後悔しない選択で逆転したいもの、考え方を大事にして前に進む具体策



日々の暮らしの中で、後悔しない選択をしたいと思うことがあるもの。何事かを選択する際に、この決断をして後悔しないかと考えることも多々あります。

誰しも悔いのない人生を送りたかったり、後悔しない生き方をしたいと考えています。

但し、何かを始める前に決断をしたところで、自分が後悔をするかしないかなどは分かるはずがありません。

どちらの方角の道を選んだとしても、その意思決定を後になって後悔するのか、それとも自らの糧にするのかは自分次第です。

結果として、本質は自分がした意思決定をいかに後悔しないで進んでいくかで、その際のの思考スタイルを把握しておくと先々役立ちます。

ここでは、後悔しない選択で逆転したいもの、考え方を大事にして前に進む具体策を紹介しています。

 

 

 


後悔しない選択で逆転したいもの、考え方を大事にして前に進む具体策


 

| 1.こうであるべきなど、心の中に思い込みを持っているもの

思い込みを投げ出すということ。人間は無意識の間にこうでなければとか、こうであるべきなど、心の中に思い込みを持っているもの。

例を上げると、結婚して子供がいる家庭を作るのが普通、そうした思い込みがある独身男性は、悩んでしまうことになりかねません。

こうした無意味な思い込みがあるだけで現在の生活を楽しめず、後悔しながら生きるのは勿体ない、考え方を大事にして前に進む具体策の一つ。

これはただの思い込みと気づいたケースでは、すぐに投げ出して己自身を解放するのが、後悔しない選択の真の始まりです。

 

| 2.恵まれているなどと、己と比較してしまうことがあるもの

他人と比較しないということ。頭の中では理解していても、他者を見て恵まれているなどと、己と比較してしまうことがあるもの。

他人と己を比較することには何の意味もなく、時間の無駄なので、重要なのは過去の己自身に比べ現在はどうかということです。

重要なのはありのままの己自身を肯定して受け止めることで、明日の己が良くなることが後悔しない選択にも繋がる、考え方を大事にして前に進む具体策の一つ。

 

|  3.そんな意味の言葉で、人間いつ死ぬかは誰にも分からない

死をイメージするということ。メメント・モリといえばラテン語で死を想う、そんな意味の言葉で、人間いつ死ぬかは誰にも分からないもの。

明日死ぬと仮定したケースでは、今日をどう過ごすかを己に問いかけることが、日々の後悔しない選択の大きな柱になる、考え方を大事にして前に進む具体策の一つ。

己の死を頭の中でイメージしたい人は滅多にいませんが、意識することによって、現在ある命を光り輝かせることができます。

 

| 4.パターンの一つが、失敗と後悔を混同してしまうという

失敗を恐れないということ。世の中に良く見られる誤解しがちなパターンの一つが、失敗と後悔を混同してしまうというもの。

後悔したくないという気持ちが失敗したくないに置き換わることになり、行動を起こせなくなることになりかねません。

失敗は何が不足していたかを教えてくれる貴重な体験で、まさに失敗は成功の元の言葉通り、失敗なくして成長することなどできません。

失敗のない人生は何もチャレンジしなかった生涯ということになり、それは後悔しない選択とは全く別のものという、考え方を大事にして前に進む具体策の一つ。

 

| 5.寄り添ってくれる人を心の底から大事にするというもの

大切な人を心から大事にするということ。己の身に何か生じたときや辛い時に、寄り添ってくれる人を心の底から大事にするというもの。

世間体や利害関係など周囲の人目を気にし過ぎると、本当に大切な人は誰なのかをを見失ってしまうことになりかねません。

己自身を理解してくれる人の存在を知って大事にすることは、豊かな人生を送り後悔しない選択に繋がる、考え方を大事にして前に進む具体策の一つ。

 

 

 


人生では後悔をしたくはないもの、覚えておきたい思いを残す人の特徴


 

| 1.やらなかった後悔が大きい、そんなことが判明している

結局やらなかったということ。行動をするかしないかという場合に、やるよりもやらなかった後悔が大きい、そんなことが判明しているもの。

特に受験のように何度も挑戦することが難しいケースでは、やらなかったという後悔は、時間が経つにつれ増大していく傾向があります。

一方で何度も挑める物事は新しい機会も得やすく、やらなかったときに後悔しても、時間がた経つにつれ和らぐことになります。

 

| 2.迷いが多く己自身の気持ちが理解できていないというもの

己の気持ちが理解できていないということ。後悔ばかりをする人に見られるのが、迷いが多く己自身の気持ちが理解できていないというもの。

曖昧なイメージのままで行動を選択することがあり、結果として何がやりたいか分からない間に動いてしまうことになりかねません。

時間が経った後に己の判断が間違っていたとか違和感を覚えるなど、そんな風に思い始めるので後悔の念が生まれます。

 

| 3.知れないと思い、なかなか行動に移すことができないと

悲観的な傾向があるということ。悲観的な人に良く見られるのが、失敗するかも知れないと思い、なかなか行動に移すことができないというもの。

行動したとしても、もっとこうすれば良かったなど、失敗した部分にばかり注目してしまうことになりかねません。

更に、選んだ行動の結果が期待外れに終わった際は、非常に強い後悔の感情が湧き起こります。

結果として、悲観的な傾向の人は行動を起こしてもしなくても、後悔してしまうことになりかねません。

 

 

 


後悔したくないのは誰しも思うもの、注意したい心残りがある人の心理


 

| 1.見られるのが、他者からの評価を気にし過ぎているという

他人の評価を気にし過ぎという心理。己の行動を後悔する人に見られるのが、他者からの評価を気にし過ぎているというもの。

己の行動だったり言動を振り返る度、こんなことを言うと嫌われてしまうかもなど、不安が募って後悔してしまうことになりかねません。

周りの人たちに嫌われることを過剰に恐れているところがありますが、相手から直接言われないない限り、厳密に他人の評価を知ることなどできません。

己をコントロールすることができず、正解が分からないものに囚われているケースでは、後悔から抜け出るのは困難ともなりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、己自身を認めるのが非常に不得手と

己を認めるのが苦手という心理。行動を後悔する人に見受けられるのが、己自身を認めるのが非常に不得手というもの。

異常に自己肯定感が低いことで、己がする選択が常に間違っているかのように感じて、後悔してしまうことになりかねません。

他にも己自身の決断を信じられないので、他者に決断を任せて後悔してしまう、そんなパターンに嵌まり込むことにもなりかねません。

 

| 3.見られるのが、目標に向かってのハードルが高過ぎると

目標のハードルが高過ぎる心理。己自身の行動を後悔する人に見られるのが、目標に向かってのハードルが高過ぎるというもの。

こうなると完璧な結果のほかは認めることができず、失敗した全て後悔してしまうことになりかねません。

実際は、多数の選択肢がある中で最適な選択は難しく、結果論で考える習慣を持っていると、余計に後悔が増えることになりかねません。

 

 

 

まとめ

それとも糧にするのかは自分次第です。ここでは、後悔しない選択で逆転したいもの、考え方を大事にして前に進む具体策を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。