アイデンティティクライシスを回避したい、上手く自分と向き合う術



人生を過ごしていると、アイデンティティクライシスを感じることがあるもの。自分が分からなくなり、自分自身の存在意義を見失っているような状態。

何をしたいのかが分からず、社会の中で自らの存在価値はあるのか、そんな疑問が湧き起こり心の病気にかかることにもなりかねません。

アイデンティティクライシスは大学生をはじめ、20代や30代の若い人たちに多く見受けられます。

アイデンティティを喪失してしまった場合、人間関係や仕事も上手くいかないのは当然で、無気力症候群やうつ病にも陥りやすいとされています。

こうした自分を見失う傾向がある人は、他人軸で生きていることも多く自覚が少しでもあれば注意が必要。

ここでは、アイデンティティクライシスを回避したい、上手く自分と向き合う術を紹介しています。

 

 

 


アイデンティティクライシスを回避したい、上手く自分と向き合う術


 

| 1.意識しなければできず、状態を一時的に停止させるような

一旦深呼吸をするということ。呼吸というのは無意識にしていますが、深呼吸は意識をしなければできず、状態を一時的に停止させるような力があるもの。

呼吸に意識を集中することによって、張り詰めている感情や思考を、一時的に停止して間をとることができます。

アイデンティティクライシスになるのは、この間が失われている場合で、そうした状況から抜け出すことにもなる、上手く自分と向き合う術の一つ。

更に精神を集中して深呼吸を続けることにより、冷静で客観的な思考が蘇るので、気持ちも落ち着き自律神経も整います。

 

| 2.に陥った際に良いのが、辛い時の心境を解放するという

瞑想するということ。瞑想には沢山の種類があるものの、アイデンティティクライシスに陥った際に良いのが、辛い時の心境を解放するというもの。

現在湧き起こっている感情を明確にし、己自身の内側にきちんと伝えるようにし、その感情エネルギーを炎を使って燃やすイメージを思い描きます。

心を落ち着かせるために深呼吸で間をとって、こうした瞑想法で感情を引き剥がすようにすれば、己と向き合う時間が持てる上手く自分と向き合う術の一つ。

 

| 3.やりたくない物事や、苦になる事柄をリストアップする

やりたくないことを明確化するということ。毎日のタスクの中でやりたくない物事や、苦になる事柄をリストアップするというもの。

それらを並べて本当に必要なのかどうかを熟孝し、やりたくないことの中で、是非しなければならないものを同時に判断していきます。

こうすることでしなくても良い物事とやるべきことの振り分けもでき、スリム化がアイデンティティクライシスからの脱却に結び付く、上手く自分と向き合う術の一つ。

 

| 4.楽しいことは、何とか隙間時間を見つけてやろうとする

成すべき事柄に手を付けるということ。人間は己自身が好きだったり楽しいことは、何とか隙間時間を見つけてやろうとするもの。

但し、己がやりたくないことは、時間がないなどを弁解に使って後回しにしがちで、これが積もってゆとり奪うことでアイデンティティクライシスに陥ります。

初めに好きではなくても成すべき事柄のリストを用意し、実践していくことだけを意識し癖付けるのが、上手く自分と向き合う術の一つ。

 

| 5.相談することで、気持ちを鎮めていく人も多くいるもの

相談をするということ。アイデンティティクライシスに陥るような時は、家族や友人等に相談することで、気持ちを鎮めていく人も多くいるもの。

但し、他者に話を聞いて貰うことで、一時的に気を落ち着かせても現実はまた繰り返し、それは問題の根本的な解決できていないからです。

それらの問題の抜本的改善に役立つのが専門家で、アイデンティティクライシスの原因を二人三脚で探し出し解除していくことで、大きく現実を好転させます。

対話を通じて気持ちが整理できたり、改善策にも繋がるので、メンターとして活用することもできる上手く自分と向き合う術の一つ。

 

 

 


アイデンティティークライシスには様々な面がある、そんな人の特徴面


 

| 1.そんなことが分からない状況になっているというものです

意見や思考法が正確に分からないということ。己自身が何を求めているのか、そんなことが分からない状況になっているというもの。

そのためにアイデンティティークライシスを引き起こし、己自身の思考パターンや行動が停滞してしまうことが良くあります。

結果的に、己の感情や主張を露わにすることもできず、周囲の人たちに合わせてしまうことが多くなりかねません。

 

| 2.できないで、自己評価が異常に低くなってしまうという

己を否定的に捉えているということ。己自身に自信を抱くことができないで、自己評価が異常に低くなってしまうというもの。

結果的に、アイデンティティークライシスから己を否定的に捉えてしまい、一層批判的な目で見てしまうことになりかねません。

周囲の人たちとの調和を維持することが重要であると優先し、己の意見を抑えてしまうことも多々あります

 

| 3.見られるのが、明確に望むべき目標が見えていないという

人生の目標自体が見えていないということ。アイデンティティークライシスに陥った際に見られるのが、明確に望むべき目標が見えていないというもの。

己自身の夢だったり本当に大事なものなど、人生の大きな方向性や価値観について深く考えることが必要になってきます。

 

|  4.己自身の成長や進歩などが停滞してしまうというものです

行動が停滞をしているということ。周囲の人たちに合わせることが多く、己自身の成長や進歩などが停滞してしまうというもの。

アイデンティティークライシスに陥ると、新たな発想やアイディアを生み出すことが、簡単にはできなくなることになりかねません。

 

 

 


アイデンティティークライシスとは何か、覚えておきたいその原因面


 

| 1.自身の方向性が上手く判断できなくなってしまうという

目的意識が不明瞭ということ。己が達成したい目標や人生の目的を見失ってしまうことで、自身の方向性が上手く判断できなくなってしまうというもの。

これらの物事には多数のことが関わり合いになるので、アイデンティティークライシスを引き起こすことについては一概に言えません。

そうした原因を分析して理解することで、己を取り戻すための具体案を見つけていくことが重要ポイントです。

 

| 2.引っ越しや転職など、生活環境が変化することからという

環境が変わったということ。アイデンティティークライシスの切っ掛けともなるのが、引っ越しや転職など、生活環境が変化することからというもの。

己自身が適応しやすい方法だったり、価値観自体が変わってしまうこともあり、結果的に存在価値や目的意識を見失ってしまうことになりかねません。

生活環境の変化というのはそれほどまでに様々な影響を、人間の精神面に及ぼすことを、充分に理解しておくことも必要になります。

 

| 3.アイデンティティークライシスを引き起こすことがある

ストレスや疲労が溜まっているということ。それほどまでにストレスや疲労が長期間に渡って続いたケースでは、アイデンティティークライシスを引き起こすことがあるもの。

己自身が抱えている問題や目標に向かって対峙する力が、自己評価と一緒になって低下してしまうことになりかねません。

そのために、過去の失敗体験やそれに対する恐怖心のほか、周りと比べて己が劣等意識を抱くことが、アイデンティティークライシスの原因になることがあります。

ストレスや疲労が溜まってしまうのは、毎日の生活習慣等にも問題があるので、細かく見直すことも必要なことの一つです。

 

 

 

まとめ

自分自身の存在意義を見失っている状態。ここでは、アイデンティティクライシスを回避したい、上手く自分と向き合う術を紹介しました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。