候群が湧き上がることも

2ステップに別けて締め切りを設定するということ。時間的なゆとりが締め切りまでにあると、先送り症候群が湧き上がることもあるもの。

そうした人は己自身の心の中に1段階早めの締め切りを設定するのが、先々に向け上手く乗り切っていく術の一つ。

正式な締め切り日より3日ほど早めをカレンダーに登録、その期日に向かって何がなんでも取り組むことを意識するよう心掛けます。

 

| 4.直していくには覚悟と頑強な気概を持つことが大事という

失うものを認識していくということ。先送り症候群は一夜にして解消できるものではなく、何よりも直していくには覚悟と頑強な気概を持つことが大事というもの。

そのためには頭の中でイメージしてみることが効果的で、先送り症候群を治さなければ周囲の人たちから、駄目人間と受取られるかも知れないと考えます。

他にも最後は信用を失い見放されるかもなど、頭の中でイメージするのが先々に向け上手く乗り切っていく術の一つ。

こうした危機意識を持つことで、これから先送り症候群から立ち直っていくことに繋がりやすくなります。

 

| 5.頭で思い巡らす前に、とりあえず始めてみるというもの

機械的にスタートするということ。先送り症候群を持つ人が試みたいのが、あれこれ頭で思い巡らす前に、とりあえず始めてみるというもの。

意欲が湧いたら取り掛かろうと先送りする人もいますが、面倒臭く感じるタスクは何時まで待ってもやる気は湧きません。

先述したようにタスクを小さく別けた上で、取り掛かりやすい箇所から始めるのが、先々に向け上手く乗り切っていく術の一つ。

 

 

 


先送り症候群の治療も考えたい時もあるもの、注意しておきたい原因面


 

| 1.悩みが尽きないで何時まで待っても決めきれないという

優柔不断であるということ。何にしようかとかどちらが良いかなど、悩みが尽きないで何時まで待っても決めきれないというもの。

悩んで迷った挙句の果てに結論が出なければ、考えること自体を止めてしまうことにもなりかねません。

結果的に、立ち止まったまま前進することもできず、その局面から次へ移ることが困難になることにもなりかねません。

 

| 2.気に掛かることなど、想像して心配してしまうというもの

心配性であるということ。確定してもいない未来だったり気に掛かることなど、想像して心配してしまうというもの。

明日の旅行の最中に雨が降らないかなど、先のことを思って不安になる気持ちは、誰もが思う心配の程度です。

但し、心配性の人は程度が強く、ネガティブなことばかりが頭の中を駆け巡り体調を崩したり、気になり過ぎて人間関係で問題を起こしかねません。

 

| 3.逃げ出してしまいがちな、現実逃避をしてしまうという

現実逃避をするということ。先送り症候群の人に見られるのが、現実のことから逃げ出してしまいがちな、現実逃避をしてしまうというもの。

目の前のことを忘れ去りたいとか現実世界から目を背けたいなど、そんなときに引き起こしてしまいがちなのが先延ばし。

現実から心が逃げているので、上手く感情をコントロールすることもできず、現実と相対することが難しくなります。

 

| 4.ときは、行動に移すこと自体を躊躇してしまう傾向がある

完璧主義者ということ。完璧さを求める人が自信を抱けないときは、行動に移すこと自体を躊躇してしまう傾向があるもの。

そんな完璧主義者タイプは失敗することを恐れているので、確実に成功できる状態になってからスタートしようとします。

結果的にで、それが重要なことであっても、できる限り先延ばしていくことにもなりかねません。

 

 

 


先送り症候群の心理には様々な所も、覚えておきたいそんな人の特徴面


 

| 1.集中力が必要なものや精神的負担を感じる事柄があるもの

面倒臭がり屋ということ。成すべきことにはそれぞれ、集中力が必要なものや精神的負担を感じる事柄があるもの。

そういったタスクの中を詳しく見ていくと、どうしてもストレスを覚えてしまうものがあります。

そんな眼前ににあるストレスを覚えることから逃れたいので、先送り症候群に陥ってしまうといったパターンです。

 

| 2.己に対してどんな影響があるかなど全く考えないという

楽観的過ぎるということ。先延ばしにしてしまうことにより、己に対してどんな影響があるかなど全く考えないというもの。

先のことについて深く考えることをしないので、先延ばしが将来の己自身に与えることが頭の中に思い浮かびません。

結果的に、様ざまな問題に先々で突当り、どうしてもその時に後悔することが多くなってしまいます。

 

|  3.一つ一つの段階に対して時間をかけ過ぎてしまうという

完璧主義者ということ。強いこだわりがあり、一つ一つの段階に対して時間をかけ過ぎてしまうというもの。

こうした人は本題になかなか取り組めないので、結果として先送り症候群に結び付くことにもなりかねません。

なので、後になって問題が起こった際、始めてその場で自責の念に捉われるということにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

先々重大な事態へと発展しかねません。ここでは、先送り症候群の末路も厳しいもの、先々に向け上手く乗り切っていく術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。