不甲斐ない自分の末路も厳しいもの、気を楽にして立ち向かっていく術



日々を過ごしていると、不甲斐ない自分を感じることがあるもの。失恋した時や仕事で大きな失敗をするなど、自分の不甲斐なさに気分が滅入ることもあります。

ほかにも、辛くても立ち向かっていかなければならない、そんな困難から逃げてしまった時は、不甲斐ない自分に泣くことにもなりかねません。

立ち向かうべきと頭では分かっているのに、勇気がどうしても出ず逃げてしまった時は、そんな自分に嫌気がさしてイライラしてしまいます。

自分の不甲斐なさの意味をみると、情けないと思ったり意気地がないと感じることですが、自覚がある時は将来を考えても対処していく必要があります。

ここでは、不甲斐ない自分の末路も厳しいもの、気を楽にして立ち向かっていく術を紹介しています。

 

 

 


不甲斐ない自分の末路も厳しいもの、気を楽にして立ち向かっていく術


 

| 1.思い通りにはなかなかいかず不甲斐なさを感じやすいもの

できる事とできない事を見極めるということ。己自身ができないことを高い目的にしていたケースでは、思い通りにはなかなかいかず不甲斐なさを感じやすいもの。

できる事とできない事を明確に考えておくことも、不甲斐ない己を脱却するのに必要な、気を楽にして立ち向かっていく術の一つ。

こうして、できる物事をことを明確に見極めておくことで、不甲斐ないと感じる機会も減らせることになります。

 

| 2.耳に入ることにより己自身に大きな影響を与えるという

ポジティブな言葉を口に乗せるということ。口から出る言葉というのは、耳に入ることにより己自身に大きな影響を与えるというもの。

己が不甲斐ないなどとネガティブな言葉を口にしているケースでは、気持ちまでも沈み込むことになり、自暴自棄ということになりかねません。

普段から何とかなるなど、できるだけポジティブな言葉を口に出すことで、前向きな気持ちも湧き上がる、気を楽にして立ち向かっていく術の一つ。

 

| 3.できなかったケースでは、己は不甲斐ないと思いがちと

なぜミスしたのかを分析して次の糧とするということ。何かをミスしたりできなかったケースでは、己は不甲斐ないと思いがちというもの。

但し、不甲斐ないと感じるだけで何もしなければ、再度同じようなミスを繰り返してしまうことになりかねません。

不甲斐ない己をこれ以上味わないために、どうしてミスしたのかを分析することが、気を楽にして立ち向かっていく術の一つ。

反省点を再点検して改善するように努力すれば、同じような失敗で不甲斐なさを感じることもなくなります。

 

| 4.失敗した時は、もうやめたいと考えてしまうことも多い

一度距離を置いて、再度挑戦するということ。何かにチャレンジして失敗した時は、もうやめたいと考えてしまうことも多いもの。

こんな己が不甲斐ないときは、己自身をいつまでも責め続けるのでなく、一度距離を置き客観視してみるのも、気を楽にして立ち向かっていく術の一つ。

距離を置くことでポジティブに思えることもあり、気持ちも入れ替えられるので、再び新鮮な気持ちでチャレンジすることができます。

 

| 5.ケースでは、プライドが邪魔していないか振り返るという

プライドは捨てて、周囲の人たちに頼るということ。何かにチャレンジして躓いたケースでは、プライドが邪魔していないか振り返るというもの。

己が不甲斐ないと考える人は、できる人間と思われたいとかできない己を見せたくないなど、プライドが邪魔立てしている可能性も少なくありません。

思い切ってプライドを捨てて弱みを見せれば、周囲の人たちの手助けも期待できる、気を楽にして立ち向かっていく術の一つ。

 

 

 


ふがいない自分と生きるしかないということも、覚えておきたい理由


 

| 1.コンプレックスが湧き起こり、己は不甲斐ないと感じる

他人の方が優秀と思った時。周りの人と比較して己の方が劣っているケースでは、コンプレックスが湧き起こり、己は不甲斐ないと感じるもの。

家族に優秀な兄弟姉妹がいたり、有名な大企業に大学の友人が就職したりと、己自身よりも優れたところを見て嫉妬してしまうことになりかねません。

他人の己が持っていないような優秀な部分を見ることで、己自身が不完全に感じられて責めてしまうことになりかねません。

 

| 2.己自身の能力に絶望し、不甲斐なくなるのは珍しくない

期待に応えられなかった時。周囲の人達に大きな期待を寄せられていたケースでは、応えられなかったことで己自身の能力に絶望し、不甲斐なくなるのは珍しくないもの。

重要な試合で負けてしまったり、大事な商談で上手くいかなかったりと、期待が大きいほどに責任を感じてしまうことになりかねません。

期待してくれた人達に合わせる顔もなく、こんな己は不甲斐ないと、自己嫌悪に嵌まり込む可能性もあります。

 

| 3.能力のなさに対し、不甲斐なく思い込みやすくなるという

大失敗をした時。仕事などで大きな失敗を犯したケースでは、己の能力のなさに対し、不甲斐なく思い込みやすくなるというもの。

成功しようと努力したにも関わらず、成果が全然出てこないときは、その隔たりの大きさに絶望してしまうことになりかねません。

特に真面目なタイプであれば、こんなこともあると気楽には考えられないので、ますます己に対して悔しさが募ることにもなりかねません。

 

| 4.ケースでは、己が不甲斐ないと辛い気持ちにもなるもの

責任転嫁をした時。他者に責任を押し付けて逃げ出すなど、己自身の脆さに直面したケースでは、己が不甲斐ないと辛い気持ちにもなるもの。

仕事で失敗を犯した時など、様ざまな言い訳をして、他の人に責任転嫁をして逃げてしまうこともあります。

後で振り返った時に、何故あんなことを口走ったのかなど、逃げた弱さが嫌いになって、自己嫌悪へと突き進むことにもなりかねません。

 

 

 


自分の不甲斐なさに忸怩たる思いもある、注意しておきたい心理状態


 

| 1.余りの差に劣等感を感じて、不甲斐ないと失望するもの

理想と現実の隔たりに失望するという心理状態。完璧主義者や責任感が強い人のケースでは、思い描く理想像と現実の余りの差に劣等感を感じて、不甲斐ないと失望するもの。

仕事で営業する時、頭の中でこんな具合に進めようと思っていても、実際に思い通りにいかないことも少なくありません。

学生時代に必死で勉強したのに良い点が取れなかったなど、あるべき姿を思い描くほど、現実との隔たりに悔しさが募ることになりかねません。

 

| 2.どうして己はなどと、あれこれ嫉妬心が湧いてしまうと

優秀な人を目にして嫉妬しているという心理状態。他の優秀な人と比べて、どうして己はなどと、あれこれ嫉妬心が湧いてしまうというもの。

そんな相手と比較してはコンプレックスを感じて辛くなって、最終的に己が不甲斐ないと思ってしまうことになりかねません。

特に周囲を気にし過ぎて行動できなかった際は、必要以上に不甲斐なく感じることになりかねません。

 

| 3.できなかった際に己が不甲斐ないと悔しい気持ちになる

己の能力のなさに失望している心理状態。己自身の能力を過信しすぎた時は、できなかった際に己が不甲斐ないと悔しい気持ちになるもの。

これくらいは楽勝と期待している気持ちが大きいほど、できて当たり前のことができないと、失望感も膨れ上がることになりかねません。

こんなはずではと落胆してしまう気持ちも大きく、自信喪失してしまうことにもなりかねません。

 

 

 

まとめ

不甲斐なさに気分が滅入ることもある。ここでは、不甲斐ない自分の末路も厳しいもの、気を楽にして立ち向かっていく術を紹介しました。その折には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。