メンタル強くする方法で前進したいもの、具体的に乗り越えていく術



人生を過ごしていると、メンタル強くする方法を探すことがあるもの。成功を請い願っていたことに失敗した時は、心が折れて絶望することにもなりかねません。

そんな際に、失敗したことを引き摺り落ち込み続けてしまう、そんな悩みや不安を溜め込んでしまいがちな人は、立ち直りが非常に遅くなります。

人間は誰でも失敗することも気が滅入ることあるので、それ自体は全く問題にはなりません。

自らの失敗を一旦顧みることが、早々に立ち直るためには必要で、そのためにはメンタルが強くなる方法を知ることが近道です。

失敗した事実に蓋をして内側でネガティブ感情に囚われると、精神的負担に留まらず、身体の健康状態まで悪化させることになりかねません。

ここでは、メンタル強くする方法で前進したいもの、具体的に乗り越えていく術を紹介しています。

 

 

 


メンタル強くする方法で前進したいもの、具体的に乗り越えていく術


 

| 1.挫折で人生が終わったかのように振る舞いたくもなるもの

現実を明確に直視するということ。メンタルが弱い人は己の不運を嘆いては、一度の挫折で人生が終わったかのように振る舞いたくもなるもの。

世の中の信頼を失ったとか完全に出世の道は閉ざされたなど、そうしたことを考え始めれば身も蓋もないことにもなりかねません。

挫折したからといってこの世の中が終わるわけではない、そうしたことを己自身にきちんと言い聞かせ、計画を立てていくのが具体的に乗り越えていく術の一つ。

 

| 2.能力の限界までのチャレンジを試みたことがないという

挑戦した己自身を賞賛するということ。挫折を知らない人物は、おそらく能力の限界までのチャレンジを試みたことがないというもの。

挫折を経験するのは己自身を限界まで追い込んで、新しい領域に向かって果敢に挑んだという一つの証でもあります。

結果として、誰かに断られたり突き返されたりするのも、己が人生を目一杯生きている証拠、そんな確信を持つのが具体的に乗り越えていく術の一つ。

 

| 3.平静を装って言えば、一時的には気持ちも落ち着くもの

湧き起こる感情をそのまま受け止めるということ。あの物事には興味がなかったと平静を装って言えば、一時的には気持ちも落ち着くもの。

但し、長期的な観点からみれば、そんな具合に取り繕ったところで、自尊心に受けた傷を癒すことはできません。

立ち直るためには、偽ることなく己自身の本来の感情を認めることが大切で、、心のダメージを健全な形で癒せる具体的に乗り越えていく術の一つ。

 

| 4.体験から何かを得ようとする気持ちがあればこそという

挫折から学習するということ。挫折から学習することは多々あるものの、それはその体験から何かを得ようとする気持ちがあればこそというもの。

弁解をして取り繕ったり己自身を責めたりするほか、他の人の責任にしていては先々成長などすることはできません。

そこから教訓を得るという姿勢で挫折に向き合うことが大事で、何を学んだのか自問自答を繰り返し、整理整頓していくことが具体的に乗り越えていく術の一つ。

 

| 5.第一歩を踏み出すのを考え直させる切っ掛けともなり得る

自信を持ち新たな第一歩を踏み出すということ。挫折は人生の中において、人が第一歩を踏み出すのを考え直させる切っ掛けともなり得るもの。

但し、己には無理と始めから諦めてしまうのは、己自身で限界を決めてしまっている、そんなことと等しいことになりかねません。

メンタルが強い人は、辛い挫折の後は回復するまで充分な時間をかけ、時機を待って新たなチャンスを探し出していくものです。

再度挫折することになっても、己にはどんな環境にも耐えられるメンタルの強さがあると信じ、新たな第一歩を踏み出すのが具体的に乗り越えていく術の一つ。

 

 

 


メンタル強くする方法はhspの本などにも、注意したい挫折の原因面


 

| 1.メンタルが弱く挫折する人に多いのが準備が不足している

準備が不足しているということ。物事をスタートする際は、事前の準備が非常に重要で、メンタルが弱く挫折する人に多いのが準備が不足しているというもの。

成功を手に入れるには、計画を立てることはもちろん、必要なものを取り揃えたり知識を増やしたりと、すべきことはとても数多くあります。

それをを怠ってしまうとどんどん成功が遠のいて、モチベーションも上がらなくなり挫折してしまうことになりかねません。

 

| 2.見受けられるのが、明確な最終地点を設定していないと

目標の最終地点を設定していないということ。メンタルが弱い人に良く見受けられるのが、明確な最終地点を設定していないというもの。

結果的に、曖昧なまま続けていく間に、何をどこまでしたら良いのかが判断できなくなり、挫折してしまうことになりかねません。

最終地点が明確でなければ、途中でモチベーションも下がることになり、物事を行うペースや質的にも低下します。

 

| 3.誘われたケースでは、とてもではなく登れるとは思わない

目標へのハードルが高過ぎるということ。友人などにエベレストに登ろうと誘われたケースでは、とてもではなく登れるとは思わないもの。

先ず無理と考える人がほとんどで、中には富士山でさえ無理と思いかねず、誘いを断ってしまうことになるかも知れません。

こうした時は、先ず手始めに年間の目標を体力づくりとし、トレーニングに励んだ後、比較的低い山に登ってみることになります。

 

| 4.メンタルが弱い人に見受けられるのが行動力に乏しいと

行動力に乏しいということ。人間は経験をすることが非常に重要で、メンタルが弱い人に見受けられるのが行動力に乏しいというもの。

失敗は成功の元と言った言葉もあるように、何事も動いてみることが大切で、それが成功へ続く道になります。

メンタルが弱い人は、始める前に心が折れてしまう時もあり、行動しないままで挫折ということになりかねません。

 

 

 


メンタルを強く持つ方法は日常にも、覚えておきたい挫折の心理状態


 

| 1.挫折しやすく、ミスや駄目なところを認められないもの

プライドが高過ぎ素直でないという心理状態。プライドばかりが高く素直さがない人も挫折しやすく、己自身のミスや駄目なところを認められないもの。

プライドの高い人物は己自身の意志で突き進んでいく、そんな具合に受取られがちですが、特に自信が溢れているというわけではありません。

逆にコンプレックスなどから、プライドばかりが高過ぎる嫌いがあり、気付いたときには取返しもつかないで挫折しかねません。

 

| 2.自己肯定感が低く、己の能力を信じ切ることができない

自己肯定感が低い心理状態。メンタルが弱く挫折しやすい人に見受けられるのが、自己肯定感が低く、己の能力を信じ切ることができないというもの。

結果的に、困難や不安なことなことに直面した場合、己には乗り越えられない、そんな風に諦めてしまうことにもなりかねません。

こうした己自身の存在を否定してしまうような自己肯定感が低い人は、どうしても挫折が多くなってしまいます。

 

| 3.思いあがっていて、挫折しやすくなっているというもの

思い上がっている心理状態。自己肯定感が低い人の逆に見られるのが、己自身驕りがあり思いあがっていて、挫折しやすくなっているというもの。

己の地位だったり才能などを過大評価し過ぎていて、何でも楽に出来ると調子に乗ることにもなりかねません。

結果的に、現実との隔たりの余りの大きさに、途中で挫折してしまうことになりかねません。

 

 

 

まとめ

心が折れ絶望することにもなりかねない。ここでは、メンタル強くする方法で前進したいもの、具体的に乗り越えていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。