生きることが苦しい時からの逆転に繋げたいもの、上手く乗り切る方策



人生を過ごしていると、生きることが苦しいと感じることがあるもの。人生に苦難は付きものですが、大変な困難に直面した際は生きるのが苦しいと感じることがあります。

生きているのが苦しいという気持ちが心の中を支配するのは、乗り越えるのが困難な問題や感情が整理できない状況が生じたときです。

長い人生の中では当たり前のことですが、どうしても生きるって苦しいような辛い瞬間に出会うもの。

そんな生きてても苦しい時には、自らの人生を否定的に考えやすくもなりかねません。

もちろん苦しくても生きるという言葉も一方にありますが、辛いままで暮らしていると心身に支障が出ることもあり、できる限り早い対処も必要です。

ここでは、生きることが苦しい時からの逆転に繋げたいもの、上手く乗り切る方策を紹介しています。

 

 

 


生きることが苦しい時からの逆転に繋げたいもの、上手く乗り切る方策


 

| 1.冷静に訳を分析して、整理していくことが重要というもの

辛いと感じることを整理してみるということ。生きることが苦しいと感じている場合、冷静に訳を分析して、整理していくことが重要というもの。

辛いと感じる事柄を詳しく整理してみたら、案外に簡単に解決できるものと気づくこともある、上手く乗り切る方策の一つ。

こうして整理をして自分自身の現況を客観的に把握できれば、落ち着いて物事に対処できるようになるので、状況も好転しやすくなります。

 

| 2.支配されている場合、他のことは何も考えられなくなる

好きな物事に打ち込みリフレッシュするということ。心が生きることが苦しい心境に支配されている場合、他のことは何も考えられなくなるもの。

こうした時は無理にでも気持ちを切り換えなければストレスが溜まるばかりで、日々が同じことの繰り返しになりやすい人は要注意です。

時間を忘れ好きな物事に没頭するのが良く、強制的に楽しいことだけを考えるようにすることが上手く乗り切る方策の一つ。

 

| 3.本当に自分自身に重要なものかを考える余地もあるもの

自らが大事にしたいものをもう一度見直すということ。生きることが苦しいと感じさせている原因が、本当に自分自身に重要なものかを考える余地もあるもの。

その時々の悩みだったり苦しみの元となるものは、長い人生から見れば些細なことである可能性も大いにあります。

些細なことかどうかを見極めていくには、自らが大事にしたいものが何であるかを、もう一度見直すのが上手く乗り切る方策の一つ。

 

| 4.苦しい気持ちは、他の人に話すことで一旦は和らぐという

信頼できる人物に相談するということ。生きることが苦しい気持ちは、他の人に話すことで一旦は和らぐというもの。

辛さだったり苦しみを理解して共感してくれる人がいると、孤独感もなくなって安心感が芽生えることになります。

言葉にして外側方向に発することで、頭の中も整理されて自然に問題点や解決法が見えてくる、上手く乗り切る方策の一つ。

 

| 5.状況を断ち切るには、リセットすることが必要というもの

身の回りを整理して断捨離するということ。生きることが苦しい状況を断ち切るには、リセットすることが必要というもの。

但し、職場だったり人間関係などのリセットは、早々簡単にはできないので、身の回りのリセットをするのが上手く乗り切る方策の一つ。

断捨離などは気分のリセットにも繋がるので、新鮮な気持ちになれば、生きることが苦しい時を乗り越える切っ掛けが得られます。

 

 

 


生きていて苦しいことも多々あるもの、知っておきたいそう感じる瞬間


 

| 1.それは自分自身が望む対価が得られるときのみというもの

どれほど努力しても思うような成果を残せない時。目標に向かって頑張れるのは尊いことですが、それは自分自身が望む対価が得られるときのみというもの。

但し、その努力に対して思うような成果を残せなければ、無意味な努力だと感じることにもなりかねません。

人生の大半を費やして頑張ってきた際は、多くのこれまでの時間を無駄に捨て去ってと思い、生きることが苦しいということにもなりかねません。

 

| 2.交際中の場合、振られてしまえば心のダメージは大きな

大好きな相手に振られてしまった時。大好きな相手に告白した時や、結婚を考えている人と交際中の場合、振られてしまえば心のダメージは大きなもの。

自分自身の人生で恋愛に対する重要度が高い人ほど、生きることが苦しいと感じる度合いも強くなりかねません。

生き甲斐でもある大好きな相手がいなくなってしまうと、生きる意味さえ見失うほどの喪失感に襲われかねません。

 

| 3.嘘を吐かれていたとか騙されていたと痛切に感じるもの

信頼していた友人に裏切られた時。友人に裏切られた場合、嘘を吐かれていたとか騙されていたと痛切に感じるもの。

信頼していた相手と一緒に過ごした時間は、全て偽りのものと悲みがこみ上げてくることにもなりかねません。

大切な時間と思っていたのが壊れてしまった時、自分の人生まで崩れた気がして、生きることが苦しい感情を持ってしまいます。

 

| 4.執着するタイプは、一番でなければ価値がないという人も

周りの人たちとの明らかな差を感じた時。負けず嫌いだったり勝ち負けに執着するタイプは、一番でなければ価値がないという人もいるもの。

そうでなくても組織の中で自分自身が役立たずだと感じた場合、居てはならない存在と苦悩することにもなりかねません。

こうした人は、仕事などで多少の努力では届かない差を周りの人たちに感じた時、存在意義を持てず生きることが苦しいということにもなりかねません。

 

 

 


生きるのが苦しいのは普段の考えが違うから、注意しておきたいヒント


 

| 1.感じている時は、ネガティブ方向ばかりに目が向きがち

視点を変え物事を見るという考え方。多くの物事には良い面や悪い面がありますが、生きることが苦しいと感じている時は、ネガティブ方向ばかりに目が向きがちというもの。

例を挙げると好きな人に振られた際、そのことだけに捉われていると気分は最悪なままですが、視点を変え物事を見れば様ざまな点に気付けます。

今は仕事に専念すべきとか、もっと自分自身に相応しい人を探すべきなど、一つの事象への捉え方は無限にあり、そこに前向きに生きるヒントがあります。

 

| 2.人生で生きることが苦しいと感じているのは間違いという

他人と比較しないということ。誰かと比べてコンプレックスを感じ、人生で生きることが苦しいと感じているのは間違いというもの。

勝ち負けが幸せに対する絶対的な尺度ではなく、自分自身が幸せになるために、他人の優秀さというのは全く関係がありません。

過去の自分より成長して、幸せに近づくような努力を考えるのが、前向きに生きるヒントになります。

 

| 3.ある場合、物事を全否定してしまうタイプの人がいるもの

完璧は目指さないということ。少しでも上手くいかないようなことがある場合、物事を全否定してしまうタイプの人がいるもの。

学生時代に成績が良かった人物は、こういった完璧主義に陥りやすくなりますが、世の中で100%の成功というのは滅多にありません。

完璧を目指していると生きることが苦しいとなりかねず、それなりの成果で満足するようにすれば、今より前向きになる生きるヒントの一つ。

 

 

 

まとめ

感情が整理できない状況が生じたとき。ここでは、生きることが苦しい時からの逆転に繋げたいもの、上手く乗り切る方策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。