大人になる方法を掴んで逆転したいもの、前を向いて歩を進める考え方



人生を過ごしていると、大人になる方法を考えることがあるもの。子どもの頃には自分が大人になれば、どのような人になるのか想像したことが誰しもあります。

成人式を過ぎれば全員が大人になるかというとそうでもなく、年齢を重ねても大人とは思えない人やまったく大人に見えない人もいます。

現代社会の中では義務教育を経て高校や大学と、それなりの勉強をした後に世の中に出ますが、感情に対する向き合い方などという教育はありません。

大学を出て就職するのを当然のように思っていますが、起業して違う生き方を選ぶ人もいます。

結果として、どのような人物が大人なのか、その基準だったり考え方などは、明白には理解できていません。

ここでは、大人になる方法を掴んで逆転したいもの、前を向いて歩を進める考え方を紹介しています。

 

 

 


大人になる方法を掴んで逆転したいもの、前を向いて歩を進める考え方


 

| 1.違うことを受け入れないのは子供の考え方というものです

一般常識を持っているということ。自分自身が一番正しいという基準で行動していて、違うことを受け入れないのは子供の考え方というもの。

一般常識を学んで、周りの人たちを困らせたり不快にさせないよう、そうした行動をしていくのが大人です。

自分とは違った考え方や価値観がある人とも、上手に付き合っていくことも必須となる、前を向いて歩を進める考え方の一つ。

但し、一般常識といっても間違った価値観を含んでいることも珍しくなく、何が正しいのかを熟孝することも正しい大人の行動です。

 

| 2.大人は誰かの面倒をみても自分自身が養われることはない

金銭的に自立しているということ。子供を養うのは親の義務というものですが、大人は誰かの面倒をみても自分自身が養われることはないもの。

なので、金銭的に自立していることが、大人に要求される目安ともなる前を向いて歩を進める考え方の一つ。

但し、親と同居だと金銭的に自立していない、決してそんなことはなく、必要な費用などを分担していれば自立しているといえます。

 

| 3.ギャンブルなどに使っていれば、子供と変わりはないもの

一人で生活ができるということ。自分で金銭を得ていても、全てを趣味やギャンブルなどに使っていれば、子供と変わりはないもの。

大人は収支を計算したり貯蓄など、金銭面の管理をきちんとしていて、自分一人でも生活できる環境を整えています。

何の問題が起こっても一人で生活していける、そんなスキルを獲得していくことが、実際的な大人の原点にもなる前を向いて歩を進める考え方の一つ。

 

| 4.大人というのは自分自身が責任を取らなければならない

責任感を持っているということ。子供は何かのミスを犯しても親が責任をとりますが、大人というのは自分自身が責任を取らなければならないもの。

なので、責任感を持って様ざまなことに挑む姿勢が、大事な大人の規範ともなる、前を向いて歩を進める考え方の一つ。

大人と子供の違いが責任の所在で、誰かに責任を被せたり、逃げ出したりするような人を大人とは呼べません。

 

| 5.人のために努力するのは、大人だからこそできるという

世の中の人のために努力できるということ。自らのために頑張るのは子供にもできますが、世の中の人のために努力するのは、大人だからこそできるというもの。

精神的にも金銭的な面でもゆとりがなければならず、自分だけが得になるような考え方は大人がするようなものではありません。

自分には利益がなくても、世の中の困っている人に手を差し伸べられることが、素敵な大人の姿ともなる前を向いて歩を進める考え方の一つ。

 

 

 


大人になるとはを自覚することが大事というもの、知っておきたい特徴


 

| 1.1時間ですら長いように感じた体験は誰しも持っている

時間の経過が早いということ。子供の頃は時間が過ぎていくスピードが非常に遅く、1時間ですら長いように感じた体験は誰しも持っているもの。

大人になると1時間などは、それこそあっという間に過ぎ、1年経つのが年々早くなることが怖くなることにもなりかねません。

怖くなるほど大人が覚える時間の経過は早く、過ぎ去る時を大事にしようと努力することになります。

 

| 2.多少の体調変化があっても影響を受けてしまうのが大人

健康の大切さを自覚するということ。どんなことにも挑戦できた子供の頃とは違って、多少の体調変化があっても影響を受けてしまうのが大人の身体というもの。

大人になれば病気をしても職場を休めなかったり、自分自身で病院を受診しなければいけなかったりと、辛い局面も多くなります。

なので、健康の大切さが身に染みて分かることになり、その重大性に気付くことが、大人になったという実感が湧き上がることになる瞬間です。

 

| 3.学校だったり習い事など、狭い範囲での交友関係が基本と

交友関係の幅が広がるということ。子供のコミュニティーは学校だったり習い事など、狭い範囲での交友関係が基本となるもの。

大人の交友関係も同様のものが基本になりますが、仕事先だったり出張先や趣味の関係など、行動範囲が広くなり多くの人と関わります。

なので、交友関係も大きく広がることになり、子供の頃よりも沢山の人たちと関わっていることを実感します。

 

| 4.幼少期とは違って、大人になれば目に見えて自由時間が

友達作りが困難になるということ。自由に使える時間が多くある幼少期とは違って、大人になれば目に見えて自由時間が減っていくもの。

なので、知り合った人と会う機会も減り仲良くなる時間もなくなるので、親密になる切っ掛けや経験も得られず友達作りが困難になります。

子供の頃には自然に友達が増えることが多く、そのやり方も分からず大人になると、友達の作り方に悩んでしまうことにもなりかねません。

 

 

 


大人になると時間が早いとも言われるもの、注意しておきたい心理状況


 

| 1.叶うと信じ、日々頑張っている子供の姿は大人には眩しい

努力が成功に繋がらないという心理状況。努力すれば夢や目標が叶うと信じ、日々頑張っている子供の姿は大人には眩しいもの。

人生において理不尽なことを体験するなど、努力をいくらしても成功しないなど、そんなことを大人は知っています。

但し、選択肢の幅を広げていくことを知っているのも大人で、1つの成功というわけではなく、多くの楽しい経験ができることも成功です。

 

| 2.自由な夢で、大人になったら何をしたいかというものです

子供の頃の夢が遠ざかることが多いという心理状況。子供の頃に思い描くのが自由な夢で、大人になったら何をしたいかというもの。

但し、大人になるに従いできることとできないこと、そんなことが様ざまな経験から分かってきます。

子供の頃に思い描いた夢と、現在の大人の立場の違いから現実が遠ざかっていますが、今だからこそ持てる目標を大事にしています。

 

| 3.お金さえあればどんなものでも手に入るというものです

お金で買えない幸せがわかるということ。子供の考え方によく見られるのが、お金さえあればどんなものでも手に入るというもの。

確かに金銭的に裕福であれな多少のことは満足できますが、大人になるといくら欲しくても、お金で買えない幸せもあると気付きます。

それは恋人だったり一人の自由な時間など、どれほどお金を出しても良いので手に入れ得たい、そんなことを大人は求めてしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

まったく大人には見えない人もいます。ここでは、大人になる方法を掴んで逆転したいもの、前を向いて歩を進める考え方を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。