考えたくないことを考えてしまうのは因果応報かも、その上手な対処法



日々の暮らしの中で、考えたくないことを考えてしまうことがあるもの。不安なことを考えないようにとか、気にしないようにしても考えてしまうような時。

もちろんそれは強迫性障害などの病気の場合もありますが、そんな際に考えない方法を求めて調べたことを実践しても上手くはいきません。

何故かといえば、人間は考えないようにしようとするほど、考えてしまう傾向があり、湧き起こる嫌な考えを止めることはできません。

考えないようにしようとすれば考えが増えてしまうので、浮かんできたものはそのままにしておくの現実的。

但し、日常生活ではそう言っていられない時もあり、その対応を掴んでおくと先々にも役立ちます。

ここでは、考えたくないことを考えてしまうのは因果応報かも、その上手な対処法を紹介しています。

 

 

 


考えたくないことを考えてしまうのは因果応報かも、その上手な対処法


 

| 1.頭の中で整理して、理解しやすくまとめることが重要と

思考を整理し体系化するということ。思考を漫然と捉えるのではなく、自分の頭の中で整理して、理解しやすくまとめることが重要というもの。

例を挙げると、嫌なことで苛立った際は、頭の中ではどうしても心象に残っている場面だけを、切り取って思い浮かべてしまうことにもなりかねません。

そんな時は、それ以前に何をしていて、どんな状態だったのかやどういう状況なのかなど、客観的な視点で分析するのが上手な対処法の一つ。

物事を細かく分析する考えないこととは真逆のプロセスが、結果的に嫌な思考パターンから最も早く解放されることに繋がります。

 

| 2.複数のことを頭で考えるのは、誰にとっても非常に難しい

代替的な思考パターンを取り入れるということ。同時に複数のことを頭で考えるのは、誰にとっても非常に難しいというもの。

つまり、考えたくないことを考えてしまうのを避けるためには、代替として何か別の物事を考えれば良いという上手な対処法の一つ。

ネガティブな事柄で頭が一杯になってしまうような時は、考えないようにするのでなく、嬉しいことや楽しいことに意識を向けると自然に頭の中から追い出せます。

このように代替的な思考パターンを習慣化できれば、ストレスを感じた際に意識せず悲観的なことを考えないようにできるかも知れません。

 

| 3.一息入れ現在取り掛かっていることをすべて止めるという

一息入れるということ。考えたくないことを考えてしまっていると気付いた場合、一息入れ現在取り掛かっていることをすべて止めるというもの。

目を閉じて自分自身の呼吸に集中をして。呼吸のスピードやや深さをじっくりと観察するのが上手な対処法の一つ。

次に身体の各部分に目を向けて、肩だったりお腹など過多に力が入っている、そんなところを揉みほぐすようにします。

考えが思い浮かんできたら、それを自分の外から客観的に俯瞰するようにして、呼吸を整えるのが重要なポイントになります。

 

|  4.意識するほど、そのこと自体が頭から離れなくなることに

考えたくないという意識を弱めるということ。人間は考えてはいけないと意識するほど、そのこと自体が頭から離れなくなることになるもの。

絶対に考えてはいけない、そんな課題を達成するためには、自分自身のの思考形態を厳しく監視していく必要があります。

考えてはいけないと意識すると、思考の中に常に考えたくないという対象が存在するので、常時考えている状態ともなりかねません。

いきなり全く考えてはいけないなどの高いハードルを課さないようにし、考えたくないという意識を弱めることも上手な対処法の一つ。

 

 

 


考えたくないことを考えてしまうのは様ざまあるもの、その心理状況


 

| 1.気に掛かってしまう場合、つい考えすぎてしまうという

些細なことが気になってしまうという心理状況。何事にも細かいことが気に掛かってしまう場合、つい考えすぎてしまうというもの。

普通であれば他人が担当することだったり、人が気にしない小さなことまで、気になり考えたくないことを考えてしまうことにもなりかねません。

相手の発言一つに何の意味があるのかと考え過ぎてしまい、何気ない言い方にも自分のことを悪く言われた、そんな風に感じてしまうこともあります。

 

| 2.考えてしまう人は、何事も納得するまで追及する傾向が

納得するまで考えてしまうという心理状況。考えたくないことを考えてしまう人は、何事も納得するまで追及する傾向があるもの。

これで本当に合っているかとか、ここは直した方が良いとかなど、様ざまなことが頭に思い浮かびます。

仕事でもタスクをする上で様ざまなことを考えてしまうので、業務の進捗がどうしても遅くなってしまいかねません。

 

| 3.考えてしまう人は、一人で悩み事を抱え込んでしまうと

悩みを一人で抱え込んでしまうという心理状況。考えたくないことを考えてしまう人は、一人で悩み事を抱え込んでしまうというもの。

考えすぎてしまうのは答えが見つからないということで、つい一人で考え込むことにもなりかねません。

こうしたタイプは他人のアドバイスを聞くことが苦手なので、結果的になかなか答えも見つからず、長時間に渡って考えてしまいます。

 

| 4.考えてしまう人は、自ら出した答えに不安があるという

自分自身の答えが不安という心理状況。考えたくないことを考えてしまう人は、自ら出した答えに不安があるというもの。

自分が出した答えに自信がないので、一番初めに出した答えを何回も考え直すことにもなりかねません。

自分に自信を持てないので、出した答えが本当に正解なのかどうか、何時までも考えすぎてしまいます。

 

 

 


考えたくない事を考えてしまうのは多々あるもの、注意したい特徴面


 

| 1.考えてしまう人は、疲れ果てて生活に支障が出てしまう

長時間考え込んでしまうということ。考えたくない事を考えてしまう人は、疲れ果てて生活に支障が出てしまうこともあるもの。

特に、長時間考え込んでしまうタイプの人は、ストレスをその分だけ受け続けることになり、注意が必要ということにもなりかねません。

目安として半日以上考え続けているような場合、どんなに大きな悩みでも考えるのは一旦やめ、意識的に休憩を挟むよう心掛けます。

 

| 2.見られるのが、同じことを繰り返し何度も考えてしまうと

同じことを繰り返し考えるということ。考えたくない事を考えてしまう人に見られるのが、同じことを繰り返し何度も考えてしまうというもの。

こういったタイプの人は、考えの行き着いた結論を日々書き溜めるようにするのが良く、ある程度までは絞り込むことができます。

そこまで絞り込めれば、考えも広がり過ぎず小さくまとまっていき、事態は徐々に収まっていきます。

 

| 3.見られるのが、物事を悪い方向へと考えてしまうという

物事を悪く考えるということ。考えたくない事を考えてしまう人に見られるのが、物事を悪い方向へと考えてしまうというもの。

こうした人は考える時間を限定して環境を整え集中するのが良く、静かな場所で集中して考えるようにします。

こうして時間を決めて集中して考えるようにしない場合、曖昧な感情に流され無意識の間にネガティブな結論に行き着きやすくなります。

スマホのタイマー機能など使って、静かな環境で考える際はいくら熟考しても構いません。

 

 

 

まとめ

嫌な考えを止めることなどできません。ここでは、考えたくないことを考えてしまうのは因果応報かも、その上手な対処法を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。