生きづらい人の末路も厳しいもの、乗り越えて楽に生きるための具体策



人生を過ごしていると、生きづらい人を感じることがあるもの。些細なことが気に掛かり落ち着かなかったり、小さなことを気に病むなど世の中に生きづらさを覚える時。

優しすぎる人は生きづらいとも言われますが、そう感じてしまうのは、心があまりに繊細で傷付きやすいからかも知れません。

人と違う生きづらい感じを覚えるのは、他の人に会った後には良くあり、疲れ果てて何もできなくなってしまうことにもなりかねません。

但し、これが毎日のように生きづらさを感じて落ち込んでしまうと、日常生活に支障をきたすことになり少し困ります。

なので、先々を考えると自らの考え方をを変えていく必要もあります。

ここでは、生きづらい人の末路も厳しいもの、乗り越えて楽に生きるための具体策を紹介しています。

 

 

 


生きづらい人の末路も厳しいもの、乗り越えて楽に生きるための具体策


 

| 1.自身の傾向や特性を理解することが重要なポイントという

自らを客観視するということ。生きづらい人の理由はそれぞれにあり、自分自身の傾向や特性を理解することが重要なポイントというもの。

先ずは自らを客観視することが大切で、周囲の人たちに尋ねてみたり、家族との関係を分析することで、長所だったり短所や特性に物事の捉え方の癖を把握します。

そうした上で長所を伸ばすことにより、自分は将来どうなりたいのか、そんな目標に集中していけば徐々に生きづらさも緩和される、乗り越えて楽に生きるための具体策の一つ。

 

| 2.合わせようとすれば、ストレスや疲労が溜まってしまう

パターン別に対応法を準備しておくということ。社会に順応するため普通であることを意識して、無理に合わせようとすれば、ストレスや疲労が溜まってしまうもの。

その場の空気を読み臨機応変に対応するのでなく、事前に基本的なパターン別のコミュニケーション方法を準備しておくようにします。

場面ごと悩む必要がなくなり、気を遣いすぎたりする心の負担を軽減できる、乗り越えて楽に生きるための具体策の一つ。

 

| 3.手帳に書き出すなど、リストアップしてみるというもの

要因をリストアップするということ。生きづらさや不安を感じる原因を、メモ帳アプリに入力したり手帳に書き出すなど、リストアップしてみるというもの。

何となく漫然としている曖昧模糊な不安でも、言語化をして目に見える形にすれば、解決策のヒントが見つかることもあります。

すぐに明確な解決案を見つけようと焦る必要はなく、どうすれば不安が解消できるのか、順序立てて考えるのも乗り越えて楽に生きるための具体策の一つ。

 

| 4.転職したりして、所属するコミュニティを変えるという

所属しているコミュニティを変えるということ。コミュニティ内での人間関係が生きづらさを感じる場合、思い切って転職したりして、所属するコミュニティを変えるというもの。

一日の大半を自らに合わない仕事だったりコミュニティのために費やせば、段々と精神を消耗してしまうことにもなりかねません。

辛い状況下で無理して我慢し続けるより、環境を変える方が早く生きづらさを解消できる、乗り越えて楽に生きるための具体策の一つ。

 

| 5.手を抜くことが許せず、できない自分を責めてしまうもの

自分を守るため辛い状況から逃げるということ。生きづらい人には生真面目で自らに厳しいところがあり、手を抜くことが許せず、できない自分を責めてしまうもの。

そういう風に追い詰めるのではなく、時として辛い状況から逃げたり距離を置くなど、選択肢を持つことが乗り越えて楽に生きるための具体策の一つ。

辛いと感じる生きづらい自分を認めて、身を守るために抜け出すことができた時は、ストレスを回避できと素直に自分自身を賞賛します。

 

 

 


生きづらい人には様々な箇所が見られるもの、知っておきたい特徴面


 

| 1.非常に強いところがあり、感情の揺れ動きが激しいという

感受性が非常に強いということ。生きづらい人に見られるのが、感受性が非常に強いところがあり、感情の揺れ動きが激しいというもの。

他の人は気にも留めないような些細な物事がストレスになり、気持ちが沈んでしまうことにもなりかねません。

音や光などの刺激に対しても敏感で、人が大勢集まる場所も苦手など、環境が変われば眠れなくなるような人もいます。

 

| 2.自分さえ我慢すればという思考パターンになるというもの

自己犠牲が当たり前ということ。生きづらい人に見受けられるのが、事なかれ主義的なところがあり、自分さえ我慢すればという思考パターンになるというもの。

自分自身が何かを主張することで、相手に面倒な思いをさせることが嫌で、余計な軋轢など引き起こすことなく過ごすことを好みます。

一方で自らの意見を抑えることで、ストレスも溜りやすく、なぜ自分ばかりがと嘆くことにもなりかねません。

 

| 3.無意識の間に自分自身と他人を比べてしまっているという

自らと周囲の人たちとを並べてを比較しがちということ。生きづらい人に多くいるのが、無意識の間に自分自身と他人を比べてしまっているというもの。

自分と他人を比べることが癖になっている場合、自分は何がしたいのかなど、本当の気持ちが分からなくなってしまうことにもなりかねません。

自らを見失ってしまえば自己肯定感が下がり、生きづらさの負のループに陥る怖れもあり注意が必要です。

 

|  4.正義感が強く、決められたルールの逸脱が許せないという

真面目で正義感が強すぎるということ。生きづらい人に見られるのが、真面目で正義感が強く、決められたルールの逸脱が許せないというもの。

自分だけではなく他者に対しても同様で、なぜルールを守らないとか規律を破るなどと、不平不満を抱きやすいということにもなりかねません。

結果として、犯罪のニュースでも倫理に反した行為に対して軽蔑することになり、怒りの感情からストレスを感じやすくなります。

 

 

 


優しい人は生きづらいと世間で言われるもの、注意したいその心理状況


 

| 1.厳しい面があるので信用できず、頼ることも苦手という

疑い深いという心理状況。生きづらい人は疑り深いところがあり、他人に対して厳しい面があるので信用できず、頼ることも苦手というもの。

他の人を信じられない分、相手の親切心だったり良心などの善意を、そう簡単には受け入れられません。

結果的に、助けて欲しくても、他の誰かに頼るくらいであれば、無理にでも自分で何とかするということにもなりかねません。

 

| 2.読み過ぎるところがあり、必要以上に疲れてしまうという

空気を読みすぎるという心理状況。生きづらい人に見られるのが、場の空気を読み過ぎるところがあり、必要以上に疲れてしまうというもの。

自分はどうしたいのかということではなく、相手にどう映るかという評価を気にして、無難にその場を過ごすため神経をすり減らすことにもなりかねません。

基本的には受け身なので、自身が何かを決断するより。誰かの指示に従う方が気楽だったりします。

 

| 3.自分と相手の境界線が薄く、影響を受けやすいというもの

感受性が高い人という心理状況。生きづらい人は感受性が高いところがあり、自分と相手の境界線が薄く、影響を受けやすいというもの。

相手の感情を読み取って、深く共感するのに長けていますが、過剰に同調してしまうので、自らの本音を見失うことにもなりかねません。

映画やTVなどの刺激も受けやすく、感情が激しく揺れ動くので、穏やかに過ごしたいと思っても情緒不安定になりやすいところがあります。

 

 

 

まとめ

気に病むなどの生きづらさを覚える時。ここでは、生きづらい人の末路も厳しいもの、乗り越えて楽に生きるための具体策を承知いたしました。その機会には、ぜひお役立てください。

こちらもご覧ください。